今月のテーマ 

2009/7/30

犬の患者さん?  ひとりごと

先週のリフォームの工事の合間をぬって、患者様の依頼で愛犬「テマリ」ちゃんの往診に行ってきました。

2週間ほど前に、患者様から
「テマリちゃんが前足を引きずっているので獣医さんに連れて行ったら、鎮痛剤しかくれなかったんやけど、一向に良くならない」
「先生は犬も治せるん?一回見に来てよ」と言われました。

その時は、「大変ですね、時間が合えば見に行っても良いですけれど治せるかどうかは判りませんよ。なんせ、犬の治療はやったこと無いんで」と答えていました。

そうしたら、次の週にその患者さんが来院したときに、
「先生、いつになったら見に来てくれるん?歩いている姿が痛そうやから早く来て欲しいのやけど!」と言い出すではないですか


「本気でおっしゃってたんですね!じゃあ、来週リフォームで診療がお休みなので、合間に見に行きます。でも期待しないでくださいね!」 

 …ということで往診に行ってみたら、本当に左前足を軽く引きずっています。仕方がないので、前足の付け根の筋肉を順番に触診してみました。

そうすると、左前足の付け根の後方(人間で言うところの大円筋、小円筋)付近が明らかに硬くしこりのようになっています。

「これは、人間で言うと五十肩ですね」と適当なことを言いながら、硬くなった筋肉をしっかり緩めていきました。

「テマリ」ちゃんは人間と同じように、しっかりと痛がり、ジタバタしていました。

筋肉はしっかりと緩んだので、飼い主の患者さんにマッサージのやり方を簡単に説明してとりあえず終わりにしました。

ちなみに、テマリちゃんはこんな子です。(超大型犬で60キロくらいあるそうです)


クリックすると元のサイズで表示します


そして昨日、患者さんの娘さんが来院されて

「テマリが全力疾走したみたいですよ!ぜんぜん痛そうにせずに…!」


なんか判らないけど、人間と同じように治療したら上手くいったみたいです。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ