2008/12/27

●初挑戦♪  料理・食品

お歳暮に頂いたカタログから選んだ、四国の佐多岬の「伊勢海老と鮑とサザエ」が届来ました。

クリックすると元のサイズで表示します 

私が調理をしないと食べられないので、勇気を出して、活きた鮑をお刺身にした後で、これは画像に残して置こうと、伊勢海老のお刺身を作るところから、デジカメ片手に写しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さざえが4つで、次男がお正月休みで帰ってくるので、丁度良い個数です♪

伊勢海老を良く水洗いして、砂や汚れを落とした後、千枚通しで、胸を刺して〆めます。

画像では分り難いですが、力を入れて刺しています

〆られるのが分っているのか、最後の力を振り絞って、全身で、活きている事を分らせるようにのたうち回ります。(可哀想ですが・・・・) 

クリックすると元のサイズで表示します 

胴と頭との境目に、殻にそって包丁の先を入れます。

丁度鯵切り包丁を持っていたので、これを使いました。

クリックすると元のサイズで表示します 

そのまま包丁の先を深く差し入れて、腹側まで回して切り、ゆっくりと胴を離します。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

腹側を上に向けて持ち、胴の両面に包丁を入れて、殻との境目に切れ目を入れます。

さらに身と尾の境に包丁を入れておきます。

胴側の薄皮と尾側の境に洋ナイフを入れ、ひと筋ずつ丁寧に薄皮を剥がします。

洋ナイフを殻に添って丸く動かし、身をくずさない様に殻から切り離します。

クリックすると元のサイズで表示します 

切り離した身は、まず真ん中を縦に分け、あとは手早く程よい大きさに切り分けます。

クリックすると元のサイズで表示します

思ったよりも大きな伊勢海老だったので、お刺身の部分が多かったのは嬉しいです。

サザエの壷焼きは、千葉に行った時に、美味しくて三度も食べたのですが、全部身を出して、調理してから、もう一度戻して、焼いて有りましたが、売っていたお店ではそのまま焼いたほうが、美味しいと言われ、そのままグリルで焼きました。

食べやすいのは切り分けたほうが食べやすいです。

鮑は一個だけなので、お刺身にして見ました。

明日から8日間も和食を食べられない、次男も一緒に食べられたので、良かったです。



2008/12/30  23:08

投稿者:中ざくら

botanikaruさん♪

伊勢海老は、体が二つに成っていも動いていました。
目打ちで〆る時に、尻尾がくるっと丸まったり、伸びたりして、可哀想でした。

車海老はおが屑に入っていますね。
伊勢海老はそのまま入っていました。

結局三人で出掛けたのですが、良かったと思います。

良いお年をお迎え下さいね♪

来年は今年の倍くらい着たいと思います。




http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2008/12/30  23:01

投稿者:中ざくら

かずさん♪

昔は結婚式と言うと、伊勢海老が出た物ですが、最近はお目にかかりませんね。

初挑戦で何とか食べられる様に出来て良かったです♪
エビチリ大好きです♪

今年はいろんな事が有りすぎて、着物を着る機会が少なくて、洋服のアップの方が多かったかもしれません・・・

来年はもっと沢山着物を着る機会を増やしたいと思います。

かずさん♪
良いお年をお迎え下さいね。

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2008/12/30  18:58

投稿者:botanikaru

エライ!
生き車えびをもらいましたが、おがくずから出すのも出来ず、夫にまかせました。
えびって、尾が何時までも動いて刺身苦手です。
お嬢さんと旅行に行かれたのかしら、うちのPCでは、
写真と文がかぶっちゃって 残念です。
来年は沢山着物を着ましょうね ♪

2008/12/30  18:05

投稿者:かず

うおお〜伊勢海老おいしそう!!
20年ほど前に仕事で三重に行ったのですが、伊勢海老にはご縁がありませんでした、というか今でも(泣)
今家には普通のエビがいます。実家からお魚を大量にもらってきて、既に刺身攻め・・・。というわけでエビチリに変身させました。
今年は中ざくらさんのブログに出会って、本当にたくさん勉強させていただきました。この場を借りて感謝します。来年も素敵なお着物姿を楽しみにしています。良いお年をお迎えください。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ