2006/2/26


クリックすると元のサイズで表示します
このビルの外観デザインが好きです。
矩形と曲線の組み合わせ、金属とガラスとコンクリートの
量感のバランス、林立する複数のビルの絶妙な距離感。
計算され尽くした美しさと面白さがある。
中の1階ロビーにも大胆な仕掛けがあって驚かされる。
水や石といった自然物とガラスを多用した建物との対照に
建築主や設計者の拘りを感じます。


所用があって、上の写真のビルに行ったら、
面白いことに気付きました。
そのビルは1階ロビー中央が
大胆な吹き抜けになっていて、
それを囲むように、定食屋やカフェなどがある。
2階に仏資本のTullY’s、その下には和製のドトール。
2階にある事務所で用を済ませ、
休憩にカフェにでも入ろうと思った私。
2階のTullY’sは満席だったので、階下のドトールへ。
別に私としては拘りなどなく、空いていればどちらでもOK。
しかし、ドトールに入り、飲み物とスナックを注文して
席についてから、途端に後悔の念が。


煙いんです(×_×)。紗がかかったように煙い。
とにかく店内はスモーカーばかり。
それほど広くない店内にタバコの煙が充満して、
タバコの煙が苦手な私は今にも窒息しそうなほど。
目もショボショボ(T.T)。
店に入った時点で気付けば良いものを、
店員の立っている注文カウンターしか見ていなかった私。
できるだけ煙の届かない端の、
そして換気できる入り口に近い席に座り直したのですが、
来る客来る客皆、飲み物を手に座席に着くや、
タバコの火を点け始め・・・努力?も虚しく、
私は四方をスモーカーに囲まれてしまいました。

で、ハタと気付いたんです。2階のTullY’sと、
こちらのドトールの違いを。
TullY’sは外国人客が殆どで、こちらドトールには
日本人客しかいないことを。
このビルには外資系企業が多く入っているらしく、
多くの外国人(特に欧米人)を見かけます。
その外国人達はTullY’sを専ら利用している。
そこでタバコを吸っている人など皆無でした(禁煙店?)。
今や欧米では公共の場での分煙が徹底しているし、
知識階層ほど喫煙はせず、身体も鍛えているらしい。
逆にドトールには日本のチェーン・スモーカーが
集合したのではと思うほど、タバコを片時も手放せない
人ばかりでした。
喫煙をするしないは個人の自由と理解しつつも、
「でも食べる前くらい、タバコはやめようよ。
味覚が狂うから」と私は思う。

喫煙派と非喫煙派とで、しっかり棲み分けが
なされていたのですね。
そそくさとドトールを出て、改めて1階と2階の
対照的な店の様子に見入ったのでした。



2006/4/8  15:16

投稿者:管理人はなこ

他の所はわからないのですが、うちの近所のバス停には
最初から吸い殻入れは設置されていませんでした。
住宅街の中を走っている路線で、バス停のポールが
立っているだけのバス停。吸い殻のポイ捨てが酷いので、
バス停に面したお宅の方がやむなく
空き缶を置いていたのですが、健康増進法が施行
されてからは、それも撤去されました。
だからウチの地域では、元々バス停での喫煙はダメなのです。
しかし、撤去したら道端に吸い殻をポイポイ捨てている。
掃除しているのは直接吸い殻で迷惑を被るお宅です。
ウチの近所の喫煙者はサイテーです。
携帯吸い殻入れくらい持てよ、という感じです。
ベランダと言えば、ウチのお隣さんも
ご夫婦共ヘビースモーカーで、
お隣が玄関やベランダ側の窓を開けると、
タバコの匂いがすごくて気分が悪くなるほど。
小さいお子さんのいるご家庭なんですが。
ご近所だから文句など言えず我慢しています。
今度夫が当番で管理組合の副理事長になりました。
ホント大変ですね。管理組合のお仕事は(>_<)

2006/4/8  0:20

投稿者:int

街中であろうが建物内であろうが、吸殻入れがそこにある限り喫煙者はタバコを吸います。バス停に灰皿がある限り、禁煙はあり得ない話。数年後には全面撤去になるでしょうからそれまでご辛抱下さい>非喫煙者の皆様。マンションのバルコニーでの喫煙でも、隣接する部屋の人から「煙が流れ込む」と苦情を申し立てるケースも多く、自治会長さんも頭が痛いとか。騒音、ペットの苦情に加え、ゴミの出し方、管理費や駐車場使用料未納の督促まで、役員さんや理事の方、みんなボランティアなんですよね、持ち回りとは言え、誰にでも出来る仕事ではありませんね。
と、話はあらぬ方向へ・・(爆)

2006/4/6  9:23

投稿者:ふたたび 管理人はなこ

いつだったか、バス停に
「バス停での喫煙はご遠慮ください」
という注意書きの紙が貼られていたのですが、
何度も誰かに剥がされたり、
これ見よがしに破り捨てられたりが続き、
バス会社も諦めたみたいです。
確か健康増進法でバス停での喫煙は禁じられている
と思うのですが、そういう禁止事項に対して
「ご遠慮ください」は甘過ぎると思います。
この言い回しは、これに限った話ではないけど、
日本独特?の婉曲表現なんだろうけど、
どうも相手の良識に期待し過ぎているというか…
良識が元からないから、禁じられた場所で喫煙するし、
吸い殻もポイ捨てするんだろうに。
期待しても無駄だって。
喫煙者すべてを敵視するつもりはなく、
一部のマナーの悪い人が嫌いなのと、
非喫煙者が煙の心配なしにくつろげる飲食店が、
私の身近にはなかなかないことが残念なのです。

2006/4/6  8:02

投稿者:管理人 はなこ

ほんま、亀レス・タートルズでんな(爆)。
一応健康増進法に則って、今時のカフェなどの飲食店は、
分煙はしているとは思いますが、仕切りもなしに
同じ部屋でエリア分けしているだけなら、意味ないです。
私は身近に喫煙者がいないので、紫煙がとっても苦手。
昨日行ったお気に入りのカフェも、
禁煙席は入り口の2席だけで、窓側の特等席は喫煙席。
ここはケーキがおいしいので気に入っているのですが、
客の殆どが喫煙者なので、混んでいるときは
たとえ空席があっても諦めます。
女性の喫煙者の増加は、社会進出とも関係があるのでは?
例えば一人暮らしで帰宅後ひとりになると、
何となく手持ちぶさただから喫煙するようになったって、
かつて喫煙していた友人が言っていました。
ただ、喫煙は血管を収縮させるので肌にも良くないし、
将来出産する可能性を考えると、特に女性には
けっして勧められるものじゃないですね。
って、私が言っても誰も聞いてくれないと思うけど。
せめて子供が小さいうちは、
子供の前では吸わないで欲しいですね。
紫煙を吸わされる子供がかわいそうだから。
マナーの悪さは私が住んでいる地域も負けまへんで〜。
ちっとも自慢にならないけど。
バス停なんか吸い殻だらけで、それを片付けているのは、
その前の家の人。何度もバス会社の方に苦情を入れて
いるようだけど、何ら改善の様子なし。
このままだといつかバス停が撤去されるぞ。
マナーの悪い喫煙者のせいで。

2006/4/5  13:01

投稿者:int

おひさ(笑)
ドトールもタリーズも行きつけのカフェ。
ドトールは近いから(徒歩5分)。タリは雰囲気とここだけにしかないお気に入りのパンがあるからです。両店ともに喫煙スペースがあり(ぼくも喫煙者)、分煙機能はしっかり果たされています・・とは言うものの、匂いはどうなんでしょう・・これだけは非喫煙者でないと正しい評価は下せませんが。大阪は東京に比べて禁煙に対する取り組みは大きく遅れています(街中やビル、建物内全般で)し、マナーも断然悪い。かと言って店内全面禁煙にすると大阪では客の入りは、たちまちガタ落ちに・・。禁煙が進む一方で女性の喫煙が増えているのは意外な気もするのですが・・特に若い女性の喫煙。昼食代ケチって300円のタバコを買う女心・・ようわかりまへん(笑)、って、何書いてんだか(爆)

コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ