2006/5/15

5月14日の装い  ▲今日の装い/袷

着物は、雨仕様のポリエステル着物の小紋。(姫や)
縮緬風の風合いで、ちょっと言われないと分からないかも?の風香の小紋。
薄い草色の地に白で椿柄。
一目見て気に入り此れからの雨には重宝しそう。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は浦野帯で、経糸に節が特徴の薄い卵色の無地紬帯。
何でも合いやすい万能帯です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは八掛けの色と同色の辛子色の無地縮緬。
帯締めは柿色で所々に同色の糸が巻いてある。
帯留めは銀色の紫陽花のブローチを、帯留めになでしこさんに加工してもらった物。(駅構内に売っているブローチを香苑さんに買って来てもらった物)
扇子は手描きの藤の柄。
根付けは瑪瑙の兎(香港で購入)
腰飾りはおかめ?お福さん?の縮緬細工。

クリックすると元のサイズで表示します

バックは先日のベトナムで購入した黒地に、黄色い薔薇の刺繍が両面にしてあり、取っ手は黒の螺鈿の物。
黒の羽織で地味に成るのでと選んだ。

クリックすると元のサイズで表示します

履物は焼き杉台右近に、白地の麻の葉柄の印伝で、通し前坪。

クリックすると元のサイズで表示します 

黒の絽の長羽織は、亡き父のもので、男物の袖に振りを自分で作って、着ています。
凄く薄くて、絽の感じがとても珍しい物でした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

背に付けているのは赤池さん作の、古布で作って頂いた薔薇に蝶の手の込んだ縮緬細工です。
羽織紐の姫やさんの緑色のスワロフスキービーズです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



2006/5/18  14:05

投稿者:中ざくら

八重ざくらさん♪

前々から色々組み合わせるのが、好きなんです。
洋装でも。
成るべくポイントになる色を持って来るとか、帯締めと帯揚げを揃えるとか、半襟を揃えるとか、今回は八掛けと揃えましたが、襦袢と揃えるとかも。

色数を押さえる役目もして良いと思います。
柄対柄は殆どしないと思います。
柄の着物に柄の羽織・総柄の帯って。
何処かにほっと息を抜く所が無いと、着ていて疲れますね。

小紋を着る事も少ないです。
無地の帯って思ったよりも出番が有って良かったです。

着物は着てこそ着物です。
是非着れるものは、着て見て下さい♪



http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2006/5/17  23:32

投稿者:八重ざくら

クリックしていくうちに 見入ってしまいました。中桜さんも 一目見て 気に入ったわけですネ
薄い草色の地に卵色の無地紬帯 帯揚げが辛子色(スパイスが効いているわけ)又八掛けが辛子色とは 全く憎いネ 履物 小物もステキ〜♪
背につけている古布の縮緬細工は 粋ですネ
加賀押し絵紋とか 本当 憧れてしまいます。
私も 古布の作品(洋服)に押し絵細工を背に附けてみようと思います〜♪ 
皆さん 中ざくらさんを見て振りかえるのでは!
娘の頃 持たせてもらった絽の羽織 リホームしないで 長羽織になるのか確かめて見ます。
どんな ドレスも着物に優るものはないよネ
こわすことばかり考えるのは 少しやめます。
  

http://gannbarimasunnsaiku


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ