。 機内持ち込みの荷物は、ビジネス席の乗客は、持ち…" /> 中欧5ヵ国(その34)LX0160便ビジネスクラス。 | ◆中ざくらの着物部屋へようこそ◆

2010/4/7

中欧5ヵ国(その34)LX0160便ビジネスクラス。  ◆海外旅行記(中欧5ヵ国)

席に着いて、手荷物を上に上げて、一息付いたら、直ぐに、好きな飲み物がサービスされます。

クリックすると元のサイズで表示します

オレンジジュースに、シャンペンカクテル

機内持ち込みの荷物は、ビジネス席の乗客は、持ち込んだ荷物もハンドバックも全て、上に入れなければなりません。

エコノミー席の乗客は、手荷物を前の席の、下に置いても、狭いので、動く事は無いのです。

ビジネス席は、座席が広いので、離陸する時に、荷物が移動するからだと思います。

水平飛行になったら、ハンドバックは足元に置いていました♪
ちょっと不便です。

クリックすると元のサイズで表示します

食事前に男性の客室乗務員の方が、自然な笑顔で、スイスワインカクテルを注いで下さいって居ます♪

クリックすると元のサイズで表示します

丁寧な接客で、ユーモァーが有り、楽しい食事の始まりです。

クリックすると元のサイズで表示します

カンパリーオレンジを注文したので、食事前になんとアルコール3杯目カクテルです。

クリックすると元のサイズで表示します

メニューの説明も、丁寧にして貰いました♪

クリックすると元のサイズで表示します

アールデコホテル(モンタナ・ルツェン)のシェフ、ヨハン・ブリーディク氏による特別メニューです。

前菜は、季節のサラダ、バルサミコ・ドレッシングと共に。

ローストビーフ、マンゴーと唐辛子のチャツネ、パルメザンチーズと、ルッコラのサラダ、バジルドレッシングと共に。

叉は大海老のマリネ、ミックスピーマンのムース、アスパラガス(人気で品切れでした。)

パンとオリーブオイル(小皿に直ぐに注いでくれました♪)

先ほどのカンパリオレンジと写す。

クリックすると元のサイズで表示します

二人揃っている写真も写して下さいました♪
笑顔と共に♪

クリックすると元のサイズで表示します

メインは、三種類の中から選ぶのですが、私は仔牛すね肉の煮込み、ポテト、インゲン添えにしたのですが、目の前に出されて、ビックリしました。

クリックすると元のサイズで表示します

あまりの量に。
食べ切れませんでした・・・

他は川鱒のグリル、マスカルポーネソースと共に。
わさびと野菜のリゾット、ほうれん草。

他はチューリッヒにて1898年創業の菜食レストラン「ヒルトン」考案のメニュー
トマトとアーチーチョークのラグー、サフラン・タリアテッレ、スパイシー・ハリッサ・ソース。

クリックすると元のサイズで表示します

食後のデザートを、ワゴンで運んで来て下さいました♪

クリックすると元のサイズで表示します

今回も全種類とお願いしたら、上のフルーツの盛り合わせが、残り少なかったので、「ちょっと待っていて下さい」といって、カーテンの奥に戻って、「スペシャルです。」と言って大盛りのフルーツを持って来てくださいました♪
笑顔と一緒に♪

クリックすると元のサイズで表示します

デザートはスイスチーズ各種と、洋梨パン。
アマレーナーとヘーゼルナッツのムース、苺のコンポート、スイートバジル添え、フルーツサラダ。

日本人の客室乗務員が三人居られたけれど、殆んどが笑顔が無い・・・何故?

笑顔だと疲れるの???
聞いてみたかった。

なお更男性の笑顔に癒されました♪

クリックすると元のサイズで表示します

食後に行きと同じ、とても美味しかった、リッツのチョコレートを配ってくださいました。

私達の席は最初ではないので、当然、何人かが選んだ後の、空白の箱でした。
いつも私がデジカメで写しているので、「ちょっと待っていて♪」と言って、またカーテンの中に♪
まっさらな箱のチョコレートを、持って来てくださいました♪

クリックすると元のサイズで表示します

うわ〜〜♪
選り取りみどりです。

ミルクチョコレートと、ホワイトチョコレートのを一個づつ頂きました。

お腹も一杯になったので、此処からは眠る人、読書する人、映画を見る人、音楽を聞く人等色々です。

私は映画を見るつもりで、どの映画を見ようと、選んでいました。
日本語字幕と書いた映画を見つけセットしましたが、どうしても字幕が出ないのです。

仕方が無いので、呼び出しボタンを押したら、日本人の客室乗務員来てくれました。
勿論笑顔ではありません。

何度かリモコンをいじって、「パンフレットは違っている事があります。
TVの画面の方が正しいので、字幕は出ません!」と言われました。
勿論笑顔なんて無いですし・・・

スイス人の男性の客室乗務員の方との、余りにも違う態度に呆気に取られました・・・
どうして「申し訳有りませんでした。パンフレットの印刷ミスでご迷惑を掛けて・・・」と一言言えなかったのでしょうか?

乗務の前に嫌な事でもあったのか?と
日本人として恥ずかしい〜〜

字幕無しで見ていましたが、流れは分っても、内容は分らず仕舞いでした。

「アバター」も少し見ましたが・・・私はこの手の映画は苦手なので、眠る事にしました。

途中に飲み物や、アイスクリームのサービスがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

日本に近づいて来ました。
到着90分前から、朝食のサービスです。

クリックすると元のサイズで表示します

色々な種類のパンが選べました♪
朝なので?ジャケット脱いで軽やかに、ワゴンでサービスです。

クリックすると元のサイズで表示します

此方が指差した物を、お皿に取って下さいました。

クリックすると元のサイズで表示します

動かないで食べてばかりで、帰ってから体重を量るのが怖い〜〜
リンゴジュースとコーヒー。
クロワッサンとアップルデニッシュ・チーズにハムにローストビーフ。
フルーツを選びました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の旅行は、最後のこの同年代のおじさんの笑顔を、どうしても残しておいて置きたかったから、写させてもらいました♪

自分もすこしでも、笑顔を絶やさないようにして行きたいと思いました。
笑顔は皆を楽しく幸せにしてくれます物ね♪
笑顔を惜しまないように♪

クリックすると元のサイズで表示します

食べていたら、もう一皿持って来て下さいました。
オムレツとソーセージ・ほうれん草のソテー。

う〜〜入るかしら?と思いながら、頂きました。
ご馳走様でした。

今回はちょっと贅沢な旅でしたが、長時間の旅だからこそ、疲れも最小限度で楽しい旅が出来ました。

ちょっとファーストクラスの席を見る事が出来て、一帯どんな人が座るのかしらと思いましたが、若い男女カップルが座っていました。



2010/5/18  22:00

投稿者:中ざくら

富さん♪

お久し振りです。
Kさんとも、どうしているかしら?と話していたんですよ。

富さんはいつも笑顔で、このおじさんに負けていませんよ。
真剣な顔を見たのは、ベトナムの美容院で、カットしている時です。
良い思い出がいっぱいです。

2010/5/18  18:02

投稿者:富

オジサンの素敵な自然な笑顔。見習いたいなと思いながら
楽しく読ませていただきました。

2010/5/6  10:05

投稿者:中ざくら

Miwakoさん♪

私達が帰国したのは8日でした。
搭乗してきた機種で出発した、同じツァーと方々は帰国が15日。
爆発が14日?なので、危機一髪か?足止めか?
何が起きるか分らないですね。

1日出発で本当に良かったです。(このツァーの最初の日)

出発の便では、スイス人の中年の女性の乗務員の、笑顔が素晴らしかったです。

日本人って笑顔が苦手なのかしら?
行きの便の日本人は、普通だったのに、帰国便の女性の余りにも、ニコリともしない顔を見ると、おじさん乗務員との違いがあからさまです。

この笑顔を見ていると、長時間の旅も苦になりませんね。

>きっと外国人として職場での不当な差別とか不遇があるのだと思うのですが

ANAとの提携便だったのですが、現地採用で不当な・・・なんて考えてしまいますね。

笑顔って素晴らしいと思いました♪
自分でも、心掛けなければと思いました。

2010/5/5  2:09

投稿者:Miwako

お帰りなさい。火山噴火の直前だったのでしょうか、無事に帰国されてよかったです。

笑顔が大事って、改めて、気づかされました。
問題があっても、笑顔で対応されれば許されることもある。

日本人乗務員がむっとしているのは、直前に何かがあったというより、そもそも彼らの人生そのものが不満に満ちているからだと思います。私もアメリカ系航空会社をよく利用しますが、日本人職員がきても、英語で通して日本人じゃないふりしてます。こちらが日本人じゃないと思っていると、意外と普通に接してきますよ。

きっと外国人として職場での不当な差別とか不遇があるのだと思うのですが、不幸感が染み付いてしまっているんでしょう。

2010/5/4  16:05

投稿者:中ざくら

imafukuladyさん♪

長々とした旅行記を、読んで、見てくださって、コメントも沢山して頂いて、ダレて来た時の、励みに成りました。
此方こそ有難うございました。

>最後のおじさんの笑顔が旅の締めくくりとしてはとっても良かったと思いました。

是非とも、この笑顔を見ていただいて、欲しかったので、そう言って頂いて嬉しかったです。

丁度今写真が仕上がって来ました。
おじさんの笑顔も、ちゃんと注文してあります♪

2010/5/4  15:16

投稿者:中ざくら

キナコさん♪

笑顔は一番癒されますよね♪
自然に笑顔が出るように、成りたいと思います。
スイスエァーの宝だと思います。

二度もカーテンの後に戻って、持って来てくれるなんて無いと思います。

対面していると、此方の顔もほころんでくるんですね♪

ワインの注ぎ方も、かっこいい良いでしょう♪

2010/5/4  14:45

投稿者:imafukulady

今回の旅行記結構毎日楽しく拝見してました。お疲れ様でした。
最後のおじさんの笑顔が旅の締めくくりとしてはとっても良かったと思いました。
長旅でしたが時差ぼけはもうすっかり解消されたでしょうが、良い旅ができて良かったですね。
長かったけれど楽しく拝見できたこと感謝です。
おつかれさま〜

2010/5/3  18:58

投稿者:キナコ

まだ記事がないけど...
う〜〜〜ん このオジサンね♪(私より若いのかな?)
いい笑顔ですねぇ
この笑顔で勧められたら飲めなくたって飲んじゃうわ。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ