今月のテーマ 

2006/4/26

軟部組織痛の原因  手技療法総論

身体の構造的骨組みを構成する結合組織のうち、靱帯・腱・関節包・筋膜(筋の構造的骨組みを形成するものや、殆どの器官や筋を覆うもの)を軟部組織とよび、軟骨や骨、血液、リンパなどの特殊な結合組織と区別されています。


軟部組織の痛みは

@ 損傷によって遊離された化学物質
A 累積ストレスによって生じた機械刺激
B 心理的ストレスによって生じた筋緊張による低酸素状態や酸の増加

に分類され、これらは次にあげる基本的な原因により痛みとなります。


1. 骨膜、関節包、骨、血管周囲組織、靱帯、筋、筋膜などの関節の周囲を構成する組織が、軟部組織の異常な緊張・圧迫・ねじれ、関節の異常アライメントなどにより機械刺激をうけることにより痛みを生じる。

2. 炎症および虚血(低酸素状態)を起こす損傷により、骨膜、関節包、骨、血管周囲組織、靱帯、筋、筋膜などの関節周囲組織の疼痛線維の化学的刺激をおこし痛みとなる。

3. 感覚神経の刺激により神経終末から化学物質(神経ペプチド)が遊離されて、関節周囲組織の疼痛線維の化学的刺激をおこし痛みとなる。

4. 固有受容器(位置と運動の変化を伝える)や侵害受容器(刺激や疼痛を伝える)からの信号により維持された反射性緊張亢進により、組織内の停滞を起こし、低酸素(虚血)状態に陥り痛みを生じる。

5. 軟部組織の浮腫、結合組織の癒着、持続的筋収縮によって生じた神経絞扼などにより、神経内の軸索流の流れが低下した場合は異常感覚を引き起こし、血流が停滞した場合は神経への酸素供給が低下するために痛みを生じる。

6. 心理的・情緒的な原因により筋の過緊張が生じるために、疼痛の既往歴や社会的な状況になどの様々な要因により痛みが増悪する。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ