2013/1/27

ポリの薄紫小紋着物1枚に帯6本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

薄紫色地に切りばめの江戸小紋柄。
八掛けは渋い小豆色。
着物問屋で既製品として購入したので、身丈が長い〜。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
4クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

★1は03年3月18日に、Kさんからのお誘いで、初めての邦楽演奏会を聞きに国立劇場に行きました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

出演された方々はいずれもお年を召した方ばかりで、凄いなぁと思いました。
浄瑠璃、長唄、小唄、お琴、三味線、・・・違いがよく分からなかった。
とほほほほ^_^;
義父は若い時から亡くなり前までずーっと長唄を、習っていたのに。
会場で0さん、Tさん、Hさんとお目にかかる。

雨がチラほらしてきたので、タクシーで帝国ホテルへ。
最上階でお茶にする。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します 

帯は生成り色地に、紫と白の牡丹柄の塩瀬名古屋帯です。

万能帯で、とても重宝しています。

★2は04年1月18日初めての初釜!体験♪ (9ヵ月振りの着用)

朝起きたら、空は真っ青の良い天気!
地面は濡れているけれど・・・時間には乾くと思う。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

昨日とは打って変わった良いお天気。
小和田雅子邸の斜向いお宅。

家の前では記念撮影の訪問着姿の3人連れ。
ココでもう、しまった!ドレスコードを間違えた・・・?
檜のがらり戸を開けて中に入ると、赤い大きな傘に椅子が2脚。

クリックすると元のサイズで表示します

お出迎えをの方も色無地に袋帯。
羽織をぬいて、中二階の6畳程の洋間で、桜湯を頂く。
そこには、十二支に寿と書いた掛け軸に椿の花が生けられていた。

先客が呼ばれて下に下りて行く。
次の客は洋服姿の、母と婿さん。
娘さんがお手前をなさるそう。

3人で呼ばれて、下の日本間に(10畳で床の間付き)紺色の毛氈が引いてあった。
私が正客?の席に付いた。
しず〜しずと、一人分のお料理が、輪島塗りの金で蒔絵がしてある、時代物の盆に、白木の半月の台に、猿蟹合戦に見たてた、お料理が運ばれて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

日本間には私と、お手前をする方のお母様と、婿さんの3人だけ。
誰も作法が分からない。

左下の朱塗りの皿をお取り皿だと思って、お料理を頂いていたら、何と!、
鉄瓶?にお酒も持って見えられた・・・・
朱塗りの皿は杯だったのです。(ガーン!)
慌てて拭いて、お酒を注いで頂く。
杯の形をしていたら、幾らなんでも間違わなかったと思うのですが、
何しろ、皿だったので。。。。
甘くて飲みやすいお酒(梅酒?)でした。

輪島塗りのこれまた、大きな椀で、綺麗な蒔絵に金粉の散らしてある椀に、お雑煮が運ばれてきた。
草餅にすり身の蒸し物も入って、とても上品なお味。

後から男性と洋服の若い人と、年配のいかにもお茶をしている感じの、3人連れの方が入っていらっしゃった。
(最初からべちゃくちゃと着物に紋が入っていないと、どうのこうのと、うるさい)
みなさん、朱塗りの皿が杯だと誰も知らなかった。

その後に花びら餅を頂いて、広縁から、お庭に草鞋を履いて、池を渡って、お茶室に。
茶室は4.5畳で、炉の釜から湯気がなびいている。
お手前をされる、娘と同い年の同席の娘さん(新婚さん)である。

お菓子は月に猿と見たてた、白いお月さんのような物と、猿の字の飴細工でした。

最初のお手前は、お濃茶。(一保堂)
何十年振りに頂いた。
どろっとして、3口でほんの少ししか頂けなかった。

そのあとお薄を頂いて、いろいろお道具の事、お茶席の事を話してくださった。
初めての初釜体験。
準備をするのが大変だったでしょうと思うし、お道具の素晴らしさ。
お薄のお茶碗は古いベトナム製の浅い茶碗とデンマーク製の丸っこい浅い茶碗でした。
両方ともお家元のお書き付けがあるそうな。

心引き締まる、半日でした。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します 

帯はクロスステッチ生地のような生成り色の地に、銀糸で花が織り込んである、お太鼓柄の名古屋帯です。

●羽織 

クリックすると元のサイズで表示します 

羽織は黒地の緞子地に、蝋叩きに竹に雪が積っているような刺繍がして有ります。

仕立て直す前なので、裄も丈も短い〜〜です。

★3は05年10月22日、20年来の友人Sさんと西新宿の会員制のレストランでステーキを頂いた。(1年9ヵ月振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

帯は薄いピンクがかった紫色地に、白と紫の花で大きな葉の塩瀬名古屋帯です。 

★4は、06年11月12日にKさんと一緒に銀座の一穂堂サロンで「浦野理一・範雄・きもの&帯展」を見に行ったときに着用しました。(1年1ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 
 
●帯

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します
 
帯は黒地に、紅葉柄の絞りの名古屋帯です。

今までは白地の帯や、帯に紫色が入っている帯を締めていましたが、今回黒地の帯にして見たたら、合うではないですか♪

色んな帯に挑戦してみなくちゃね。

★5は07年5月25日にEさんに誘われて八芳園でのマナー講座に行ってきました。(6ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します 

帯は白地に牡丹が描かれている、塩瀬の名古屋帯です。

★6は、13年1月24日に何時もの仲間との新年会を、銀座で行いました。(何と!5年8ヵ月振りの着用でした。)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

またまた頭でっかちに写ってしまいました・・・・

下の方から、写したので首が詰まって見えるし、難しいわね。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

天気予報では、午後から雪?と言っていたので、新年会なのにポリに袖を通してしまいました・・・

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

お気に入りの、白地に唐織で、柿色と紫色のお花柄の袋帯。

Kさんから、バザーで譲っていただいたもの。

●コート

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

去年からこのコートばかり着ていますが、振りから風が入らないので暖かいです。

黒のカシミヤのロングコートで、襟には黒く染めたブルーフォックスが取り外し出来ます。




2013/2/20  22:17

投稿者:中ざくら

はなももさん♪

私は、着物を着るようになって、最初に出掛けたのは、確か「浅草」だと思います。
それからは何度訪れた事でしょう♪
履物屋さんにも良く出かけましたね。
「銀座」の方が、今は多いかもしれません。

銀座は着物率高いです。

逆に洋服で出掛けていた、渋谷や新宿には余り行かなくなりました・・・

是非、着物でお出掛けして見てください。
うきうきしてきますよ。

今年は寒暖の差が激しい様に思います。
余り風邪を引かない方なのに、今年は咳がでて、直りが遅いです・・・・
お風邪は大丈夫ですか?


2013/2/20  7:58

投稿者:はなもも

また時々お邪魔させていただきます(^^)3年前まで、東京の豊洲に住んでいました。銀座が懐かしいです…。あの頃に着物に目覚めていたら、浅草なども着物でお散歩したかったな。と思っています。まだまだ冷え込みますので、お風邪などお気をつけて。では失礼します。

2013/2/18  23:39

投稿者:中ざくら

はなももさん♪

はじめまして♪コメント有り難うございます。

お祖母さんから譲られたお着物を、着られる様になって、本当によかったです。
すこし帯結びがお役に立てて、嬉しいです。

まだ我が娘のように、お若いのですね♪
お子さんの行事に、是非お着物をお召しになって見てください。

2013/2/18  15:54

投稿者:はなもも

はじめまして。帯の締め方で検索をかけましたら、こちらにたどり着きました。祖母から着物を頂いたものの自分で着れず悪戦苦闘していたのですが、本当に助かりました。素敵な着物生活を送られているのですね(^^)お孫様の様子も拝見しました。当方にも同じくらいの子供がいます。着物をさっと着れるかっこよい母になりたいものです。本当に有用な記事をありがとうございました。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ