2009/7/26

自然礼賛〜プチトマト(15)栽培74日目  やさい栽培観察日記

クリックすると元のサイズで表示します収穫のとき 

 色が差し始めたと思ったら、それからは一気に赤く色づいて行くプチトマト。その、小さいながらも躍動する命に、ただただ感動です。

 一昨日、昨日と、美術館のボランティアの仕事が入ったせいか、朝から慌ただしく、プチトマト相手にゆっくり話すこともできませんでした。この、水やりをしながら、あるいは枯れ葉の処理をしながら、はたまた生長に合わせて支柱に紐で結わえるなどの作業をしながら、「話す」と言う行為が楽しく、かなり癒し効果が高かったりするのです。昨日も元気に育つプチトマトをうんと褒めてあげたかったのですが、写真を撮るので精一杯。まあ、写真を撮りながら、話しかけているんですけれど…

↑写真のトマト軍団。下のプチトマト達も表面の緑色がまだら模様になって来ました。これは色づく前兆?!

クリックすると元のサイズで表示します もうひとつのトマト軍団の1個もかなり赤く色づいています。そろそろ収穫も近い?!

 それにしても昨日は暑かったファミリー向けのワークショップを行ったのですが、今回は美術館の収蔵品ではなく、「建物」に焦点を当てたプログラムだったので、最初に前庭に出て、炎天下、美術館の建物の正面の外観を参加者全員で見たのです。いやぁ〜、クラクラするほど陽射しが強く照りつけていましたね

 一方、九州と中国地方はこのところの豪雨で、人的被害も出ている。特に夏場の自然災害の報道を耳にする度に、関東平野は(かねてより懸念される大地震はともかく)、自然災害の比較的少ない広大な平野だからこそ、昔から人口も多く、都市機能も集中していたのだろうなあと、改めて思います。

クリックすると元のサイズで表示します 写真手前のプチトマト兄弟の”兄”の方を、昨日、息子に食べさせました。モタモタしているうちに実が割れて来たのです。私の育てたプチトマトを食べた感想を息子に聞くと、
「まあ、普通のプチトマトの味だね」
とのこと。う〜ん、正直なところ、もう少し感動してくれると嬉しいんだけど。

 ウチの息子は誰に似たのか、普段から味や匂いにうるさく、私の料理の味付けにも逐一コメントするし(しかも、なかなか手厳しい)、食べる前にいちいち匂いを嗅ぎます。見ていると、特に鼻をクンクン言わせるところは動物的。夫はそんな息子を見て、「(私はなこの)飼っていた犬の生まれ変わりなんじゃないの?」と言います(苦笑)。もし、そうだとしたら、よほど私のことが好きだったんでしょうね(って、自分の息子を犬の生まれ変わりと認めるのか?ですよねありゃ、ありゃ…)




2009/7/27  13:44

投稿者:管理人はなこ

みっちゃん、コメントをありがとうございます。

昨日も南風が強くて、また折れやしないかとヒヤヒヤでしたが、我が家のプチトマトは何とか持ちこたえてくれました。今朝もまた新たに色づいている実が幾つもありましたよ。後で写真をアップしますね。

みっちゃんのお宅のプチトマトはなかなか赤くならないとのことですが、追肥をしましたか?プチトマトは実がなりだしたら10日に1度の割合で肥料を適宜土に撒いた方が良いらしいですよ。私もなかなか赤くならなかったので、追肥したら一気に色づきはじめました。もちろんあまりやり過ぎてもダメなので、肥料を買う時に店の人に要領を聞いた方が良いかも。

みっちゃんのお宅は1階で育てているのでしょうか?それだと、いろいろな虫が寄って来ますよね。我が家はマンションのベランダで、コバエ?のようなものがプチトマト目当てに寄って来て、夫がオカンムリです。

バッタの食べるに任せている、と言うみっちゃんの大らかさ、私好きです(笑)。プチトマトも逞しくならざるを得ない?!

私が子どもの頃は父が特に動物好きだったせいか、多いときで猫5匹、ハムスター2匹にジャーマン・シェパード犬を1匹飼っていましたよ。犬は父の友人のアメリカ人が帰国する時に譲り受けたもの。結構精悍な体つきの大型犬でした。飼って10年くらいでフィラリアで亡くなってしまったのだけれど。家族の中では、私が一番世話をしていたんです。

2009/7/27  13:29

投稿者:管理人はなこ

sir_cryさん、コメントをありがとうございます。

プチトマト栽培、期待した以上に楽しいですよ〜♪特に最近は悲しいことが続いたので、土いじりと言うか、ちいちゃんが言われるように「植物の吐息」を間近に感じると、心癒されますね。我が家の男どもは結構ドライなので私に共感してくれず、プチトマトに大いに慰められている感じです。これが動物を飼っていたなら、動物に癒されていたのかもしれませんね。

パクチーは葉より根っこが重要なのですか?へぇ〜、それは知りませんでした。昔タイに行った時に、(独身時代に仕事を通じて知り合った)地元の知人に案内された水上レストランで食べたトムヤムクンにはパクチーの葉が沢山入っていました。これがなければ、やはりひと味足りないんでしょうね。

いつぞやの質問に答えて下さり、ありがとうございます。ゴルフのプレイそのものより、それに付随する懇親の場が楽しみなんですね。特にsir_cryさんは”人”が大好きですものね。それにしても人生を謳歌していらっしゃるなあ…

ゴルフと言えば、渡米4年の宮里藍がついに念願のLPGAツアー(エビアン杯)で初優勝を飾りましたね。彼女のこれまでの苦節を思うと、ゴルフなんて全然知らない私でさえ、涙腺が緩みました(笑)。

2009/7/27  13:12

投稿者:管理人はなこ

ごみつさん、コメントをありがとうございます。

たった2本の木なので「大収穫」はちょっと気恥ずかしいのですが、今朝の時点でついている実の数を数えてみたら30個近くありました。今度はいっぺんに5個くらい収穫できそうです。

息子の言葉は褒め言葉ですか…なるほど〜(^_^)。しかし私の成果と言うより、自然の賜物と言う感じですね!自然のなせる技には驚かされます。

2009/7/26  22:49

投稿者:みっちやん

はなこさんこんばんは、とまとちゃん元気に成長していますね(^−^)家のトマトは実をつけたもののなかなか赤くなりませんね〜おまけに葉は、小さいバッタが毎日の様に食べています  バッタも生きていく為には、食べないといけないし・・・なのでそのままにしてます
はなこさん犬飼ったことがあるんですね(*^_^*)

2009/7/26  22:08

投稿者:sir_cry

 日々、収穫の喜びに浸っておられるようで何よりです。
 我が家で栽培といえば、タイ料理の必需品パクチー(香菜)を発泡スチロールの函で栽培して、必要なときに葉をもいで来るくらいです。料理では本当は根っこの方が重要なのですが、とても料理に使えるような根っこは出来ません。

 ところで、先日のご質問;
「ゴルフで負けると、ストレス溜まりますか?」
 負けるよりも勝つほうが良いに決まっていますが、私はそれほど口惜しさを感じないので一向にうまくなりません。むしろ、商店街のグループなので色々な職業の裏話や愚痴話を聞ける楽しみの方が多いです。かつては、終ると帰路のそば屋等へ寄って”反省会”を開いていましたが、よく事故がなかったと思います。今は一直線に帰宅して車を置いてから<養老の滝>に再集合して、気兼ねなく飲んだり食べたり、次回の打ち合わせなどしていますが、私の楽しみにしているひと時です。



http://ameblo.jp/sir-cry

2009/7/26  21:32

投稿者:ごみつ

今晩は。

いよいよ盛夏!プチトマト大収穫の季節になりましたね!
植物が人間に癒しを与えてくれる様に、きっと愛情こめて話しかけることで、植物も元気に育つんだと思います。

息子さんの感想は、でも考えたら褒め言葉じゃない?だって、普通に売ってるのと同じ味ってプロの味って事だもの。!(^^)!

2009/7/26  15:14

投稿者:管理人はなこ

ちいちゃん、コメントをありがとうございます。

私は苗から育てているので、次々と実りだしたプチトマトに愛着もひとしおなのですが、家族は私の愛着ぶりが今ひとつ理解できないようです。

>やっぱ自然の息づかいは良いもんですね。

良いですよ〜♪与えられた環境の中で精一杯生きている様子に、とても励まされます。プチトマトの収穫も楽しみだけれど、植物の傍らでその息づかいを感じられるのは幸せ。

ちいちゃんのところのプチトマトは、これからのようですね。栽培者の励ましは、きっと植物に通じると思います。

2009/7/26  12:06

投稿者:ちいちゃん

うっわぁぁぁいっ!おめでとう!
美味しそうだなぁ〜。

やっぱ自然の息づかいは良いもんですね。

くそ〜っ。
わたくしのトマトちゃん達、
頑張るのだぞっ。
お母様がちゃんと食べてあげるぞい。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ