今月のテーマ 

2009/7/6

リフォーム  ひとりごと

先週はバタバタでブログの更新が出来ませんでした。

というのも、2週間後に塚口の治療院のリフォームをする事になっているので、それに向けて打ち合わせや片付けなどいろいろ動いていました。

ご存じの方も多いと思いますが、塚口の治療院は治療室の壁に水槽が埋め込んであります。今回のリフォームはこの壁をぶち抜いて治療室を広げようという計画なのです。

現在の治療室は、3.5メートル×2.4メートルという小さな部屋に治療用のベットが1台と細々とした備品があるだけというシンプルな状態です。

今までは、手技療法中心に施術を行ってきたので、この広さ(狭さ)でも十分だったのですが、今年に入ってから「コアコンディショニング」の勉強を始め、その必要性が日ごとに強くなっているなかで、少しずつ患者様に伝えようと試みるのですが、いかんせん部屋が狭くて床に寝そべるスペースがありません。
口頭で伝えるのに限界を感じ、ついに部屋を広げるリフォームをする事になったのです。

今までは隣の部屋は水槽のバックヤードを兼ねた私の休憩室だったのですが、今回のリフォームで私の休憩室は無くなってしまいます。少し残念な気もしますが、やりたい治療や指導が出来ないまま、悶々と日々を過ごすよりはよっぽどマシです。

…ということで、リフォームの日に向けて少しずつ準備をしているのですが、部屋の物をリフォームの日までに全て外に出してしまわなければいけません。

これはかなりやっかいです。

大物の治療用ベットは、この機会に表面のレザーを張り替えることにして、器具やさんに預かってもらうことに決まりました。

次の大物は、部屋の間仕切りにしていた水槽です。中身は熱帯海水魚なので、当然海水ですので、大工さんには頼めません。水槽の中の生物は1ヶ月前から昨日までの間に少しずつ他の水槽に引っ越しました。

昨日は1日かけて水槽の中身である大量の岩、砂、そして海水を全て外に出し、水槽は塩が残らないように何回か水洗いしました。(水洗いをいい加減にすると、部屋中が磯の香りになってしまいます)

今日、出勤したら水槽はすっかり乾き、臭いも全くしません。
今回のリフォームの準備の中でも一番の大仕事であった水槽の始末も何とか終了です。

今日から、日々の仕事に影響しないであろう物から少しずつ自宅に備品を持って帰ります。

何かと大変な事が多いのですが、楽しみながら日々を過ごしています。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ