2006/9/21

9月18日の装い  ▲盛装・晴れ着の装い

着物は、本加賀友禅の色留袖です。

本日しつけを取って、初めて袖を通しました♪

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

西陣織の帯地で誂えた、バックと鼻緒がお揃いの草履を履いて♪

比翼仕立てにしていないので、薄い卵色の伊達衿をしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

柄はお目出度い松竹梅に鳥が飛んでいます。

ちょっと地味な位が、これからずっと着れると思って準備した着物です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

八掛け部分にも表と同じ柄。

フェーン現象で暑い日だったので、本麻の長襦袢を着用(何度も洗っているので、縮んでいたみたい。。。)

クリックすると元のサイズで表示します

落款には「孝」と書かれ、棒田 孝作。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

西陣九百織 佐賀洛中洛外図の袋帯です。

薄い芯を入れて貰ったので、とても締めやすい帯です。

フラッシュの光が反射して、柄が見難いです・・・

帯結びは前夜に簡単二重太鼓に準備して結んでいます♪

九月の結婚式で袷を着るので、着物以外はすべて盛夏用を使用しました。

半襟は薄手の塩瀬。

●小物

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは白地の鹿の子絞りに、金糸でお目出度い柄の刺繍。

扇子は小ぶりの金と銀両面の冠婚用の物。

帯締めは綴れ織りの平打で両面違う色味で使える物。(細見華岳作 人間国宝)

腰飾りは紅葉の匂い袋で若草色が裏。

●バック

クリックすると元のサイズで表示します

バックは、鳳凰柄の西陣織でオーダーしてもらった物です。

バックとお揃いの鼻緒に、台は3段の高めの物。 

姪の結婚式に、しつけを取って初下ろしです。

クリックすると元のサイズで表示します




2007/2/14  11:01

投稿者:中ざくら

絹川さん♪

はじめまして♪
ようこそ、たどり着いてくださいましたね。
袋帯も、億劫に成らずに、逆に二重太鼓の方が、簡単かもしれませんので、是非試して見て下さい。

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2007/2/13  14:14

投稿者:絹川

はじめまして。
卒園・入学式の二重太鼓のやり方を探してココにたどり着きました。
こちらの着物姿、びしっと着こなしていらっしゃるのに簡単二重太鼓なんですね。
今日うちに帰って練習してみます。


2006/9/22  22:42

投稿者:中ざくら

キナコさん♪

お天気は直前にならないと分かりませんね。
雨の方が晴れるかもと?晴れるほうに期待します。
南の島〜〜〜〜〜優雅ですね♪
友人の娘さんがダイビングで石垣島に行くはずが、台風で欠航になって残念がっていました。
お天気は大丈夫ですね♪

2006/9/22  21:52

投稿者:キナコ

豪華ね!
お天気もまったく予想はずれに良いお天気でよかったですね。
また明日から私は南の島へ出かけまーす♪


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ