2009/7/21

自然礼賛〜プチトマト(13)栽培69日目  やさい栽培観察日記

クリックすると元のサイズで表示します第3号も収穫間近♪

 今朝も曇り空。気温もだいぶ低いようです。第2号の様子を見ようとベランダに出てプチトマトを見てみたら、第2号の傍らの実も大分色づいていました。これが第3号になりそうですね。2個一緒に収穫できたら、夫と息子の二人に食べて貰えるのに…第3号が熟するのを待って、ふたついっぺんに収穫しようかな

クリックすると元のサイズで表示します 枝の伸び具合でベランダの壁にぶつかったりするようになったので、鉢を左右逆に動かしました。今まで左にあった第2号、第3号の実も右側に移動です。さらに茎の生長に合わせて、左側のプチトマトの木は支柱に結わえる茎も変更しました。今まで支柱に結わえていたもの(←以前、強風に煽られて先が折れてしまった方)を外して、伸び盛りの茎を支柱に結わえました。高さを測ってみると、117p。7月3日の計測では1mに少し足りないくらいでしたから、18日で約18p伸びたことになります。あれっ?と言うことは1日1p?!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 葉の黄変も落ち着いたようで、今朝見た限りでは黄変した葉はありませんでした。遠目に見ると葉がスカスカに見えるプチトマトの木ですが、クローズアップするとそれなりに青々とした葉が密に茂っています。また、2本の内、右側のプチトマトの木は一見上部だけ葉が茂っているように見えるのですが、実際は根元近くから新しい葉が育っています。土は1日経てばすぐに乾いてしまうようなので、毎日の水やりが欠かせません。

 一方、元々トマトは厳しい気候風土のアンデスを原産とするので、水やりは控えめの方が、却って”実”に甘みが増すとの説もあります。そう言えば、砂漠や土漠のイメージの強い中東も果物の種類が豊富で、旬がハッキリとしていて、その果実は甘みが強く、ジューシィでした。水が貴重だからこそ、植物は必死に土中の水分を自らに取り込もうとしているかのようでした。






2009/7/23  0:20

投稿者:管理人はなこ

ごみつさん、いつもコメントをありがとうございます。

いやあ、このところのプチトマトの生長は目覚ましく、日ごとに、否、半日でも、新たな葉が出て、実の色に変化が出ています。

いよいよプチトマト軍団の隊長(兄貴)クラスも色づいて来ました!明日にでも写真をアップします。

2009/7/22  23:53

投稿者:ごみつ

今晩は。

わ〜、早い、昨日の今日なのに!
第3号も誕生したんですね。でも、見れば見るほどかわいいですね、プチトマって。

いや〜、でも一日に1センチも成長するとは、凄いですね〜。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ