2015/4/1

薄紫色の白大島に帯五本♪  ●白大島紬一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

手元に来た、母が大好きで着ていた白大島です♪

好きだったのが分るんです。

色々手元に来たのですが、この着物が一番着ていたのが分るんです。

大島は裏表が無いので、裏返しで仕立て直そうか?直しても何回着るか分らないから、シミ抜きに出して、そのまま着ようか?考え中です。

八掛けは紫色で、柄も好みなので、似合うように思います。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

4クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

7クリックすると元のサイズで表示します
   
★1は07年12月10日に、Kさんの送別会と忘年会を兼ねて銀座で会いました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今回は同系色でまとめて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

5人で河豚を頂きました♪

●帯

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

帯は、着物の柄の色と同じ、薄紫色の無地で、浦野利一さんの経筋紬の名古屋帯です。

(もう織られる事が無いそうです。)

●羽織

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

羽織は、ちょっと派手目な青紫色ですが、抹茶色で大好きな相良刺繍が裾のほうに、刺繍されている麻の葉柄の長羽織です。(丈は2尺6寸です)

羽織紐には羽織と同じ色のベネチャンガラスのブレスレットに金具を付けました。(ベネチアで購入)

●コート

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

コートは、京都旅行で訪れた紫織庵で求めた、切りビロードに所々にお目出度い柄が手刺繍されている、お気に入りの被布衿のものです。

紫織庵で仕立てた切りビロードのロングコート(二尺八寸)

★2は、08年3月11日に、一人で横浜そごうの京都老舗の会に、行って来た時に着用しました(3ヵ月振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「祇園 ない藤」さんの女将さんと。

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帯は、白地の塩瀬に、桜の花びらが、渦巻を巻いて描かれています。

源香作。

●羽織

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

羽織は、黒に見えるけれど濃い緑色の縮緬の長羽織です。

こちらは雪輪柄に桜が舞っている柄です。

★3は11年1月3日に、家族で新年会をした時に着用しました♪ (2年10ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します 

帯は、1と同じ、薄紫色の浦野さんの経筋紬(鎌倉の浦野宅で購入)

無地の名古屋帯だから、簡単帯結びをする時には、きちっとお太鼓の部分を計らなければ成らないのに、慌てて三角に成っているところに、クリップを止めてしまい、お太鼓に折じわが・・・・

お太鼓柄はそんな事には、成らないのに、無地は気をつけないと駄目ね。

●コート

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

道中着は、水色掛かったシルバーグレー地の杢目絞りで、軽くて暖かいです。

薄茶色の部分もあるので、二度染め? 

今日は絞りでまとめて見ました。
裾よけも、絞りの羽織から作ったものです。

裄を目一杯出して貰い、染み抜きも頼みました♪

★4は11年4月20日に、着物仲間と2ヶ月半振りに、銀座で会った時に、着用しました♪ (3ヵ月27日振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

裄が短かったので、目一杯出したので、着て行きました♪

身幅は丁度良かった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します腕の出具合が随分と違います。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

帯は、縮緬地に「花水木」が描かれている、染めの九寸名古屋帯です。

縮緬の帯は、芯と帯地がしっくりしなくて、締めにくいです。

●コート

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

レースの渋い緑色の塵除けです。

今年は長羽織を着る間もなく、レースの塵除けに成ってしまいました・・・

それでも暑くて、持って歩いていました。

★6は、13年4月13日に、娘の安産祈願に水天宮で、お祓いをして貰いました(なんと2年振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 

●帯

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

白地に藤の柄の塩瀬の名古屋帯です。

季節感が有る物は、その季節に何度も着用できるので、毎年忘れる事無く締めていると思います。

●長羽織

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

羽織は青紫色の長羽織で、相良刺繍で麻の葉柄を刺してあります。

長羽織は、この色と相良刺繍が気に入って求めましたが、身幅と裄が狭かったので、「おたすけくらぶ」さんで仕立て直しをお願いしました。

襟の中から共布を持ってきて、袖口の方に接ぎました。

襟の中は別布を足しています。


クリックすると元のサイズで表示します

着姿では全然柄が見えないので、アップで♪

とても柔らかくて、流水の地紋が入っているところに、相良刺繍で麻の葉が刺繍されています。

脇の部分で柄が途切れているのは、幅だししたからです。

柄の繋がりよりも、寸法を重視しています。

●袖無し羽織

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

薄紫色の江戸小紋で単衣仕立てに成っています。

丁度同じ色の羽織紐が有ったので、ラッキーでした。

肩線が真っ直ぐではなくて、カーブしているので、陣羽織の様には肩線が突っ張らないし、女性用で繰越も付いているので、背中心がストンとしているのも良かった。

男性用は、繰越が無いので、帯の部分から下のほうに横しわが沢山出ます。

★6は、14年4月16日にSさんと、日本橋のコレド室町を見学に行きました。 (1年振りの着用です)


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

帯は、黒の塩瀬名古屋帯で、黄色の花が描かれている二部式名古屋帯です。

★7は、15年3月30日に、浅草にSさんと草履の調節に行きました。

丁度桜が満開で、偶然にお花見が出来ました。(約1年振りの着用です)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

裄を目一杯出して、しみ抜きをして貰いました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

紬は、着て居ると、どうしても皺が出てしまいます・・・・

平日だったので、出掛けて帰って来てから写したので、尚更です。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します

Aと同じ

白地に、の花弁が舞っている塩瀬の名古屋帯です。

源香作

小さい画像を引き伸ばしたので、ぼけています。

●羽織

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

どっしりとした縮緬で、黒に見えますが、濃い緑色です。

柄は雪輪にの花びらが、舞っています。



7年半で7回着用とは、少ない?多い?

1年に1回着用ですね。



2008/3/18  16:49

投稿者:中ざくら

アキ子さん♪

問題解決して、良かったですね。
お役に立てませんで。
芸者姿に成られたら、是非教えてくださいね。
楽しみにしております♪

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2008/3/18  11:40

投稿者:アキ子

お忙しいところ、そうそうにお返事ありがとうございました。
詳しい方にやっと聴くことができました。
助かりました(*^_^*)

まずは御礼まで。

   入山アキ子


http://star.ap.teacup.com/akikosann/

2008/3/15  22:03

投稿者:中ざくら

アキコさん♪

初めまして♪
ブログ見せていただきました。
演歌の歌手さんなのですね。

着物はご自分で着られるのですか?
着付け師に着せて頂けるのであれば、その方にお伺いして見ては如何でしょうか?

私は普段に着物を着て出掛けているだけなので、芸者さんの着付けの事は全然分りません。
お役に立てなくて、申し訳ありません。

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2008/3/15  13:33

投稿者:アキ子

はじめまして、着物に詳しいご様子ですので、失礼かと思いましたが教えて頂ければと思いカキコミさせて頂きました。

来週 芸者姿になるのですが、長襦袢は赤いものでなければいけないのかどうか分からず悩んでいます。
ネット検索し、袖口からのぞいている色を確認したら白かったり、赤かったり。
よく分からず裾よけのみ赤を購入したのですが・・・・

ネットで検索しててたどり着きました。
突然で申し訳ありません。
もし分かれば教えてください。

入山アキ子



http://star.ap.teacup.com/akikosann/

2008/3/14  15:55

投稿者:中ざくら

botanikaruさん♪

身幅は丁度良いのですが、裄が少し短いんですよ。
羽織を羽織れば誤魔化せるのですが、裄だけ直してもらおうかと思います。
単だったら自分で直せるのですが・・・

金沢そぞろ歩き良いですね。
兼六園はまだ雪吊りがしてあるかしら?
楽しんできてください♪

http://happy.ap.teacup.com/hayasaku/

2008/3/14  13:56

投稿者:botanikaru

裄も身幅も小さくなければ、そのままでいいのでは、大島は着心地がいいので、沢山着てあげましょうね(、とても似合っているし)
京都館食べ物、工芸品いろいろ有りました。お勧めです。金沢は何度か行ってるんですけど、いつも忙しくてゆっくりできなかったので、1度京都の町を歩くみたいに着物でと思ったのです。駅前のホテルに泊まって、お店を覗いたりして来ます。

コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ