2014/7/2

神威岬・積丹半島(6/24)  ■国内旅行記(北海道)

クリックすると元のサイズで表示します

これから、神威岬・積丹半島に向かいます。

車窓から見えたのは、神威岩です。

クリックすると元のサイズで表示します

その前に、昼食です。

昨日、添乗員さんから、昼食は別料金なので、メニューが回って来て、事前に選んだものが食堂のテーブルに出て来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

私達が選んだのは、イカ刺身定食です。

他には、海鮮丼・いくら丼などが有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

景色のよい所で、地の物を頂くのは、幸せですね。

イカ刺はとても美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

出発まで少し時間が有るので、売店で少しお買い物(海鮮お味噌汁の素)

クリックすると元のサイズで表示します

あまりにも美しい海なので、あちこちシャッターを押しました。

クリックすると元のサイズで表示します

海の透明度が素晴らしいです。

足元には海草がいっぱいでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ここも歩かなきゃなりません。

こちらは、山坂有るので、行きは良い良い帰りは怖いので、途中まで歩く事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

突端まで歩けるのですが、帰りは登坂・・・・・遠くから見るだけで満足です。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしてもこの海の美しさ〜〜

此処がこんなに晴れる事は珍しいそうです。

ガイドさんが、「私たちの前に来た時にはザーザー降りで、こんなに晴れるなんて奇跡のようです」と言って居ました。

クリックすると元のサイズで表示します

この門が、(昔は)女人禁制の門で、此処をくぐりUターンしてきました。

先まで歩いている人も沢山おられました。

クリックすると元のサイズで表示します

アイヌ伝説に彩られた奇岩や断崖が続く、景勝地として知られる積丹半島。

クリックすると元のサイズで表示します

神威岬の先端にある奇岩「神威岩」はここから全景が見えないけれど、車窓から見えたあの奇岩です♪

クリックすると元のサイズで表示します

日本海に面した「積丹ブルー」と言われ、こんなに美しく吸い込まれそうな深いブルーに見えるんですね♪

クリックすると元のサイズで表示します

強い風に吹かれながら、眺める風景。

クリックすると元のサイズで表示します

雄大な海を眺めながら、こんなに素晴らしい景色を見せてくれて、Kさんに感謝です。

クリックすると元のサイズで表示します

見て見て、このブルーを。

クリックすると元のサイズで表示します

どちらを向いても海・海・海

クリックすると元のサイズで表示します

自動シャッターで写す。

クリックすると元のサイズで表示します

何とか二人だけが写ったので、良しとします。

クリックすると元のサイズで表示します

集合時間に遅れないように、来た道を戻ります。

歩いた・歩いた。

クリックすると元のサイズで表示します

道端に少し咲いていた、エゾカンゾウ。

クリックすると元のサイズで表示します

強風の為か?随分と痛んでいて可哀想。

クリックすると元のサイズで表示します

戻って来た売店で、買って食べた「しゃこたん星の塩アイス」は薄いブルーで、ちょっと塩味が効いていて、さっぱりと美味しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

奇岩を眺めながら、これから小樽に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

歩き疲れたので、バスの中ではだと思います。

ツアーはこれが出来るので、楽くですね。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ