2005/3/24

鳩ヶ谷〜銀座  ◎着物でお出掛け(袷)

お出かけなのに、晴れてくれない。
着物の予定なのに・・・・
アップルコート持参で行くか、洋服にするか?
やっぱり晴れ女だった♪

Sさんに誘われて、おたすけくらぶさんに行く。
昨晩に準備した、12月1日着用の羽織、1月4日着用の紅型小紋、父の茶色の塩沢に孫の着ていいた解いた反物と八掛け2枚も持って、大荷物で出掛ける。
(アップルコートに傘持参で)http://www.kanshin.jp/kimono/index.php3?mode=keyword&id=236538

Sさんはもう何回かおたすけさんに出しているが、工場は初めてなので、最初から説明をしてもらう♪
私は、前回写しそこなった画像をパチパチと。

2階で、早速お願いする物を出して、工場長、Uさん自ら寸法を測ったり、柄合わせしてくださり、時間を掛けて、訪問して良かった。
結果、小紋の方は、「浅草きものまつり」に染の専門家が来られるので、その時に相談する事、父の塩沢は身丈が足りないので、諦めた。
孫の解き布を羽裏にしょうとしたが、色落ちを考えて止めた。
結局羽織だけをお願いする事になった。

兆度前回のお直しが仕上がっていたので、一緒に持って帰るべき物も送って貰う事にして、身軽になった♪

お昼を頂いて、縫製部も見学して、銀座に行く。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「和のおしゃれ展」を見学する。
いろんなお店が出展していて、見ごたえがあった。
黒田商店さんも。
裏地専門店は、そのまま着物や羽織にもなりそうなくらいに、素敵なのが、揃っていた。

マキシムでお茶をして、色々話せて、楽しかった。



2005/3/27  14:20

投稿者:中ざくら

花織さんメール頂いたのにお返事出来なくてごめんなさいね。

お茶した時に、とっさにお勘定は別々に何て言ってしまって、家に帰ってから気が付いて申し訳無かったです。
同じ物を頂いたのに・・・・

>「着物も美術ですよね。私は美術に興味があるので美しいものを見るのが好きなのです。
(中ざくらさんに)とてもお美しいですね」
そのような事を言われていましたね。
良く覚えていてくださいました。
有難う♪

>装いのセンスに惹かれて
私は自分の感性でコーディネートしています。
洋装が長かったので、(殆どの人がそうですが)ただ洋服を着ていても、そのままだったら、同じ装いの人とぶつかるかも知れないけれど、色々アクセサリーを付ける事によって、自分だけの装いになるので、自分の個性で、実践していたので、着物を着る様に成ってからも、色々小物を揃えて(着物や帯より簡単です物ね)楽しんでいます。

季節感も着物や帯で揃えるのは大変でしょう?
小物だったら、いろいろ揃えて季節の物を、その時に何回使っても、見る人は同じ人ではないので、ここぞとばかりに使いましょう♪

色の取り合わせも同じ色の濃淡・反対色・差し色等畳の上で並べて見るのと、吊り下げて見るのとでは、感じが違うので、最終的には帯揚げとか帯び締めは決まらなかったら、2.3本準備して、その場でその時の顔色・髪型を見て、決定も良いのでは?

私のモットうは1に髪型、2に化粧、3に着付けです。

又お出かけしましょね。

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2005/3/27  10:56

投稿者:花織

先日はご一緒頂きありがとうございました。
久々に鬱を忘れて楽しい一時を過ごせました。

松屋さんのエレベータの前で話かけて下さった方が
「着物も美術ですよね。私は美術に興味があるので美しいものを見るのが好きなのです。
(中ざくらさんに)とてもお美しいですね」と
隣で聞いてる私も心が温かくなるような笑顔でその方は話しかけられていましたよね。
(その方の洋装もとても雰囲気があって可愛らしかったですね)
”着物は美術”という言葉が印象深く、そしてごく自然に賞賛して頂ける中ざくらさんの魅力が、自分のことのようにうれしくてたまりませんでした。
私も中ざくらさんの装いのセンスに惹かれてファンになった一人ですから♪
中ざくらさんの装いを毎日拝見しながら”いつかはこんな風に着こなしたい””この色にはこんな取り合わせが合うんだぁ”などと私のように教本のようにしている方、きっと多いと思います。
プログのカウントにそれが現れていますよねぇ(^^)

2005/3/26  23:38

投稿者:中ざくら

bishamonさん今晩は♪
先日の松屋さんのエレベーターの前で立っていたら、知らない方が、私を見て微笑んでいらしたのです。
着物を着ているのを誉められました。
自分は着ないけれど、見ているだけでも楽しくなってきますと言われました。
自分で着ると、もっと楽しくなるんですけれどね。

是非着られる事をお薦め致します。

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2005/3/26  17:21

投稿者:bishamon

中ざくら様

早速お教えいただきありがとうございました。
「裏もの屋」さんの情報もありがとうございました。
着物は奥が深くて、見ているだけでもとても楽しいですね。
いつか実際に着付け・帯結びの講習会に参加できるチャンスがあれば・・・と思います。




2005/3/25  11:36

投稿者:中ざくら

「裏もの屋」さんでした。
リンクした下の方で出ていました。

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2005/3/25  11:21

投稿者:中ざくら

bishamonさん、ようこそ♪
お褒め頂いて有難うございます。
この装いは大好きなんです。
着物と帯の色が、ピッタリなので、この組み合わせばかりです。

>帯クリップで留める箇所がよくわからないのですが
説明では分かりにくいですか?
お太鼓柄でしたら、お太鼓の柄が兆度出る位置にお太鼓を当てて見て、そこを三角に折って、兆度底辺の真中をクリップで留めます。

>銀座の裏地専門店の名前と場所を教えていただけませんでしょうか?
http://www.matsuya.com/ginza/topics/0328e_wa/index.html

こちらで見つけました。
お店の名前は「裏???」とハッキリ覚えていないのですが、行けば分かります。
個性的な長襦袢地が色々ありましたよ♪

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2005/3/25  10:13

投稿者:bishamon

中ざくら様
「今日の装い」もとても素敵ですね。いつも楽しみに拝見させていただいております。
「切らない作り帯」も本当に目から鱗でした。以前これと似たようなもので、何箇所かを縫い付ける方法を習ったことがありましたが、縫い付けてお太鼓を作ってしまうと、形を崩さないように収納するのが結構大変でしたので・・・。
ただ、帯クリップで留める箇所がよくわからないのですが。自分でもそのうち何度か試してみてどこを止めるのが効果的なのかを練習してみようと思っています。
それからもし不都合でなければでいいのですが、銀座の裏地専門店の名前と場所を教えていただけませんでしょうか?
いつか着物を縫っていただく機会があれば、是非無地ばかりでなく、楽しい裏地を・・・と考えておりますので。
いつも質問ばかりで申し訳ありません。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ