2009/2/11

(2)レボリューショナリー・ロード〜燃え尽きるまで  映画(2009-10年公開)

クリックすると元のサイズで表示します


「青い鳥」に気づけなかった夫婦の物語

かの『タイタニック』以来11年ぶりの共演でも話題となったレオナルド・ディカプリオ×ケイト・ウィンスレットの主演作である。監督は舞台演出をキャリアの出発点に、初映画監督作『アメリカン・ビューティ』(1999)で米アカデミー監督賞、作品賞を受賞したサム・メンデス(ケイト・ウィンスレットの夫でもある)。その冷徹な人間観察に基づく人物描写は容赦なく、時に痛々しいまでに登場人物の心を丸裸にする。今回もその演出は冴えわたり、見る者の心に鋭く突き刺さるような葛藤のドラマが展開した。

【あらすじ】

時代は1950年代、米国は高度経済成長期を迎えていた。フランク(レオ)エイプリル(ケイト)は娘と息子の二児に恵まれ、コネチカット州郊外のレボリューショナリー・ロードと呼ばれる新興住宅街に小綺麗な住居も構え、傍目には幸せな中流家庭の暮らしを実現しているかに見えた。

しかし二人は現在の生活に、内心納得の行かないものを感じていた。かつて描いていた理想と現実のギャップに、悶々としていた。特に、女優を志したエイプリルにとって、「平凡な郊外での暮らしに埋没すること」は受け入れ難い現実だった。彼女は夫のフランクに訴える。「かつての私たちは輝いていた。私たちはここの住人の誰よりも優れている。このままでいいの?」〜そして、フランクの30歳の誕生日に、パリへの移住を提案するのである。

「思い切って貴方は仕事を辞め、自宅を売り払い、一家でパリへ移住する。パリでは貴方の代わりに私が国際機関で秘書として勤め、家計を支えるわ」〜エイプリルの突拍子もない提案に最初は戸惑ったフランクも、次第にその気になって…しかし、運命の歯車は思わぬ方向へと二人を導いて行く。

【感想】

辛辣な人物描写が印象的だ。登場人物全員が、悪人とは言わないまでも、その言動に何かしらの毒を含んでいる(キャシー・ベイツが登場した時点で毒を感じたのは配役の妙?)。他人の成功を妬み、失敗に安堵する。自分たちの幸福を、他人の不幸で相対化する。ここでは善意も友情も薄っぺらい。出る杭は、必然的に打たれるものなのだろうか。

ただし、人間関係も鏡のようなものだ。”自分たちは選ばれし者”と言う、主人公達の傲慢さや独善性が、周囲の悪意を呼び覚ましてしまったとも言えるのだ。彼らが優位に立つ限りは周囲も美辞麗句で賞賛するが、一旦ほころびが見つかるや、周囲は手のひらを返したように冷たく突き放す。強気であればあるほど、失敗には手痛いしっぺ返しが待っているのだ。

個人の上昇志向は、国勢も上向きだった時代にはそれほど珍しいことではなかったのかもしれない。”フランスに行きさえすれば道が開ける”とは暢気なものだ。数年間も専業主婦だった女性が、いきなり国際機関の秘書業務に就けるものなのか?そうした楽観主義も、”いけいけどんどん”な高度経済成長の時代の空気が生み出したものなのか?

しかし、過剰な上昇志向は、そうでない者には”鼻につくもの”であり、妬まれる要因にもなる。”現状に安住し、新たな一歩を踏み出せない、意気地なしの現実主義者達(←しかも、こちらの方がマジョリティ)”を、内心蔑んでいた主人公達は、その傲慢さが周囲の人間達には見透かされていたのかもしれない。

主だった登場人物の中でも、マイケル・シャノン演じるジョンの吐き出す言葉は、そのことごとくが真実を衝いて、主人公二人の心を掻き乱す。ドラマの中ではキー・パーソンとも言える存在だ。彼が登場する度に、見ているこちらまで緊張した。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、過剰な上昇志向がもたらした結果は、あまりにも哀しい。主人公達は既に確かにある幸福に気づけずに、さらなる幸福を求めて”外”を目指した。しかし、幸福とは”外”にあるのではなく、自らの”内”にあるものなのではないか。それに気づけなければ、どこまで行っても、いつまで経っても充足感は得られないと思う。

【気になったこと】

ヒロイン、エイプリルのチェーン・スモーカーぶりには驚いた。喫煙は彼女の苛立ちを表す重要な行為なのかもしれないが、それにしても凄い。調べてみると、1915〜1950年にかけて、米国では急激に煙草の消費量が増えたそうだ。当時は喫煙行為と健康被害の因果関係についての調査もなされておらず、喫煙は嗜好品として堂々と市民権を得ていたようだし、女性の社会進出とも関係があるのだろう。それでも彼女のチェーン・スモーキングは常軌を逸している。その異常なまでのニコチン依存は、彼女の精神的均衡の喪失を暗示しているかのよう。

【スピーチ・ライター】

オバマ米大統領の演説原稿を手がけているのが、若干27歳のスピーチ・ライターと報道されて驚いたばかりだが、そもそも私はスピーチ・ライターなる存在も知らなかった。実は、この映画の原作小説の作者、リチャード・イェーツは、当時の司法長官ロバート・ケネディのスピーチ・ライターだったらしい。演説の骨格はスピーカー自身が作るものだろうが、それに肉付けするのはスピーチ・ライターの役目のはず。さまざまなデータの裏付けを取り、社会動向を見極めた上で聴衆の心を掴むような内容にまとめ上げる。そういうスピーチ・ライターの仕事は、彼の小説作りにも大いに生かされたのではないかと想像する。特に時代の空気を読み取るのは、彼の最も得意とすることだったのではないかな?


『レボリューショナリー・ロード〜命燃え尽きるまで』公式サイト 



2009/2/18  8:32

投稿者:管理人はなこ

ごみつさん、こんにちは。

せっかくコメントを下さったのに、アップするのも遅くなってしまって。ごめんなさい。うっかりミスです。

レオとケイトは共演者として、本当に息の合ったカップル(コンビ)ですね。実生活でも二人が夫婦と錯覚してしまうくらい。実際、ケイトは撮影中、監督とレオのどちらが自分の夫なのか、分からなくなってしまったことがあったそうですね。

「タイタニック」のあの若かった二人が、役者としても大きく成長して、素晴らしい演技を見せてくれることは、映画ファン冥利に尽きますね。二人とも、いつオスカーを受賞してもおかしくないですね。演技力、容姿、情熱の三拍子が揃っていますから。

大人のドラマ、楽しんで下さい。

本当に、こんな私にお付き合い下さり、ありがとうございますm(_ _)m。



2009/2/12  22:58

投稿者:ごみつ

今晩は。

私、てっきり、映画を見に行きたくさせる、テクニックなのかと思ってました。(汗)
すみません、大丈夫ですよ。いずれきっと見てみようと思ってますし。
「タイタニック」コンビの演技を見るのもとても楽しみです。

見捨てるなんて・・、くっついて離れませぬ〜!(笑)

2009/2/12  9:20

投稿者:管理人はなこ

ごみつさん、コメントをありがとうございます。

実は続きを昨日書こうと思っていたのですが、休日で在宅の夫が仕事で終日パソコンを使用していた為書けませんでした。(あれを書こう、これを書こうと)構想は既に練っているのですが。

《タイム誌》が選ぶ「英語小説ベスト100」にも選出されるような、しっかりとした原作をベースに作られた映画なのですが、サム・メンデス監督の卓越した演出力と、ケイトとレオの熱演(本当に見応えがあります!)もあって、「一般に、小説の映画化は原作を超えることが難しい」と言われながら、素晴らしい作品に仕上がっています。本作の主演でケイトは主演女優賞を受賞しましたが、レオもケイトに勝るとも劣らない迫真の演技です。お薦めです。

あいにく今日は午前中が病院で定期検診の為、午後は美術館での研修の為、記事の続きは書けそうにありません。ごめんなさい。こんな私を見捨てずに待っていただけたらと思います。

2009/2/12  0:17

投稿者:ごみつ

今晩は。

ありゃ〜、こんなところでストーリーを切られると、気になってしまうじゃないですか〜。(笑)お話の続きが知りたいです。

この映画、サム・メンデス監督作品だったんですね。私、「アメリカン・ビューティー」と「ロード・トゥ・パーディション」も見ましたが、どちらも良かったです。

最近のレオ様の作品としては、珍しい役どころの様な気がしますが、いかがでしたか?
私も見に行きたくなりました〜。



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ