2006/5/29

籠バック色々  整理整頓

籠が好きなわけでも無いのですが、色々溜まって来たので、ここで整理の意味も含めたアップしておこうと思います。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

4クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

7クリックすると元のサイズで表示します8クリックすると元のサイズで表示します9クリックすると元のサイズで表示します

10クリックすると元のサイズで表示します11クリックすると元のサイズで表示します
12クリックすると元のサイズで表示します13クリックすると元のサイズで表示します  

1まず最初は山葡萄の籠です。

クリックすると元のサイズで表示します 内側クリックすると元のサイズで表示します

小田原で購入しました。
聞いたら、大阪で編んだと言われましたが、どうなんでしょうか?
決めては形が薄くて他の人が良く持っているのとは違った事。
途中から編み方が斜めの編み方になっています。内側が全部斜めの編み方に成っている物で、簡単に言うと二重編みに成っています。

だからと言って厚ぼったくなくて、お気に入りです。
取っ手も固定式ではなくて、折れ曲がる(輪っかに取っ手を付けてある)事でした。
籠にぶら下げているのは、山葡萄で編んだ「亀さん」です。
鎌倉の小町通りの中ほど(駅から行くと右側)の山葡萄を編んで売っているお店でやっと見つけました。

2は胡桃の籠です。

クリックすると元のサイズで表示します 

これは日本橋のデパートで購入しました。
職人さんから買いました。
山葡萄と、胡桃ととても迷いましたが、とても美しくキチット編んで有ったので、決めました。
上のほうが少しつぼまっています。
とても高かったので、下げている下駄の飾り物を、おまけに頂きました♪
中の藍染めは、手提げだったのを巾着に直して入れました。
紐は金茶と朱色の丸の細組紐を使いました。
結び目をこげ茶の鹿の子絞りで包みました。

3は虎竹で編んだ籠です。

クリックすると元のサイズで表示します

実家の近所でお茶の棗とか、お道具等を専門に扱って居るお店で、一目ぼれしたのですが、ちょっと考えて購入しました。
取っ手は1度、漆を塗ってもらいました。
内袋は付いていました。
下げているのは、何とかの?実です。

4はバンブーバックです。

クリックすると元のサイズで表示します

今では良く見かけるのですが、日本ではまだ珍しかった頃、バンコクの家具のお店で見つけて、着物にも良いんじゃないかしらと?少ない中から選んで購入しました。
バンコクでも余り見ることはなかったです。
たまにウインドーに高級なドレスの傍に、ディスプレーしてあるのを見ただけでした。
なのに今では日本中で見かけるようになってしまいました。
竹を細く細く裂いて、一つずつ手で編んで行くんですよね。

5は箱型のバンブーバックです。

クリックすると元のサイズで表示します

これもバンコクで購入しました。
大きさも兆度良くて、一目瞭然で中に入っている物が分かるので、とても使いやすいです。
蓋の裏には鏡が付いているので、膝の上に置いて、バックを開けて、化粧直しをするのにとても便利です。
取っ手も折れ曲がるので、収納にも便利です。

6は王宮の方が使うバンブーバックです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

タイのアユタヤで購入しました。
以前に美智子様が、正式にタイを訪問された時に、これと同型のバックをお持ちでした。
取っ手は外れて中に入れることが出来るので、収納に便利です。
台が付いているだけで、価値が随分違うそうです。
こちらも蓋の裏に鏡が付いています。
余りに小さいので、何にも入りませんので、パーティーバックだと思います。
コクーン歌舞伎の1度だけ使用しました。
見ているだけで手の込んでいるバックだと、見とれるくらいです。
取っ手にも模様が入っていて、蓋にも飾り金具が付いています。

7は太目のバンブーバックです。

クリックすると元のサイズで表示します

4の籠と同じお店で購入しました。
こちらも取っ手が折れる物です。
カチッとしたしっかりした作りのバックです。
中の袋は取り付けてありました。
紐のは木製の玉が付いています。

8もバンブーバックです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

娘が去年のタイフェステバルで買って来てくれた物です。
ちょっと小さめですが、取っ手と巾着はタイシルクの緑色です。
軽くて荷物の少ない時に使っています。
こちらもエルメスの赤いリンゴのキーホルダーを、ぶら下げています。

9はataバックです。

クリックすると元のサイズで表示します

先日ベトナムに行った時に、一目見ただけで、「可愛い〜♪」と思って即購入しました。
赤くて可愛いです。
珍しいと思いました。
こちらも取っ手が折り曲がります。
上に何か布を被せないと中が丸見えです。
まだ1度も使っていません。

10はアジアの籠です。

クリックすると元のサイズで表示します 

自由が丘のアジアのお店で見つけて購入しました。
こちらは取っ手がそのままですが、高さが短いので、さして気に成りません。
中には縮緬の白地に麻の葉柄の、風呂敷で作りました。
紫色の紐で、先には白赤のハギレで包みました。
日傘を挟んで、一緒に持ち運べて便利な大きさです。

11もバンブーバックです。

クリックすると元のサイズで表示します

近所の室内装飾のお店で購入しました。
固定式の取っ手ですが、両方に柄があって、面白いと思って購入しました。
中の巾着は紺地に刺し子風の物で作って縫いつけました。
紐はゴムにしてみました。
先にはガラスの玉を付けました。

12はナチュラルバンブーバックです。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらもタイの商品です。
ネットで購入しました。
とても軽くて、弾力があって、大きさも兆度良いです。
取っ手は折れます。
日傘を挟んでも便利です。
色が薄いので、何でも合うと思います。
こちらにもエルメスの黄色いレモンのキーホルダーを下げています。

13も箱型のバンブーバックです。

クリックすると元のサイズで表示します  

5と同じ種類のバックです。
ネットで買いましたので、小さすぎました。
両方に開くタイプのデザインです。
取っ手は折れるのですが、90度にしか折れないので、なお場所を取りますね。

いろんな籠を着る物に合わせて、あれこれ考えるて使うのが好きです。
籠に何かを下げるのも好きなのです。
若しも同じ籠を持っている方に遭遇しても、下げてある物で、自分だけの籠になるからです。
山葡萄とか胡桃を一年中使って、あめ色にするのも良いかと思うのですが、籠は単の時期に近づくと使い始めて、袷の時期になったら、ソロソロ仕舞おうかなァと思います。



2005/6/2  20:33

投稿者:中ざくら

晴はるさん♪

1と3は写真写りも良かったみたいですね。
私は5もとても好きです。(可愛そうに写真写り悪いです)
余り持っている人を見かけないので。

3は兆度良いと思いますが、友人に実家のお店に電話して取り寄せたのですが、あまり物が入らないと言われました。
個人の持ち物の量にも寄りますね。

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2005/6/2  10:07

投稿者:晴はる

うわ〜ぁ!籠特集UPありがとうございます
中ざくらさんの籠ってどれも素敵ですね
特にNo1とNo3がいいですね
虎竹の籠はしっかり編んであって何にも合うし素敵ですね
大きさとしては様々でしょうが、どの位のサイズが重宝するのでしょうか?

2005/5/31  17:55

投稿者:中ざくら

幾さん♪

3番は一番着物が似合うみたいです。
和風かな?

1番はちょっと珍しいと思います。
それが銀座の4丁目交差点よりも一本入った通りの、箸置きや専門店(青山に本店有り)で同じようなのを見つけたんですよ。
とても似ていました。
私が買ったよりも高かったので、ラッキーと思いました。
せっせと手で擦って、良い色に仕上げたいと思います。

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2005/5/31  17:44

投稿者:幾

籠屋さんみたいですね^^
3番に一票!!!次点は1番かな・・。

2005/5/31  15:44

投稿者:中ざくら

キナコさん♪

キナコさんのは「あしべ」ではないですか?
13000円ですから。

麻の物が有るのは知りませんでした。
麻でメッシュ部分は綿?麻?

2枚目は綿で充分ではないですか?
私は綿のを2枚使っています。

キナコさんのお嬢さんからのプレゼントのバック素敵だったわよ。
「要らなくなったら頂戴」とは言えないわね。

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2005/5/31  15:39

投稿者:中ざくら

あじさいさん♪

真楽の「胡桃の籠」を私がKWしていますので、そこの籠やさん(山葡萄も出ています)はお手ごろで、とても美しく編んでいます。
中国で編んでいるから出来る価格なんですね。
使っていて全然国産分かりませんね。
国産にこだわっていたら別ですが・・・

赤いのは珍しいですよね。
私には可愛いすぎるかもしれないのですが・・・・

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2005/5/31  15:32

投稿者:中ざくら

あおねさん♪

お探しの物は国産の物ですか?
国産をあまり気にしなければ、国産の材料で、編むのを外国人とか、材料も編む人も外国人とかいろいろ有りますね。
お手ごろのお値段で見付ける事が出来ると思います。

見分けは殆ど使っている分には、分からないと思います。

どうしても国産にこだわるのであれば、職人展での購入をお薦めします。
目の前で編んでいらっしゃるので、確かだと思います。

お気に入りの籠が見つかると良いですね♪

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2005/5/31  14:47

投稿者:キナコ

分かってはいたけど
こうやってズラーッと並べると凄いわね。
♪いらないのがあったらチョーダイ♪

教えてもらった汗取り襦袢見てきましたよ。
でも、どれも安く驚いてます。
私のは麻で10000円以上(多分14000円)もしたので...綿と麻ではこんなにも違うのですか?
また買うと10000円以上は覚悟と思ってから買えなかったの。

2005/5/31  13:41

投稿者:あじさい

高価そうなものばかり・・・
ピンクも珍しくてかわいいですね。
1番はいいなあ、取っ手が折れて 底が二重なんて
大きさも理想的・・・山葡萄だからブランドバック並みのお値段でしょうね・・ため息・・。

2005/5/31  12:52

投稿者:あおね

かごって良いですよねぇ、あけびや山ぶどうが欲し
いのですが高くて手が届きません。
夏に向けて一つぐらいは新しく欲しいなぁ、と思っ
ています。今の時季はかごを探すのには良いですよ
ね、色々と出てますから。

http://yaplog.jp/dynamics/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ