2013/5/21

龍村平蔵・時を織る(4/25)  ◎着物でお出掛け(袷)

いつものメンバーのMさんが、今日だけ都合が付かなくて、本日は二人で日本橋高島屋創業120年記念の企画展「龍村平蔵【時】を織る」を見学に。

クリックすると元のサイズで表示します

一階の正面入り口中で待ち合わせ。

正面には、世田谷美術館・横浜高島屋・日本橋高島屋・玉川高島屋で催される4展覧会めぐりの紹介をしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうどお昼なので、先にランチにする事にしました♪

会う前から、今日は話す事が沢山有るから♪と怒涛のごとく話は尽きません♪

クリックすると元のサイズで表示します

この間は、東北からと北陸から15分違いで到着。

羽田空港でのニアミス(第一ターミナルと第二ターミナルが繋がっていると言う事を初めて知った!)→いつも車で空港に行くので、随分離れているから。

クリックすると元のサイズで表示します

龍村の帯と言って、思い出すのは、私の結婚式に、父方の叔母が締めていた龍村錦帯、威毛錦(おどしげにしき)の袋帯です。

あまりお喋りをしていると、見る時間が少なくなるので、そろそろ会場に向いました。

会場の中は、圧倒されるほどの錦の織物が、天井から下げられていました。

丸帯を広げた幅の織物が。

なんとはじめて見たのですが、龍村の織物で、見事な着物が展示してありました。

最初は、展示する為の着物?と思ったら、モデルさんが着ている写真も一緒に展示してありました。

クリックすると元のサイズで表示します

美術館ではないので、そんなに歩く事は無いのですが、もう〜此れでもかという位、素晴らしい復刻された織物・丁寧に見ていたら、三時間くらいはあっと言う間に掛かってしまうほどです。

二人とも着物で見学していたからでしょか?二度ほど呉服売り場で、展示していますので、是非そちらも見て行ってくださいと、言われました。

クリックすると元のサイズで表示します

見るだけ見て行こうと、呉服売り場に行って見ました。

今天井から下がっていた織物が、袋帯として展示されていました。(勿論値札が付いていました

錦帯、威毛錦(おどしげにしき)の袋帯も手にとって見せて頂きました♪

クリックすると元のサイズで表示します

余りにも高価すぎて、見るだけ・見るだけと、同じフロアの甘味処で、甘い物で、疲れを癒しました♪

私は着物は、着る物なので、美術品の様な物は、着て行くところも無いし・・・・負け惜しみでなないです。

クリックすると元のサイズで表示します

駅のホームにもポスターが♪

右上の「ぎやまん錦」はカットガラスで、江戸末期の薩摩切子。

織物に見えないですね、凄い〜。

クリックすると元のサイズで表示します



2013/6/27  9:42

投稿者:中ざくら

キナコさん♪

溜息が出るほどの、織物で見応えがありましたね。
でも私も、着物は着てこそ着物だと思います。
着て貰えない程の、高価な織物は私には必要有りません。
もしももしも、有っても着て、締めて行く所がありません。
とても目の保養に成りました。

2013/6/18  23:21

投稿者:キナコ

見応え有りました!
見事な紋様!錦!
素晴らしいけど 着るか?と言われたら「…」
お値段聞いたら 私には関わりのないモノと引き下がります。
「衣服」としての常識的範囲の金額でなければ 着てもらえない=織物技術の継承も出来なくなりますよね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ