2009/6/13

北陸の旅(その3)(6/10)  ■国内旅行記(富山・石川県)

今日は午前中ゆっくりして、A君と遊んだり、姪のAちゃんが、来てくれて、こちらに来ると、みんなに会えて嬉しい。
娘の結婚式の写真をTちゃんや、Aちゃんに見てもらう♪

お昼は、日本海のキトキトのお寿司をご馳走になる♪

クリックすると元のサイズで表示します

店内は、まだ木の香りのする、新しいお店でした♪

日本海で水揚げされる、魚介類が目の前に並んでいて、ゴクンと生唾を飲み込む。

クリックすると元のサイズで表示します

私の席の前には、桜柄の陶器で出来ているプレートが。
瓜のお漬物と、ガリが。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

まず最初が、イカの上に雲丹が乗っているお寿しで、味が付いているので、そのまま食す。

次が甘海老かと思ったら、違う名前の海老(メモしたのに、行方不明)
とろっとして甘い〜〜
こちらも、味が付いているので、そのまま♪

クリックすると元のサイズで表示します 

右側が車海老。
赤いほうが、今握ってもらった、海老。
皮に、筋が入っているみたいな海老。

クリックすると元のサイズで表示します

ふくらぎのお寿司。

クリックすると元のサイズで表示します

帆立貝にバイ貝?に蛤。
貝好きには、もう堪りません♪
美味しそう〜〜

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

鯛に、しじみのお味噌汁。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

中トロ。
店内は二人が甲斐甲斐しく、お客さんの注文を受けて、握っていました。

お隣は白子を注文

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

先ほどの海老を、カラッと焼いた物を、レモンで頂きました。
蛤に、たれをつけて。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

左は、富山県の名産の白海老(いったい何匹居るのでしょう?)で、甘海老よりも甘くて、美味しい。
真ん中は帆立貝に、緑に見えるのは色んな山菜を混ぜて有りました。
右はこれも北陸でとれる、ずわい蟹(目の前で足から身を解していました♪)

クリックすると元のサイズで表示します

最後の玉子はサービス見たいでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ご馳走様でした♪

これからすこし、ドライブして、行かなければ成らなかった所だけ行って、今回は母も居ないので、いろんな所には、出掛けませんでした。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ