◆中ざくらの着物部屋へようこそ◆

個人的な覚書で、いつ何をしていたのか、どんな装いをしていたのかが、分かるように、着物日記も兼ねて書いています。
「着物一枚に帯○本」をシリーズにして、今まで着た装いをまとめています。

旅行記録もグルメも載せています♪
2011年6月にSが2013年9月にTが誕生したので、成長記録も載せています♪

私はこのブログと、着物真楽の二か所だけにしか、投稿しておりません。

他は一切別の方です。

 

今日のお天気予報♪


-天気予報コム- -FC2-

有難うございます

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

日記の種類

日記を書いた日

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去に書いた日記

愛犬のチャーリーです。

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:中ざくら
アビーさん♪

素敵な着物に仕立てあがると良いですね。
八掛けの色も大事ですから。

八掛けに寄って着物の着用年齢も随分違ってきますしね。

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/
投稿者:アビー
中ざくらさん

早速のご回答ありがとうございました。
やはり、紬なんですね。
たかが八掛、されど八掛。
バカになりませんね。
投稿者:中ざくら
アビーさん♪

有難うございます。
単の着物から袷に仕立て直すしするのですね。
紬の反物には八掛けも紬と言うのが、一般的ですね。

でも柔らか物の八掛けが付いている物もありますので、なるべくお金を掛けないで仕立てるのであれば、手元にあるものを私は使います。

>どんな生地が一番しっくりしますか?

新調するのであれば、紬でしょうか。


http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/
投稿者:アビー
中ざくらさん

お好きな色だけあって、よくお似合いですね♪

またまた質問ですが
牛首紬の小紋の単が着丈が長過ぎるので
いっそ、単にしようと思っています。
八掛は、手持ちの濱縮緬ではおかしいでしょうか?
八掛を新調するなら、どんな生地が一番しっくりしますか?
投稿者:中ざくら
八重ざくらさん♪

今日もお出かけしたのですが、一緒に出かけたAさんは私と同じ川越唐桟双子織を着て来られました。
明日アップ出来たら、見てください♪
素敵でしたよ。
御自分で縫われたからなお更素敵〜でした。

マッちやんにメールで知らせたら、見てくれたのですが、コメントの書き方が分からないそうです・・・
秀ちゃんにも見てもらうと言っていましたので、輪がもっと広がって楽しいですよね。

煎餅布団でなくて、ふっくらした座蒲団の様に、なりたいなぁ〜

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/
投稿者:八重ざくら
早速 「かんだや」のHPを見ました。
「かわごえとうざん」って読むのですネ
織物の名前や その他 専門用語等 知識がないので よ〜く解りません。
「かな」も入れて貰えると 助かります。

生地の画像UP 有難う! HP見ながら 楽しみにしてました。 木綿であって 絹みたいだなんて 
ステキですネ 私も チャンスがあったら 訪れたいと 思います。

Kさん おてんとうさまの ひかりを いっぱい
あたえてくれる あったかい 座ぶとんのような人(その心は 同級会の絆と着物フレンドリーの絆) 

http://gannbarimasunnsaiku
投稿者:中ざくら
あらよっ!さん♪

川越唐桟って私は良く聞いていたのです。
でも見たこと無いし、川越まで行かないと買えないので、躊躇していたのです。
ちょうど川越方面のオフ会があったので、「かんだや」に寄る事が出来たので、この時とばかりに、急いで決めたのです。
でも買って良かったと思いました。
会津木綿はざっくりとして厚みも有って、普段着って感じなんですよ。
川唐はお洒落な木綿って感じかしら。

部屋に入ったら床の間に掛けてあったので、直ぐに写しました♪
Kさん♪って言うのが良いですよね。

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/
投稿者:あらよっ!
川越唐桟双子織り??着物が全く無知の私には始めて耳にした言葉でした。「木綿でできているのよ。」と教えてもらい手に触れさせていただいてもまるで絹としか思えませんでした。私も中ざくらさんにとてもよく似合いの着物だと思う。ブログ表紙の赤い傘を持った写真の着物もネ
みつおさんの色紙もまるで貴方だけの為にかかれたみたいスゴイ!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ