今月のテーマ 

2006/3/29

身体が硬くて腰痛に A  臨床レポート

2月8日

前回の施術の後、両肩〜背中が久しぶりに運動した後のような筋肉痛になったのですが、2日後には気にならなくなったとのことです。

腰痛は日により感じ方が違うのですが、全体的にはましになっているようです。

骨盤の左右の動きをまず観察してみると、前回よりは右への動きが出てきているのですが、骨盤を後ろに引かないと(へっぴり腰にしないと)左右に動かせないようです。

うつぶせに施術台に乗ってもらい、骨盤を後ろからベットに向かって軽く押さえると骨盤は左右に動かせなくなります。

股関節がベットから浮いてくるので、軽く太ももの前の筋肉を伸ばしてみますが、かなり痛がります。

股関節の前の筋肉がこんなに堅く短くなっていたことに本人は気づいていなかったようです。

今回は股関節の伸展方向(後ろにそらす動き)への関節のモビリぜーションと股関節前面の筋のストレッチを行い終わりにしました。



2月15日

施術後は腰痛をあまり感じなくなっていたのですが、2日まえより椅子に長く座っていると腰が痛み出し、立つと治まるようになってきたようです。

社会人になってから毎日座りっぱなしのデスクワークで運動を全くやってこなかったことにより、股関節の前の大腰筋、大腿四頭筋が極端にの短縮(この場合は収縮ではない)してしまったようです。

その状態から椅子に長く座ることでこれらの筋肉がさらに収縮することになり、腰椎が過剰に前彎するために腰痛が発症していたようである。

この日は前回同様の手技に加え股関節前面の柔軟体操(寝る前にオーバーストレッチを加えるように)を指導して終わりとする。



続く・・・!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ