◆中ざくらの着物部屋へようこそ◆

個人的な覚書で、いつ何をしていたのか、どんな装いをしていたのかが、分かるように、着物日記も兼ねて書いています。
「着物一枚に帯○本」をシリーズにして、今まで着た装いをまとめています。

旅行記録もグルメも載せています♪
2011年6月にSが2013年9月にTが誕生したので、成長記録も載せています♪

私はこのブログと、着物真楽の二か所だけにしか、投稿しておりません。

他は一切別の方です。

 

今日のお天気予報♪


-天気予報コム- -FC2-

有難うございます

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

日記の種類

日記を書いた日

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去に書いた日記

愛犬のチャーリーです。

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:中ざくら
ネコママさん♪

自分ではこちらの色の方が絶対に似合うと思っていても、あちらはプロだから、この色の方が似合うといわれて、妥協してしまうんですよね・・・

よく好きな色と、似合う色は違うと言われますが、私は両方同じだと思います。

自分で決めて失敗したら、諦めますが、他人が決めて失敗すると、悔しいですね。

好きなものが一番ですね♪

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/
投稿者:ネコママ
私よく感じるのですが、和服の世界に長く携わっている方は、専門家なだけに、かえって知識に縛られ、画一的になりがちですね。以前お世話になっていた悉皆やさんはとても親切なのですが、こちらの好みの色や形に、良かれと思ってでしょうが、意見をされるので、うるさくなり、別のところに替えました。
やはり好きなものでないと着ませんもの。
投稿者:中ざくら
キナコさん♪

私と同じですね。
今だったらそんな事言われても、自分の意思できちっとこの色でお願いしますと言うのにね。

オクミは臙脂色の八掛けが付いている時から裏返しになっていたのですよね。
私も袖が後ろと前が逆になって仕立てあがって来た事がありました。
ハンガーに掛けて遠くから見ないと気が付きませんよね。
直ぐに気が付いて無料で直してもらいましたが、頼む方も頼まれる方も嫌な気分になりますね。

>その着物を売って食うわけじゃなし。
自分にとって価値(着られる)があればいいのよね。

その通りです。
何枚切腹させたかしら?
他のもアップしてみますね。

あの使用前の画像を見て、直さないとと思いました。
直して良かったと思います。
まだ母の直してない着物が数枚有りますが、どうしょうか考え中です。


http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/
投稿者:中ざくら
ziziさん♪

失敗談は色々有りますね。
>絵羽羽織の柄が繋がらなくなっても平気で裄出しをする。

絵羽は普通寸法に合わせて、柄合わせが出来ているの
で、広げると柄が合わなくなるのは仕方が無い事ではな
いでしょうか?
青紫の羽織も「身幅を広げる為に、柄が合わなくなりま
すがどうしますか?」と聞かれて、身幅を重視したの
で、柄は途切れています。

>電話一本下されば双方とも満足ゆく仕立てになったの
にといつも悔やまれます。

疑問はちょっとの電話で解決するのに、そこを端折ると
取り返しが付かない(仕立て直し)事に成りますね。

>今日も台風の中ビニールもかけずに納品されてシットリして
るお着物を前に。

それは最悪ですね。
着物は濡れるとどうなるかぐらい分かりそうな物ですが。
1度キチットこちらの思っていることを言って、それで
も直らなかったら、変える事も考えた方が良いかもしれ
ませんね。


http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/
投稿者:キナコ
私も母の大島の着物で何度もお直しが...
初めは洗い張りをして自分サイズにする時、胴裏は取り替えるつもりでいたのですが、黒の八掛も取り替えることを進められました。気に入ってたのですが、よく分からないので言われるまま臙脂(紬には臙脂が合う!と)にしました。
でも出来上がったのを見ると前の黒い方のが粋で素敵だったなぁと思いながらも何回か着ていました。前のが好きだったと言うと「八掛だけ取り替えましょう」と言うのでやってもらったら有料だった。
元通り黒い八掛になったのは良いのですが着てみると何だか違う...写真を撮って分かりました。袵部分が裏返しになっているので柄の位置が互い違いになるのがそこだけ並んでいるのです。店の主人が「大島は裏も表もないから大丈夫」と言うから、前の写真を見せ「ここだけ柄が並ぶのは変!」とよーく見てもらいそれで直すことに...今度は無料でした。
一枚の着物にもいろいろありますよね、一枚の着物に歴史ありです。
中ざくらさんの仕立て前と仕立て後の画像を見るとお金をかけた甲斐があるってものね。
切り張りしたり接いだりしたら着物の価値がなくなるって言うけど、着てこその着物だものね。着物の価値と言ったって、その着物を売って食うわけじゃなし。自分にとって価値(着られる)があればいいのよね。
投稿者:zizi
はぁ〜 中ざくらさんでもお仕立ての失敗話があるのですねーー;
私も祖母の代から頼んでいる悉皆屋さんが一度で仕立て上がらないのです。。。
絵羽羽織の柄が繋がらなくなっても平気で裄出しをする。(呉服屋の女将さんに注意されましたor2)
衿先が折れてヘンでも取り敢えず納品してみる。(速攻 送り返して直して貰いました)
「この結城ダケは例外で裄を長くお願いします」といったのに、その後頼んだのまで全部長く仕立てる。。。(同時に裄出しを頼んだ羽織は全部通常の長さなんですヨ 。・゚・(ノД`)・゚・。 合わせて着るような柄になってるのに・・・)
電話一本下されば双方とも満足ゆく仕立てになったのにといつも悔やまれます。
今日も台風の中ビニールもかけずに納品されてシットリしてるお着物を前に。・゚・(ノД`)・゚・。 しています。
これで三回目です。悉皆屋さん変えた方がいいでしょうか。or2

http://green.ap.teacup.com/purple/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ