2010/12/19

虹の橋を渡って先に行ってしまった・・・(12/15)  大好きだった愛犬チャーリ♪

夫が、抱っこして居る時に、私がチャーリーに名前を呼びながら、語りかけていました。

まん丸の眼を開いて、名前を呼ぶと、瞬きをして、相槌を打ってくれていました。

その時に、息づかいが荒くなって、急に舌が、だらっと筋肉が伸びたように、出てきちゃいました・・・・・・

その時に、初めて若しかしたら、チャーリーの命は短いのではと思いました。

私と夫で交代で、抱っこして、チャーリーに呼びかけながら、語りかけていました。
みんな理解しているように、瞬きをして、じっと私を見ていました♪

クリックすると元のサイズで表示します 17:10

ベットに寝かせても、眼を閉じることは無く、ずっと眼を開けて、私たちを見つめていました。

その間、アイホーンのビデオで撮影をして、山梨に居る、次男に送信しながら、今の状況を知らせていました。

娘に知らせて良いものか、迷ったのですが、あえて知らせませんでした・・・・

その時に、チャーリーが吠えたのです♪
そして一mほど歩いて、戻って来たのです。


私は、とっさの事なので、戻るところだけ、映すことが出来ました。
「一緒に寝ようね♪」と言っている音声が、残っていました。

クリックすると元のサイズで表示します 18:32

夫に抱かれて居た時に、眼をつぶって、意識が薄れていきました・・・・

すぐに、ストローに水を貯めて、チャーリーの口に含ませました♪
朝かな、水も飲まないで、喉が渇いていたでしょに・・・・

クリックすると元のサイズで表示します 18:33

私が変わって、抱きかかえ、「チャーリー♪」と呼ぶと、薄れている意識から、再び眼を開けました♪

クリックすると元のサイズで表示します 18:33

また、薄れて行く意識の中で、「チャーリー♪」と叫ぶと、また、眼を開けました♪

クリックすると元のサイズで表示します 18:34

三度目には答えてくれず、安らかに天に召されてしまいました。(18:40永眠)

(ドラマで良く見る、カクンと成って、息を引き取ると言う事は無かったです。)

すぐに次男に知らせたら、山梨から、もう八王子まで来ていると、言われ驚きました。

ここにきて、娘に知らせなければならないと思い、連絡すると、ポカンとして、何故〜〜と。

クリックすると元のサイズで表示します 18:34

長男に知らせたら、すぐにお嫁さんと、孫が着ました。


チャーリーの病名は「血管肉腫」と言われました。

今思えば、何故、検索して、病気がどんなに悪性なのかを、知って置くべきでした。

先生にお聞きしてみたら、一年前の上顎に出来た、「メラノーマー」が悪さをしたかも、知れないと言われました。

13歳9ヵ月でしたが、毛並みは誉められるくらいに色艶が良くて、ふさふさしていました。

今朝、亡くなるなんて、思っても見ないで、目覚めたのに・・・・・
昨夜が最後の晩に成るなんて、思っても見なかったのに・・・・
昨夜の食事が最後の食事に成るなんて、思っても見なかったのに・・・・




2011/1/15  23:24

投稿者:中ざくら

かずさん♪

>18:40永眠というのを見て、とても驚きました。

凄い♪
こんな事もあるんですね。

亡くなった日は、夫もたまたま早く帰って来ていて、二人で、交互に抱かれて、見送ることが出来て、チャーリーも喜んでいると思いますが、私たち二人も満足できました♪
留守中だったら、どんなに苦しむかと・・・

2011/1/15  23:17

投稿者:中ざくら

imafukuladyさん♪

ご心配を掛けてごめんなさいね。
チャーリーは、11月7日に倒れてからも、普段どうり
(ちょっと、弱ったかしら?)で、こんなに早くに召されるとは、思っても居なかったのです・・・

本当に静かに息を引取りました。
最後ちょつと息遣いが大きかったくらいで。

今でも夜中にふと、居ると錯覚してしまいます。
ありがとうございます。

--------------------------------------------------------------------------------

2011/1/14  22:38

投稿者:かず

中ざくらさんに抱っこされて旅立って行けたのですね。
ご家族の皆さんに可愛がられて、きっと満足していたことでしょう。
18:40永眠というのを見て、とても驚きました。
先日コメントした実家の猫も、11/28の同じ時間に逝ったのです。こんな偶然もあるのですね。

2011/1/14  11:17

投稿者:中ざくら

botanikaruさん♪

なんだか、チャーリーがあちらで待っていてくれると思ったら、怖くなくなってきました。

チャーリーも幸せだったと思うけど、私たちはもっともっと幸せでした♪

最後の別れには、自然に「ありがとう♪」と何度も言っていました。

2011/1/14  0:59

投稿者:imafukulady

夕方にお邪魔した時にはチャーリー君が亡くなっただなんて記録されていなかったから、しんどそうだな〜って思いながら読んでました。でも今日付が変わってから再度お邪魔してみたら、亡くなったって書かれてたので、もうビックリです。
しんどくて元気なかったのに暴れないで静かに息を引き取って逝ってしまったんですね。写真ではしんどい表情が分かりにくくて、重病だなんて私にはとても信じがたい表情だったんで・・・・
泣けて泣けてたまりません。ご冥福をお祈りします。

2011/1/13  20:21

投稿者:botanikaru

チャーリー君虹の橋を渡ってしまったんですね
辛いでしょうけど
大好きな家族に見守られていてよかった

空の上で今まで大切にして貰った事を感謝して
いると思いますよ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ