2006/4/19

酒田旅行一日目(その一)♪  ■国内旅行記(山形県・酒田)

3月のおたすけさんとのベトナム旅行で、意気投合した4人とPさんを加えて、5人で酒田から参加したT子さんとKちゃんを訪ねて逢いに行く事になった♪

私とKコさんは一足早く飛行機で、庄内空港に到着♪

クリックすると元のサイズで表示します

早朝(8時15分着)の便にもかかわらず、TちゃんとAちゃんが迎えに来て下さっていた♪
ありがとうございます。
空港の前には大理石の一枚石のモニメントが高くそびえていた。

クリックすると元のサイズで表示します←私の身長と比べて見てもその大きさが分かります。

Tちゃんのお店に荷物を預けて、レンジローバーで案内をしてもらう筈が車の調子が何か可笑しい・・・・そろそろと走らせるが異様な音がする。
何やらタイヤがすれる音!
よくよく見てみると昨夜停めておいた時にぶつけられた様で、バンパーが割れてタイヤに当たる音だった。
直ぐに車やさんに電話して、お友達のT子先生に電話♪
お二人とも直ぐに参上。
何と言う素晴らしく人を集める事の出来る人なのだろうと、感心する。

T子先生は代わりの車で来て下さって、今日は4人で直ぐ近くの日和山公園「酒田桜祭り」に行く事になった。
園内には日本最古の木造灯台がある。(曇り空では写せなかった)
薄曇で肌寒い〜

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

桜祭りの提灯は下がっているし、お店の用意も出来ているのに、桜の蕾はまだまだ固くて、満開を期待していたのにちょっとガッカリだった。

昔酒田は北前船で栄えた所。
公園の池の中には2分の1で再現された北前船の千石船が浮かんでいました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

神社も幾つか有り、立派な鳥居の神社に、家族の健康をお祈りしました。
龍の見事な彫り物や猿の彫り物がありました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

桜祭りのそばには、梅祭りの提灯も♪

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まさか「梅」と「桜」と「椿」の競演が見れるなんて思いもしませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この公園は砂地に土を盛って作られた公園だそうですが、凄く広くて、小高い丘もあり、随分歩いたので、一休みです。
向こうに見えるのは梅と桜です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

公園で長年お店を開いていて、評判の所で、お団子と熱々のこんにゃく玉とおでんを頂きました。
熱くてふうふう言いながら、食べたのに湯気が写らなかった・・・・
おでんの巾着の中は御餅ではなくて、糸こんにゃくとひき肉で、初めて食べたけれど美味しかった〜

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
車で「山居車庫・夢の倶楽」に移動。
1号間の「華の館」の辻村寿三郎さんの人形を展示する「さかたの雛遊び」は内裏雛が遊女二人でした。
色んなお人形の展示を見て、特徴のある兎の根付を購入。

クリックすると元のサイズで表示します

山居車庫の中の二棟を改造して作られた「幸の館」の見事なつるし雛に思わず奇声を上げてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

全部で幾つ有ったのだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

10個は有ったと思う。
どれも大きくて見上げる物ばかりでした。
ドレくらいの人(婦人会?)でドレくらいかかって作られたのかしら?
私には作る根性がないわね〜
出入り口の所に飾って有ったつるし雛と一緒に♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

外には新井田川にかかる歩行者専用の「さんきょばし」

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

明治26年に建設された米の保管車庫で12棟が、けやき並木と共に立ち並んでいます。
今でも米の車庫として使われているそうです。
「おしん」で有名になった観光スポットでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物好きのボランテァの方に、説明をお願いしました♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そのあと、「旧鐙屋」(あぶみや)を見学。
酒田を代表する廻船問屋で江戸時代に繁栄。
井原西鶴の「日本永代蔵」にその賑わい振りを紹介されている。

クリックすると元のサイズで表示します 

その後に、「本間美術館」の売店で、お買い物♪
本麻の暖簾を購入。
夏の半巾にもなるかしらと。
良い文章の絵馬?が色々と♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

その後、酒田共同火力発電所の傍を通る。
始めて見た風力発電の大きな風車。
真下で寝転がって写しました。
(風車なので回っている所を)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

海の中に建っているんですね。
ずらーっと何基も並んでビュンビュンと廻っていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

ずんずん北上して、「十六羅漢」に向かいました。
丁度お腹も空いた事なので、夕日辛味ラーメン(飛魚の高級だし)白髪葱にチャーシューに青海苔入り。
さっぱりしてラーメン嫌いの私でも全部食べる事が出来ました♪

クリックすると元のサイズで表示します

食事した小高い所から十六羅漢が見えるんです。
ごつごつした岩から岩に。
「十六の羅漢」が彫って有りました。
後は日本海の荒波がざぶ〜んと。 
お天気が良かったら飛島近くに見えるのに残念でした。

クリックすると元のサイズで表示します 




2006/4/23  23:50

投稿者:中ざくら

けこちゃん♪

ただいま♪楽しかったわよ。
前に富山県の北前船で財を成した、豪商の家を見学してきましたが、酒田の豪商の方が規模が大きかったです。
西の堺・東の酒田といわれているのが伺えました。

つるし雛綺麗だったわよ〜
けこちゃんだったら作れるかもよ。

2006/4/23  10:52

投稿者:けこちゃん

お帰りなさい。お疲れ様。
北前船は石川や富山にも所縁が深く、橋立に「北前船資料館」がありますよ〜。

椿、つるし雛、綺麗〜♪


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ