今月のテーマ 

2010/6/10

筋肉痛A  スポーツに役立つ

こんばんは!

前回は@の『筋疲労による筋肉痛』について書いてみました。
今回はAの『筋損傷による筋肉痛』について書いてみますね。

筋肉には大きく分けて3つの能力が求められています。

1.筋肉が使われる場面に適した長さであること
これは、筋肉の柔軟性ともいえるのですが・・・

ここで、一つ大事な話があります。

筋肉は伸び縮みするものだと誤解している人が多いのですが、筋肉は本来伸びることが出来ません。

筋肉は収縮(縮む事)と弛緩(元の状態に緩む事)かしか出来ないのです。

筋肉が短くなるような使い方は普通に出来るのですが、長くなるような使い方をすると筋肉の繊維が切れてしまいます。 

だから、使われる場面に適した長さがあらかじめ必要になるのです。
想定外の長さが要求されるような使われ方をした場合は、当然ですが損傷します。

損傷すれば当然のように修復が行われるのですが、この時に次も同じような長さが要求される使われ方をしたときに再び損傷しないように、すこし長めの繊維に修復が行われます。つまり、使われ方に対して長さを適応させてくるのです。


2.筋肉が使われる場面に適した強さを持っていること

これは皆さんにも解りやすいと思いますが、筋肉は収縮することで力を発揮します。
物を持ち上げたり、投げ飛ばしたり、倒れてくる物を支えたりというような使い方にはそれぞれ適した筋力が必要になります。

筋力はその人の日常で行われている動きの中で必要な強さしかありません。使いもしない筋力は必要ないので、一時的に鍛えても使わなくなるとすぐに弱くなってしまいます。

筋肉が発揮する筋力で処理できないくらい大きな負荷(重さ)が強いられた場合、もちろん処理しきれずに(負荷に負けてしまい)筋肉の繊維が損傷してしまいます。

損傷すれば当然のように修復が行われるのですが、この時に次も同じような負荷がかかる使われ方をしたときに再び損傷しないように、すこし太めの繊維に修復が行われます。つまり、使われる時の負荷に対して強さを適応させてくるのです。

ダンベルやマシーンによる筋肉トレーニングによって筋肉が大きく発達するのはこの仕組みを利用しているのですね!


3.筋肉が使われる場面に適した持久力を持っていること

筋肉の持久力も同様に、その人の日常生活での使われ方に応じて過不足無い持久力が備わっています。

そのため、いつも以上に同じ動作を反復するような使われ方をした場合には筋肉の持久力が追いつかなくなってきます。

急にジョギングを始めたりすると足の筋肉の持久力が追いついていない事を自覚できますね!

また、いつもパソコンで原稿を書いている人が手書きで原稿を書いた場合に手の筋肉の持久力が追いついていない事を自覚できます。

この場合は厳密には筋繊維の損傷ではないのですが、持久力に関する仕組みが壊れて修復の段階で持久力が増すような仕組みに適応させてきます。


以上、皆さんも体験したことがあることばかりですが、この損傷が修復する課程で筋肉痛が自覚されるのです。

多くの場合は、筋肉の疲労による筋肉痛が治まってきた頃に修復が始まります。
修復とはいえ筋肉の傷口をテープやボンドで塞ぐわけではなく、生物の修復は組織の入れ替えにより行われます。

つまり、古い傷んだ細胞を壊して(アポトーシス)新たな細胞を作り出します。

解りやすくたとえると、家の建て替えのようなものです。

古い家を破壊して、瓦礫を運び出して整地し、新しい材料を運び入れて新築の家を建てるのです。

壊れた壁の修繕なんかと比べると時間もかかるし、多くのゴミや騒音、近隣の迷惑も相当なものですね!

この細胞の建て替えに2〜3日が必要になります。

筋損傷による筋肉痛は少し後に現れ、収まるのに2〜3日かかる理由がよく解りますよね!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ