◆中ざくらの着物部屋へようこそ◆

個人的な覚書で、いつ何をしていたのか、どんな装いをしていたのかが、分かるように、着物日記も兼ねて書いています。
「着物一枚に帯○本」をシリーズにして、今まで着た装いをまとめています。

旅行記録もグルメも載せています♪
2011年6月にSが2013年9月にTが誕生したので、成長記録も載せています♪

私はこのブログと、着物真楽の二か所だけにしか、投稿しておりません。

他は一切別の方です。

 

今日のお天気予報♪


-天気予報コム- -FC2-

有難うございます

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

日記の種類

日記を書いた日

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去に書いた日記

愛犬のチャーリーです。

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:中ざくら
アビーさん♪

「切らない作り帯」愛用して頂いて嬉しいです。
初期の頃のアップで、もう少し分りやすい帯で、書き直そうと思いながら、そのままに成っております・・・

羽織の件ですが、勿論出来ますよ♪

着物から羽織を作って、上手く裁てば、作り帯叉は二部式帯も出来ますよ♪

私は紅葉の小紋を長羽織にして、もう少し残り布が足りなくて、帯が出来ませんでした。

龍郷の大島紬の、着物と道行きのアンサンブルから、着物と雨コートに作り直しました。
二枚をバラバラにして、組み合わせて仕立ててもらいました。

どれもアップされています。

着物から羽織にするには、衿の後で、衿に接ぎが出来ますが、見た目は分りません。
羽織の衿に、縦に別布を足しますが、出来上がれば分りません。
中に入りますから。

呉服屋さんの勉強不足では??

羽織から着物に仕立て直した方も居ますから、表から見えなければ、帯に隠れる所や、下前とかで接いで有っても、良いと思います。
投稿者:アビー
こちらの夏は、猛烈な暑さです。
まるで、オーブンに入っているみたいですよ。(笑)

帯を締めるのは、中ざくらさん直伝の『切らない作り帯』でやっています。
昨春から、50肩(60肩?)で後ろに手が回らなくなりましたが、この方法だと着物が着れるので
こっちを覚えていて正解でした。
プロセスよりも見た目だと割り切ってます♪

嬉しいことに、皆さんから「あなた、上手になったね」と褒められますよ。

ところで、質問ですが
着物から羽織(膝丈くらいです)は仕立て直しできないのでしょうか?
呉服屋さんは、道行は可能ですが羽織は無理だと言います。
諦めきれませ〜ん。(泣)
投稿者:中ざくら
アビーさん♪

お久し振りです♪
でも囲炉裏にはお邪魔していたので、書き込み見ていましたよ♪

今面白いと言われて「華麗なる遺産」を見出しました。
その前は「太陽の女」DVDで。

見ると止まりませんね・・・

>着物に嵌って4年余り経ちました。
え〜〜もうそんなに成りますか♪
最初はアビーさんが着物を着るなんて思いませんでしたもの。
根気良く説得して良かったわ。
大島紬が洋服に成らなくてすみましたものね。

>真夏以外は、できるだけ着るようにしています。
素晴らしい〜〜
真夏に涼しい顔をして、着るのも良い物ですよ。
忍耐ですが。
でもそちらでは無理かしらね・・・

ホジュンさんも着ていらっしゃるのですか?
今日も着物でしたが、もう少し着ないと勿体無いと話して居たんですよ。
投稿者:アビー
中ざくらさん お久しぶりです。
お元気そうで何よりです。
あいかわらず、帯の形の素敵なこと!ため息ものです♪

私も、着物に嵌って4年余り経ちました。
その間に、単も羽織も必要に迫られてしまいました。^^;
真夏以外は、できるだけ着るようにしています。
今後、いつまで着られるか分りませんが、できるだけ頑張ろうと思います。

中ざくらさんは、良いお手本です♪
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ