2010/1/10

芦之湯温泉の松坂屋本店。(12/24)  ■国内旅行記(箱根方面)

急だったので、旅館に直接電話して、部屋名を指定して、予約をしたのですが、その部屋はもう予約されていて、西館の同じ広さの、「松」と言うお部屋を予約できました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの旅館は、創業348年の由緒あるお宿です。 

クリックすると元のサイズで表示します 

一昨年から去年にかけて、旅館を一年かけて、リニューアルされたばかりです。

32部屋有ったお部屋を、あえて16部屋に縮小して、殆んどのお部屋を、二部屋続きのお部屋に改装されたそうです。
同じ間取りのお部屋は一つも無いんです。

クリックすると元のサイズで表示します 

団体客を受け入れていたのも止めて、大広間をオープンキッチンのお食事処に作り変え、半個室を部屋数作って、サービスするようにされました。

一般的な旅館とは、趣が違い、玄関のドアを開けると、ここが旅館?と思われるシンプルな玄関でした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

玄関に続くロビーで、おしぼりと、いっぱいのほうじ茶を出して頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します  

テーブルでは、茶葉の香りを楽しませていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します 

太い大黒柱が、この旅館の歴史を感じます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します  

ロビーからのお庭が気に入ったのかしら?
こんなに可愛い感じに、さり気無く♪

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋の鍵は、二つです♪
どうして他では、二つ渡して下さらないのでしょか?
一つではとても不便ですね。

箱根細工のキーホルダーが良いですね。
カードケースには、お食事の予約時間が書いてあります。(帰りにはカードケースはプレゼントされました♪)

クリックすると元のサイズで表示します

お茶とお茶菓子が出ましたが、茶筒も箱根細工でした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

和室と、ベットルームが、襖で仕切られてタイプと、壁で仕切られたタイプが有ったのですが、襖の方が、開放感があって良いと思い、お願いしました。

今までは、旅館と言えば、お布団が当たり前でしたが、前に泊まった仙郷楼の「奥の樹々」が、ベットで休む様に成っていて、とても良かったので、今度も同じベットのある部屋の宿にしました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

障子で仕切ってあり、ベットの真横に洗面所が有るので、とても使いやすく、暖かいです。

クリックすると元のサイズで表示します 

温風器が床に設置してあるので、床暖かと思うほど床が暖かかったです。

クリックすると元のサイズで表示します 

洗面所右に、洗い場があり、そこから露天風呂に続きます。
う〜〜ん 天井が無くて、空が見えますが、露天風呂なのに、殆んどが囲ってあります。

クリックすると元のサイズで表示します 

おまけに、デッキに出るところには、簾が下がっていて、殆んど個室。
簾を上げた処が、上の画像です。

ちょっと開放感が生まれました♪

クリックすると元のサイズで表示します 

源泉は、敷地内に湧出する良質の温泉です。
湧出直後は、エメラルドグリーンで、天気や気温の変化に敏感に反応して、白濁する事もある、大変珍しい温泉です。

源泉主義を貫いていらっしゃるので、一切手を加えないで、源泉そのままを館内に引きこんで居られます。

勿論源泉掛け流しなので、高温です。
1分間に220リットルも湧出する温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します 

冬で回りが寒いので、高温の温泉ですが、うめないで、入浴できました。

今のところ、まだ大丈夫でしたが、手すりが有ったほうが、良いと思いました。

底に白く見えるのは、湯の花です。

ここのお湯は、「美肌の湯」として有名なのです。
肌がすべすべになります。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

デッキの方から見た露天風呂です。
ここに簾が下がっていました。
見える紐は、その簾を上げている紐です。

洗い場の奥行き(ドアの巾)が狭すぎて、身体を洗うとぶつかります・・・・
シャワーが見えるところです。

何故にこんなに狭くしたのでしょか??

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

広縁の椅子は、籐で編んだ座椅子です。
座らなかったです。
この部屋からの庭の景色が、あまり美しくなかったから・・・


浴衣と半纏。
高地で寒いので、半纏の裏側には、取り外しの出来る、袖なしの防寒が取り付けられていたので、暖かかったです。

バスタオルはお部屋から持って、大浴場に行きます。(浴室のタオルを使い放題ではない)
このくたっとした感じの籠が、とても便利でした。
お風呂に行くときにタオルを入れて持って行きます。
食事処にも、持って行きました。
浴衣にピッタリなんですね。

男性はちょっとと思いますが、女性には重宝します。
売店で売っていました♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

水屋で、電気ポットの下が冷蔵庫です。

部屋の前の廊下です。
廊下は寒いです〜〜〜



2010/1/16  0:00

投稿者:中ざくら

hirokoさん♪

最近は、検査がとても厳しくて、荷物の重量がオーバーしたら、高い追加料金を請求されます。(以前私はロンドンで請求された事があります。ANAで)

ご夫婦でも一人一個ずつのスーツケースをお持ちの方が良いと思います。
あとインスタントのコーヒーとか煎茶、お煎餅もあったら良いかと。

旅行を待っている時が、一番楽しいですね♪


2010/1/15  15:34

投稿者:hiroko

中ざくらさん

アドバイスありがとうございます。とってもいいヒントをいただきました。ホカロンとかインスタント食品はいいアイデアですね♪まだ一月ちょっと先の話なのでもっと研究してみます。

2010/1/15  0:00

投稿者:中ざくら

hirokoさん♪

スペインはとても広い国なので、移動が凄いです。
前回は飛行機移動でしたが、新幹線が出来たので、飛行機移動は無かったですが、殆んどバスと言う事も有ります。

でも考えように寄れば、寝ていれば良い訳で、思った寄りも楽でした。

飲料水を持っていったので、買わずに済んだので、楽でした。

料理は期待しないで下さい。
日本の料理が一番です。
ホテルでの夕食が二回有ったので、その時にお湯を貰えるので、インスタント食品を持って行くと良いですね。

ホカロンは多めにね。

ガイドブックで予習をしておくと、観光が寄り分りやすいと思います。

分からない事は聞いてください♪

2010/1/14  20:42

投稿者:hiroko

中ざくらさん

こんにちは。スペイン旅行の後でご主人と温泉なんていいですね。寒い季節には温泉が何よりですね。

実は私も2月の中旬から主人とスペインに行くんですよ。「どこかに行きたいね」って話していて色々あった候補の中からスペインを選んだのは、中ざくらさんの旅行記がとっても楽しそうだったから。

同じようなところを回るので出発前にまた何度も何度も読ませていただきますね。着物姿の方も掲載を待っています。

2010/1/12  17:12

投稿者:中ざくら

キナコさん♪

丁度下りて行く途中にありました。
入口には大きめな名前と経歴が書いた、看板が掲げてあり、大御所が居られるんだわと思っていたら、気さくな笑顔のおじいちゃんでした。

一緒に写真を写させていただいたら、送って欲しいと言われてしまいました。

書いて見せて貰うまで、どうして竹だけで、筆で書いたようなかすれや、筆先が、キチット出るのか信じられませんでした。

凄いです。特許取っていますからね。

2010/1/12  12:41

投稿者:キナコ

いいわね〜♪
小学校の遠足で真鶴岬を下まで降りて三ツ石まで歩いて渡った想い出があります。
真鶴岬の先端にそんな場所があるんですか。
今度行って見よっと。

芦之湯もいい旅館があるんですね。
生花があちこちに活けられてポイント高くなりましたね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ