2009/2/6

かんぽの宿、オリックスへの譲渡問題  はなこのMEMO

宿泊・保養施設「かんぽの宿」のオリックス不動産への譲渡問題。どうやら鳩山総務相の物言いから、ついには野党まで動き出して、この件は白紙となるようだ。

しかし、しかし、一国民として腹に据えかねるのは、そもそもこうした不採算事業(年間40〜50億円規模の赤字!)を、どうして適正な事業計画もないまま日本郵政公社の前身、郵政省は始めたのだろうねえ?そのことの責任追及なしに、譲渡手続き問題だけが大きく取り沙汰されるのが腑に落ちない。

郵政省がこの「かんぽの宿」事業に投入した資金は、元を辿れば国民の預貯金だよね?その投資が回収できないこと自体、とんでもないことだ。民間企業なら考えられないことだよ。投資額に見合うだけの利益を上げることもできない事業に多額の資金を投入するなんて?!なんて大甘な需要予測なんだろう。

官主導の事業の問題点は、損益をあまりにも考えなさ過ぎること(社会にとって、それがどうしても必要なものならともかく)、失敗した場合に誰も責任を取らないことだと思う。昨日で就任1年を迎えた大阪の橋下知事も、関西国際空港の大幅赤字に関して、官の経営感覚の無さを指摘していたけれど、まったくもって、この無責任体質には怒りを覚えてならない。世界有数の経済大国が、こうした杜撰な事業の数々で、世界有数の借金大国に成り下がり、貧困国に向かって転がり続けている。

息子が卒業した、築50年のボロボロの小学校の校舎(今、地震が起きたら、ひとたまりもないぞ!)を見ながら、「この国は誰の為にあるのか」と溜息をつくばかりだ。

【参考サイト】
↓私が常々愛読している貞子さんのブログには、この件に関して以下の通り興味深い記事があった。一体、何が真実なのか?(ちなみに貞子さんはアルファブロガーです)

霞が関と邦銀大手が敵視、「かんぽの宿のオリックス」は庶民の味方



2009/2/9  0:47

投稿者:管理人はなこ

SirCryさん、コメントをありがとうございます。

退職官僚の天下りの”ワタリ”や、大型施設建設事業に絡む利権の問題には根深いものがあるようですね。いつぞやの報道によれば、公的年金制度が開始されることが決まった時、当時の担当官僚が「これで厚生省(当時)にも、天下り先が確保できた」と言う主旨の手記を残したのだとか。「国をより良くする為に職務を遂行する」といった志はないのでしょうかね。それとも官僚組織の中で働くうちに高邁な初志は変節してしまうのでしょうか?もしそうだとしたら、すごく残念なことです。

人間は大金を日常的に扱いだしたら、金銭感覚は間違いなく麻痺してしまうようです。昔、海外旅行から帰国後、しばらく海外へ行く予定がなかったので残ったTCを円に両替しようと某大手銀行の横浜支店に行ったところ、管理職らしき男性行員が「ちぇっ、こんなはした金(を両替するのかね)」と吐き捨てるように呟いたのが、私は未だに忘れられません。そんなこと、客の前で言うかね?

空港建設問題も茨城県や静岡県は問題山積のようですね。開港しても採算が取れないのは日を見るより明らかだとか。関空も開港以来巨額の赤字続きで、しかも今年の春からは大幅減便だとか。逆に古くからある伊丹空港は増便。元々騒音問題解決の為に伊丹空港を閉鎖する目的もあって関空を開港させたはずなのに、監督官庁の運輸省(当時)が90年代に入って、伊丹空港を存続すると方針転換したのが、関空のジリ貧を加速させたと言われていますね。

本当にどれだけ国民のお金を湯水の如く無駄遣いしたら気が済むのでしょう?

あらま、今度はチュニジアに行かれるのですか?チュニジアと言えば、確か19世紀にフランス、ロマン派の画家ドラクロワが北アフリカを旅して、帰国後多くのオリエンタリスム絵画を描いています。それが印象派のルノワールにも影響を与えたんですよ。SirCryさんはチュニジアで何をご覧になり、何を発見するのでしょうか?何はともあれ、お体に気をつけて楽しんでいらして下さい。土産話楽しみにしております。

2009/2/8  18:34

投稿者:管理人はなこ

ketchup36ozさん、コメントをありがとうございます。

ketchup36ozさんが指摘しておられる点も気になるところですが、やっぱり最初からこのような余計なハコモノを、加入者からお預かりした保険料を使ってわざわざ作ったりしなければ、現在のような問題も起こらなかったのではと考えてしまうのです。

厚生年金でも似たようなことがありましたよね。お役人は、国民から預かったお金を何だと思っているのか、と言う疑問が常にあります。

2009/2/8  15:57

投稿者:sir_cry

 確かに損益を考えない官営事業の破綻は誰が責任を取るのでしょう?
 しかも、そういうところは必ず天下りの理事長などがいて巨額の報酬と退職金を食い逃げしている筈です。背任罪で追求することは多分不可能なのでしょう。そんな矢先、麻生首相はまた郵政民営化の見直しなどと言い出していてどうしようもありません。
 更に、地方の赤字空港も航空会社は嫌がっているのにまだ増やそうとしているようです。余程、利権がからんでいるのでしょう。

 怒っても何しても、庶民の手の届かないところで、日本は崩壊の一途を辿っているみたいです。

PS.私事ですが、10〜17日、チュニジアへ行って参ります。無事戻りましたら?又、書き込ませて頂きます。
 

http://ameblo.jp/sir-cry

2009/2/8  15:47

投稿者:ketchup36oz

そもそも小泉政権下で規制緩和の旗振り役を担っていたのが…宮○さんでしょう。
結局は自分の会社への…っていう構図が透けて見えてしまうのですから…

http://ameblo.jp/ketchup36oz/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ