2018/12/9

ティエンムー寺(12/9)  ◆海外旅行記(ベトナム・カンボジャ)

クリックすると元のサイズで表示します

ランチの後は、八角七層の塔が有名なティエンムー寺を訪問しました。

1601年に創建、高さ21.24mで搭の名は、トゥニャン搭といい「幸福と天の恵み」を意味するそうです。

トゥニャン搭はフエのシンボル的存在。

クリックすると元のサイズで表示します

別名「天女の寺」と呼ばれる寺院。

慈仁搭の各層には仏像が納められています。

クリックすると元のサイズで表示します

寺の中心には三尊仏を祀る本堂が有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

ベトナム戦争中、住職が政府に抗議して投身自殺した事でも有名。

その時にサイゴンまで乗った車が、中庭に展示してありました。

クリックすると元のサイズで表示します

珍しい花が咲いて居ました。

何と言う名前か分かりませんが・・・

左の実が割れて、中から咲くみたいです?

クリックすると元のサイズで表示します

近付くとこんな風な花です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ずっと雨は降って居ます・・・

クリックすると元のサイズで表示します

次は王宮に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ