2014/6/10

乾燥機修理(6/2)  修理・手入れ

このGEの大型衣類乾燥機は、なんと40年弱の年代物なのです。

洗濯機一杯分以上の衣類等を、40・50分で乾かしてくれる優れものです♪

クリックすると元のサイズで表示します

長い年月故障知らずでは無いんです。

何度も何度も修理して、長い期間を使っています。

今回は、洗濯物を入れて、時間を設定して、スイッチを入れて、乾燥出来ていると思って、開けて見ると、撹拌されているのに、乾いていない・・・・

おかしいと思い、もう一度やって見たけれど、点火しないのです・・・・


仕方が無いので、外に干して、何時もお願いしているGE専門の修理屋さんに電話をすると、土日で、月曜日ではないと、修理できないと・・・・

日本から撤退しているので、部品が有るか分からないとも言われました。

クリックすると元のサイズで表示します

右下の中を見る事に出来るカバーを外して、点火部分の所を出して見て、調節して見るがやはり点火しないので、取り換える事に成りました・・・

クリックすると元のサイズで表示します

小さな箱に入っているのが部品↓

クリックすると元のサイズで表示します

中の綿ぼこりも綺麗に取り除いてもらい、これで直りました♪

クリックすると元のサイズで表示します

修理代を聞くのがドキドキ物です。

思ったより高かった・・・・

一応記録として残して置きます。

部品代 WE4×444 11600円
部品代 WE1×941  6700円

工賃        13000円
出張費       2000円
消費税       2664円

合計        35964円

モーター取り換えの時には44100円だったので、点火プラグなので、もう少しお安いのかと思った。

でもこれでまた、何時もの様に働いてくれるので、良しとしなくちゃ♪


「この40年物の衣類乾燥機を使っている方が居るのでしょうか?」
と聞いて見たら、「大勢いらっしゃいます」と♪

日本では部品は7年間保管で、部品が手に入らなくて、使えるのに使えなく成ると言う事が多々ありますが、GEは部品供給まだしている事に驚きます。

日本から撤退したにも関わらずです♪




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ