2005/1/29

1月29日の装い  ▲盛装・晴れ着の装い

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

明るい青地に、白い椿柄の付け下げ訪問着です。

白地に桜の総刺繍柄の半襟に、グレーの伊達襟。
襦袢は初下し金茶色地に糸巻き柄。

●帯は白地の琥珀で、薄い水色の絵皿の袋帯を初下し。
勿論「簡単二重太鼓」で結んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは薄い桃色の総鹿の子絞り。
帯締めは平織りの紺と金で、帯留めが七宝焼きの白い椿。

根付けはセラミックの酉。
扇子は文扇堂。
腰飾りは赤い椿の匂い袋。

○コートは黒のカシミアのロングコートで、襟にはブルーホックス付き。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

バックは箱型で銀糸で天の川のような柄。
着物に嵌った頃に、箱型のバックが欲しくて、正装でも使えてなお且つ、普段に使ってもおかしくない物と選んだ物。
正解で、出番が多いです。
グローブは黒でミンク付き。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

履物はない籐の雨下駄

ない藤さんの雨下駄を初下ろし





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ