今月のテーマ 

2009/5/22

新種だから?  インフルエンザ

インフルエンザ戒厳令が出てから、数日が経ちました。

町にはマスクをしている人はまばらです。

さすがに電車の中は会社の意向でマスクをしないと出勤させてもらえない人がいるため、マスクの着用率は上がるようです。

今日、京都から来院された患者さんに
「やっぱり、電車の中ではマスクしないといけないの?」と質問されました。

先日も書いたと思いますが、ウイルスは飛沫感染します。つまり、せきやくしゃみ、会話などによって口から出るしぶきにウイルスが乗っかって空気中に飛び散り、それが口や鼻や目などの粘膜に付着して感染します。

本気で防御したいのなら、ゴーグルとマスク、それも隙間が開かないようにテーピングで補強ぐらいしないと万全ではありません。つまり、宇宙服みたいな防護服でも着ておかないと無理ということなのです。

ここ数日、テレビではマスクだけではあまり効果がないことをコメントする人も出てきています。

まあ、電車の中では他の人にしぶきをかけないように、もしくは周りの人を安心させてあげるためにマスク着用すると良いのではないかと… つまり「エチケットマスク」という事ですね。


さて、今回のブタインフルエンザの騒ぎをここまで大きくしているのは、何が原因なのでしょうか?

マスコミが熱心に使っている言葉は、「新種だから」とか「免疫がないから」という理由だったと思います。

確かに新種のウイルスに感染すると、まだ免疫(抗体)を持っていないからしっかり発病するでしょう。そして、発病してから治癒する過程で免疫(抗体)を獲得するのですよね。

つまり、ワクチンによる予防接種もわざわざウイルスに感染させて免疫(抗体)を獲得させているわけで、同じ事なのです。

だから「ブタインフルエンザは新種だから」という論点でコメントするのはおかしいわけで、季節性のインフルエンザも毎年新型です。だから、予防接種をしているのにインフルエンザにかかる人がいるのです。

予防接種のワクチンは前年度モデルを元に夏頃にまとめてつくった物なんですけど勿論その時にウイルスが今年はどのように変化するかは解っていません。

ウイルスは同じ年の間でもどんどんモデルチェンジを繰り返しているので、型が合わなくてワクチンの効果が出ない人がいても当然なのです。

解りますか?

結局、人間は新種のウイルスに一度は感染しないと免疫ができないという事なのです。


今回不幸にも? ブタインフルエンザに感染してしまった患者さんは真っ先にブタインフルエンザの免疫(抗体)を獲得した人ということになるのです。

今年の秋にはおそらくブタインフルエンザのワクチンが出来上がり、予防接種が奨励されることでしょう。ひょっとしたら、中高生は強制かもしれません。

頭のよい皆さんは、わざわざお金を払って、人工的につくられたブタインフルエンザの生ワクチンを無理矢理感染させることで、型遅れの免疫(抗体)を獲得しますか?
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ