2017/5/15

お城は遠くから見るに限る(5/15))  国内旅行記(中国・四国地方)

クリックすると元のサイズで表示します

天守閣から下りて来る時には、急な階段を手摺を伝って、6階から下りて来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

5階では半周回って、階段を下ります。

クリックすると元のサイズで表示します

四階でも半周回って下りますが、突き当りのところで、地べたに座って居る人達が沢山居ました・・・

お隣の国の人達でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ようやく、広場まで下りて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

今度は、5.6人が一斉に飛び上って、全員が空中で背に姫路城の写真を写そうとして、何度も何度も失敗して、無理な写真が撮れたのかしら?

クリックすると元のサイズで表示します

「お菊の井戸」が有りました。

怪談話ですが、番長皿屋敷しか知らなかったので、日本には色々の所に有るんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

明治時代の鯱は、鱗がはっきりと見えて、リアルです。

クリックすると元のサイズで表示します

昭和時代と平成時代の鯱はとても似ています。

クリックすると元のサイズで表示します

史跡姫路城の碑。

クリックすると元のサイズで表示します

お城からこんなに離れています。

クリックすると元のサイズで表示します

自由時間2時間の間で、昼食を食べなければならないので、ゆっくりお店を選んでいる暇は無いです。

クリックすると元のサイズで表示します

座れるお店で、少ないメニューから、天重を注文。

ちくわの天婦羅を初めて食べました・・・・練り物苦手。

クリックすると元のサイズで表示します

抹茶とおはぎは、別に頼みました。

クリックすると元のサイズで表示します

左側が姫路城で、右側に食べ物屋さんや土産物屋さんが並んでいました。

凄い人でした。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ