2005/11/18

●11月18日の装い♪  ▲今日の装い/袷

着物は重要無形文化財の結城紬です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

墨色に所々に丸い柄の絣柄。
八掛けを黒とグレーの格子柄に小さい桜柄の長襦袢地にして、おたすけくらぶさんに仕立てて頂きました。

●帯は浦野理一さんの経筋紬で、、薄い卵色の無地名古屋帯です。
(経糸に大きなネップが特徴)

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

煉瓦色の総絞りの2分式襦袢に白地に黒のこけし柄の半襟。

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは煉瓦色と渋い緑の両方使える丹後縮緬。(きもの日和の景品)
帯締めは白黒の横縞の5分組紐。
帯留は銅製の紅葉に団栗(かづら清)

腰飾りは紅葉の縮緬細工匂い袋。(まねきや)
扇子は三井美術館。
根付は銀製のロケット。

バックは3年9ヵ月待った、エルメスの黒のパーキン♪

クリックすると元のサイズで表示します

履物は黒のエナメル台に白黒金の組紐鼻緒。

クリックすると元のサイズで表示します

羽織は白地に黒の線描きの菊柄で、花芯が金色の長羽織を、袖口の方に襟裏から別布と持って来て、裄を長くして仕立てた物。
羽織紐はベージュの丸組紐。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ