2009/7/27

自然礼讃〜プチトマト(16)栽培75日目  やさい栽培観察日記

クリックすると元のサイズで表示します色づくトマトのグラデーション

 この色合いをご覧下さいと言っても一様ではなく、トマトらしい真っ赤な色合いもあれば、オレンジがかった赤もある。薄緑から黄味を帯びているもの。そこからさらに熟成が進んでオレンジに色づいたものもある。薄緑の中に、色づきを予兆させるまだら模様を見せるものもある。そして、いまだ生まれたてのように青い実もある。ひとつの枝の中にあるさまざまな色合い〜グラデーション。さらに、実のひとつひとつが艶やかな輝きを放ち、自然の絵筆が描く「植物画」は、生物としての瑞々しさと絵画的美しさで私を魅了します。その美しさにしばし見惚れて、思わず土いじりの手を止めてしまうほど。

クリックすると元のサイズで表示します 葉のは、まさにプチトマトのを際立たせる色です。17世紀オランダの静物画でも、瑞々しい果物の数々はブドウの葉などで輪郭を縁取られ、濃い緑色の背景が、果物の存在感を際立たせています。当時の画家達も、葉の緑と果物の鮮やかな色彩とのコントラスト効果を熟知して、絵に描いてみせたのでしょう。それにしてもきれいだなあ…携帯電話のカメラとは言え、どうせ撮るなら、できるだけきれいに写るようにと、アングルに凝る私ですこの瞬間は、いつまでも続くものではないのですから。プチトマトは1年草で、秋には枯れてしまうのです。来年にまた花を咲かせ、実をつけてくれるわけではないのです。今、この瞬間を愛でて、味わう。その意味で、この美しさは「滅びの美」でもあるのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します 既に収穫間近いプチトマトがある一方で、次々と生まれる新たな果実。それらをひっくるめて大小30個近い実が、今我が家のプチトマトの木を彩っています。ごみつさんが言われた「プチトマ・サラダ」が我が家の食卓に上るのも近い

 その姿 「一期一会」と 念じつつ

クリックすると元のサイズで表示します 【参考作品】
 コルネリス・ド・ヘーム
 《果物籠のある静物》
 (国立西洋美術館所蔵)


【追記】

クリックすると元のサイズで表示します 本日、写真の通り、5個収穫しました。すべて晩ご飯で、家族3人の胃袋に収まりました第1号に比べたら小ぶりな5個でしたが、甘みも酸味もしっかりあって、おいしかったです

 プチトマ君達、どうもありがとう






2009/7/28  15:43

投稿者:管理人はなこ

ひまわりさん、コメントをありがとうございます。

世の中には庭やベランダを色とりどりの草花で美しく飾っているお宅も多い中、我が家はたった一鉢のプチトマトで楽しんでいます。

昨年、マンションの大規模修繕でベランダがきれいになったのであまり物を置きたくないのと、私がマメな性格でなく、複数の鉢植えを同時進行の形で手入れできないからなのですが、たった一鉢でも、いろいろ発見があり、思うことがあり、十二分に楽しませて貰っています。

私のブログ読者の皆さんにも案外楽しんでいただけているようで嬉しいです。

息子曰く、今劇場公開中のアニメ『エヴァンゲリオン』でも、登場人物のひとりが「何かを育てるのは良いもんだ」と語りかけるシーンがあるのだそうです(笑)。

植物を育てるのは、自然の営みの偉大さ、その恵みの豊かさを、比較的短期間に、より身近で実感できるから良いのでしょうね。

ひまわりさんのお宅ではカラスについばまれてしまったのですか…そんな経験をすると、栽培意欲も萎えてしまいますね。何か良い方法はないのかしら?

2009/7/28  10:24

投稿者:ひまわり

はなこさん、こんにちは!貴ブログを訪問しているうちに何だか、わたくしも、はなこさん宅のプチトマトに愛着の念がわいてくるようになりました。面白いですね!このグラデーションに色づいているプチトマトちゃんたち、何て可愛いんでしょう。いとおしさすら感じます。生命の持つ不可思議さ、深遠さがしみじみと伝わってきますよね。<収穫したものを食べるだけなのに・・、この感覚が大事なのですね。素朴な営みというか、いのちの原点というか・・。私たちはお互いに支え支えられているのですね。この”共生”感覚が、今失われているような気がします。プチトマトちゃんたちから、どこかに置き忘れてしまった大切なものを、教えて頂きました。有難うございました。
わたくしも、以前、わずかながらプチトマトを鉢植えで育てていたことがありますが、収穫する前に、カラスについばまれてしまいました。^^;

2009/7/27  23:27

投稿者:管理人はなこ

ごみつさん、コメントをありがとうございます。

そうなんですよ。今回はいっぺんに5個も!真っ赤に熟したプチトマを触ってみて、適度に弾力があるものをもいでみました。あまりにも美しく愛らしいので(←うわ〜親バカ全開・笑)、思い出に写真を撮りました。

画家達も同じような感動を覚えながら、その瑞々しさ、美しさを、自らの絵筆で表現しようとしたのでしょうね。

ホント、しみじみとした気分になりますよ。ただ収穫したものを食べるだけなのに…

2009/7/27  22:55

投稿者:ごみつ

今晩は。

わ〜、5個も収穫出来たんですね!
色づき始めるとホントに早いんですね〜。
すごくきれいだし、可愛いな〜。

このみずみずしい美しさが、古今東西の芸術たちを魅了してやまなかったんでしょうね。

兄貴達も、はなこ家のビタミン源となったのですね〜。(しみじみ・・)
弟達もがんばれ〜〜。



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ