2015/9/5

黒部渓谷鉄道その2(9/5)  ■国内旅行記(富山・石川県)

クリックすると元のサイズで表示します

黒部川の上流から新柳河原発電所に送水しているコンクリート製の水路橋です。

途中で、電車がすれ違いました。

クリックすると元のサイズで表示します

白と赤の車両は、リラックス客車窓付きです。

車両券が530円です。

クリックすると元のサイズで表示します

オレンジの車両は普通客車オープン型です。

私達が乗って居る、トロッコらしい雰囲気を味わえます。

クリックすると元のサイズで表示します

関西電力株式会社が手掛けた黒部川水系の発電用ダムの中では最も新しい、出し平ダム。

クリックすると元のサイズで表示します

この四角い穴は一体何でしょう?

クリックすると元のサイズで表示します

線路を取り換えているのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

「冬季歩道」って何でしょう?

クリックすると元のサイズで表示します

やはり線路を取り換えて居ました。

クリックすると元のサイズで表示します

鐘釣駅に到着です。

約一時間の旅でした。

クリックすると元のサイズで表示します

此処で降りる人は、少ないんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

駅構内に、「黒部川開拓のあゆみ」沢山の写真が飾ってありました。

大変苦労した事が、良く分かりました。

富山県は積雪が有るから、先ほどの四角い穴の歩道が必要なのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

降りる人が少なかったからか?私達が歩いていると、案内の係の方から声を掛けて下さって、色々説明をして貰いました。

携帯の待ち受け画面には、有名な俳優ご夫妻を案内された時の、三人の写真を見せて貰いました。

万年雪は、対岸の百貫山に降った雪が、落ちて推積し夏でも解けずに残って居ました。

クリックすると元のサイズで表示します

関西電力の案内の方が、説明して下さって、万年雪と一緒に写して下さいました。

クリックすると元のサイズで表示します

鐘釣河原に降りようとしたら、数日前の雨で、禁止との事で、ロープが張って有りました。・・・・残念でした。

子供の時に、河原で写した写真が有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

鐘釣は、温泉が湧き出ていて、河原には露天風呂も有るそうです。

テントの中は、足湯に成って居ました。

クリックすると元のサイズで表示します

河原に降りる手前に、お店が有って、甘酒と牧場直売のアイスクリームを注文。

両方ともとても、美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

「冬期歩道」とは、 冬は積雪によりトロッコは使えないため、メンテナンスの為の歩道があります。

高さは大人の男性が中腰くらいしかない真っ暗なトンネルです。

巾は1m位です。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ