今月のテーマ 

2012/2/21

インフルエンザの何でだろうB  インフルエンザ

インフルエンザの流行の仕組みと対策、予防接種の意味について2回にわけて解説してきましたので、今回は予防のお話です。

インフルエンザに限らず、ウイルスや菌による感染症は私たちの身体にダメージを与えます。また、感染から発症に至ることで仕事や学業が停滞してしまうので、後からそのしわ寄せがある意味ダメージとなって身に降りかかってきます。

そこで・・・

出来るだけ感染しないように予防をする!

万一感染しても、肉体的なダメージを最小限に抑える!!

ということが必要になります。

感染しないためには・・・「感染ルートを断つ」

私たち大人は、拾い食いや自分の手をなめたりしないとは思われますが、ついうっかり知らない間に菌やウイルスの付着した手で眼をこすったりする事はあるでしょう。

また、呼吸をするために息を吸い込むのでその時の空気に混じって菌やウイルスが飛び込んでくる事も考えられます。

そこで、「手洗い・うがい」が大切になります。昔から言われている事なのに意外と実践できていない人が多いようですが、考えれば当たり前、基本中の基本なので「感染症を予防したい」と考えているならばまず一番に実践しましょう。

また、乾燥する季節にはしっかり保湿、湿度計で身の回りの気温と湿度をしっかりモニターしておいて必要ならば加湿器を上手く利用してウイルスが苦手な環境を用意するのです。

勿論ですが、一年を通してウイルスや菌は身の周りにウヨウヨ存在しています。その中にはインフルエンザよりも強くて怖いウイルスも存在していますので、「今だけ」「冬だけ」「今年だけ」ではなく年間を通じて予防に心がけたいですね。


次回は万一感染しても、肉体的なダメージを最小限に抑える!!
について書いてみます。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ