今月のテーマ 

2010/6/30

日本の元気  ひとりごと

おはようございます。

昨日は日本VSパラグアイの試合がありました。

結果は皆さんもご存じのように延長戦まで戦って0−0で引き分け、PKで惜しくも負けてしまいました。

大会前の評判は散々だった日本代表、マスコミだけでなく多くの日本の人たちは「どうせ3敗して帰ってくるだろうな」と思っていたはずです。

戦う前から冷めた気持を持ちになり、弱音を吐き、簡単にあきらめてしまう。

最近の日本全体のムードを象徴しているようでした。


ところが、今回のワールドカップで日本代表が見せた「立ち向かう気持ち」「あきらめない気持ち」は予選リーグ突破という結果を伴い、私たち日本人の心を大きく動かしたと思います。


日本のサッカー史上初の快挙は、これからの日本サッカーに明るい未来を示してくれました。

でもそれだけでしょうか?

国民全体が冷めた目線であきらめていた中で、選手一人ひとりが目の前に立ちはだかる困難に対し、「やればできる」「立ち向かわなければ何も始まらない」という熱い気持ちを最後まで失わずに戦い続ければ結果が後からついてくるということを、私たちに教えてくれたような気がします。

たくさんの元気と勇気を私たちに与えてくれた日本代表の選手の皆さんには、「本当に良くやった」「ありがとう」という感謝の気持ちでいっぱいです。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ