今月のテーマ 

2009/10/16

ピラティス体験D  ピラティス

こんにちは、ヤマミーです。
さてピラティスも5回目を迎えました。

今回も動きの少ないものが多かったです。
マットでの運動では、左右対称の動きがどうしても出来ず、左太ももに違和感があります。

私は特に左脚を動かす時はコアが緩んでしまうらしいのです。
そこでリフォーマーを使って締めることになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

この動きは骨盤底筋をとても意識しやすくお腹周りも使いやすくなります。
骨盤底筋はおしっこを止めるように力を入れる時の筋肉です。
この筋肉がゆるんでくると尿漏れなどの問題も起こりやすくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

コアのトレーニングではこの筋肉をしっかり鍛えることも重要になります。
ちなみに先生はもっと背筋が伸び、格好良かったです…

今回も動きの少ないものも多かったのですが、コアの筋肉があっても『しっかり働いていない』『働くタイミングが合っていない』などで体は上手く動きません。

毎回セッションを受けることにより、上手く動けているのか、出来ていないのかがわかるようになってきました。

だから日常生活でもそれを意識するようになり、動きの中でのトリックモーション(代償運動)に少し気づけるようになってきました。

その時コアが抜けているとわかると抜けないように意識し、生活上でもコアトレをやるようになってきたんです。

これは大事な事なんですね。

トレーニングの1回の量をたくさんにしても、1週間に1回ではあんまり意味がありません。回数も必要なんです。

ストレッチポールを使ってのコアトレも家でやっているので、体は調子がいいのですが大きく変わったわけではありませんが、何となく動きやすい、姿勢が良くなった、腰が楽という感じはします。

今まで30年弱ほったらかしでしたから仕方が無いですね。

今までの付けがたまったと思い、これからも根気良く楽しく取り組んでいきます。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ