◆中ざくらの着物部屋へようこそ◆

個人的な覚書で、いつ何をしていたのか、どんな装いをしていたのかが、分かるように、着物日記も兼ねて書いています。
「着物一枚に帯○本」をシリーズにして、今まで着た装いをまとめています。

旅行記録もグルメも載せています♪
2011年6月にSが2013年9月にTが誕生したので、成長記録も載せています♪

私はこのブログと、着物真楽の二か所だけにしか、投稿しておりません。

他は一切別の方です。

 

今日のお天気予報♪


-天気予報コム- -FC2-

有難うございます

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

日記の種類

日記を書いた日

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去に書いた日記

愛犬のチャーリーです。

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:中ざくら
アビーさん♪

有難うございます。
母から貰った着物は、ウールに紬だけなのです。
染めの着物は殆んど貰っては居ないのです・・・
先日会った時に、「もう着物着ないでしょう?」と言っても、「上げる」とは言ってくれませんでした。
70歳を過ぎてから作る着物だったら、「娘サイズで仕立ててくれれば良いのに」と言ったら、「だって自分の着物だから」、と言われました・・・
どこも同じですよね?

今日は半襟を多めに出してみました。
半襟は広衿にして付けてあります。
普段よりも衿合わせを、深く(バストを包み込むようにして、)衣紋も抜きます。
コーリンベルトで止めた方が、キチット出来ると思います。
着物にはコーリンベルトは使いません。
着物の衿は半襟を好みの巾が出るようにして、伊達締めで締めました。
遣ってみてくださいね。

>平うちの帯締めの締め方をマスターすることを宿題にして別れました。
私は平打ちの帯締めが、きちっと締めていない人が多いので気にかかります。(締められない)
一番の基礎ですから、アビー先生は素晴らしいですよ♪



http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/
投稿者:アビー
中ざくらさん  おはようございます。
お母さま、元気になられて良かったですね♪

メールにも書きましたが、友人のお母さんたちは着物に執心して(自分ではもう着ないのに)なかなか譲ってくださらないのに、
中ざくらさんのお母さんは、気前良く譲ってくださいますね。
もはや、着ないのだったら、次世代に潔く譲ってあげればいいのに・・・それが娘なら尚更だと思いますけど。
「女は灰になるまで女」と言いますから、自分のお気に入りは、手放したくないのでしょうか?

半衿をもっと出して着たいのですが、どうしても狭くしか出てくれません。いろいろ工夫してみるのですが、なぜか少ししか出ないのです。何かコツがあったら教えてください。昨日、友人に教えながらも、私は『半衿出し』に悪戦苦闘!教えるどころではなかったです。(-_-;)
友人はまだ2回目なので、すべての課程で汗びっしょりの状態でしたよ。(笑)
伊達締めの段階まで練習すること、平うちの帯締めの締め方をマスターすることを宿題にして別れました。
へっぽこ先生に習う彼女が気の毒です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ