2013/1/18

最近の帯締め収納  整理整頓

100円ショップで買った、用紙を入れる蓋付きのキャリーケースの透明容器が、帯締めを四つ折にしたサイズにピッタリだったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

本数は少ないですが、色毎に入れられて、外から中の帯締めが見えるので、便利です。

たまたま、カラーボックスにピッタリでした。

クリックすると元のサイズで表示します

薄紫から緑まで、10本を入れて、蓋が閉まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

生成り色から、緑まで10本入っています。

クリックすると元のサイズで表示します

房には、帯〆房カバー・房州しつけで、房がバラバラに成らない様に使っています。

いつも呉服屋さんで買っていたので、定価?600円で購入・・・ネットだと470円と今知りました♪

クリックすると元のサイズで表示します

仕舞うのも、取り出すのも、軽くて簡単に出し入れ出来ます。

今の所、とても便利に使っています。

クリックすると元のサイズで表示します

桃色から赤まで、9本入れています。

太目の物が有るので、9本以上入れると蓋が閉まらないのです・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

自分で組んだ物を、色々入れています。

細めなので、12本入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも同じく自分で組んだ物も沢山入っています。

12本入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

床に着物と帯と、帯揚げをセットして、ケース毎持って来て、似合いそうな帯締めを出して、そのまま、帯の上でコーディネートします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリアーファイルを、帯締めを四つ折りにした時に適当に切って、くるっと巻いて緩めにセロテープで止めます。

そのままの状態で、出し入れをします。

専用のものは、お高いので、房用だけ使って居ます。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ