2008/4/7

以前から気になっていたこと〜門外漢のつぶやき  はなこのMEMO

 柔道女子48s級の谷亮子選手。昨日の北京五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選抜柔道体重別選手権大会で、山岸絵美選手に2度の有効を取られての完敗。それでも「コーチ陣は谷に太鼓判を押している」という理由で、北京五輪の代表に選ばれた。確か、世界選手権代表選考会でも谷選手は決勝で敗れたのに、代表に選出されたのではなかったか?

 一応谷選手は世界選手権優勝という結果は残したが、「選考会での勝敗に関係なく代表に選出される」となればこれは出来レース(新聞には「消化試合」とあった)と言ってもよく、他の選手がとても気の毒だ。他の選手は選考会で優勝しても代表に選ばれないとなれば、一体何を目標に頑張れば良いのだろう?「過去の実績を勘案して」と言うのならば、最終選考会は何の為にあるのだろう?たとえ谷選手がベテランの勝負強さを発揮して北京五輪で金メダルを獲得したとしても、他の選手のモチベーションは下げ止まらないような気がする。これでは谷選手の後に続く選手が育たないと思う。

 谷選手の黄金時代が続く間に、長期的に見れば日本女子柔道界は凋落して行くのではないか?18年間も第一線で活躍し、前人未踏の実績を残した谷選手。柔道史に名を残す名選手であることは誰も否定すまい。素人目には選手としてもう十分にやり遂げたように見えるのだが、彼女自身はまだ選手としてやり残したことがあるのだろうか?柔道という「道」を極める方法は、何も第一線で戦い続けることだけではないような気がするのだが。

 名選手だからこそ柔道界全体のことを考え、その将来を展望した新たな道を模索して欲しいと願うのは間違っているのだろうか?以前から谷選手の試合後のコメントがいつも自己陶酔型なのが気になっていたが、それは図らずも彼女の内面を端的に表しているのだろうか?俳優で、世界最高の武道家のひとりでもあるジェット・リーがかつてインタビューの中で「武術の技術を極めて9段、それを越えた10段とは精神性を高めることにある」と語っていたのとは対照的である。「無我の境地」とは谷選手ほどの名選手を以てしても到達は容易ではない、ということなのだろうか?

 コーチ陣も谷選手を腫れ物に触るように扱ってはいないか?彼女には誰も物を言えないのか?「お家芸は常勝せねばならない」と言う至上命題に囚われすぎて、過去に実績のある谷選手を別格扱いで重用し続け、ポスト谷の育成をおろそかにすればどうなるのか、誰も心配ではないのか?若手を「生殺し状態」にし、「女王谷の君臨する時代に選手になったのが運の尽き」と諦めさせるつもりなのか?日本柔道界に清新さが感じられないのは、こうした代表選考の不透明さにも原因があるのだと思う。せめて選考基準をもっと明確にしないと、若手選手はやりきれないよ。



2008/4/13  8:21

投稿者:ketchup36oz

はじめまして。
TBをさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

http://ameblo.jp/ketchup36oz/entry-10087254048.html

2008/4/9  23:13

投稿者:管理人はなこ

素敵な笑顔はドイツ人にさらわれてしまいましたね。世界レベルの彼女と対等に付き合える日本男児はいなかったのでしょうか?

プロ・テニス界には一度引退後、或いは長期休養後、復帰した選手が何人かいますが(モニカ・セレスやマルチナ・ヒンギスなど)、何れも圧倒的な強さを誇っていたかつての輝きは取り戻せませんでした。伊達公子さんはどうなのでしょう?SirCryさんのご心配はごもっともかと思いますが、自らの名声獲得よりもテニス界全体の活性化を目的とした彼女のチャレンジを是非応援してあげましょうよ!結果よりもその心意気を、私は評価したいです。

アマチュア・スポーツであっても、オリンピック・レベルとなると、選手はさまざまな利権に絡め取られるようになるのでしょうか?ロス・オリンピックの頃からオリンピックの商業主義が顕著になり、開催都市はオリンピックを一大ビジネスとして捉え、企業もオリンピックに積極的に関わっている。これはもう周知の事実だから、一般市民もオリンピックに対して純粋なアマチュアリズムは期待しないし、かつて程の熱い思いでオリンピックを見てはいないのでは?

どんな競技であれ、代表選考の在り方に人々が異を唱えるのは、それが公正さを欠いたもので社会正義にもとるからであり、長期的視野に立てば、そのことが競技の衰退を招くことが誰の目にも明らかだからでしょうね。不公正さは一般社会でもまかり通って、「正直者が馬鹿を見る」社会になっています。今や多くの人々は社会の在り方に対して盲目ではなく、現状に嫌気しているのは明らかで、それを訴える術も持っている。後は行動するだけ。既得権益の側にいる人はそのことに気づいていないか、気づかないフリをしているのか?

2008/4/8  10:53

投稿者:Sir Cry

私も谷選手の選抜には疑問を持っていました。これでは研究努力して彼女に勝った選手が可哀相です。同じことが卓球の福原選手にも言えます。彼女もいつも準決勝位で負けても選抜されます。理由は、国際競技は別で慣れているからだそうです。国内でいくら人気がって協会にとって集金力があったとしても、世界では通用しませんし、後進の進歩を阻むことになります。
 大昔の話になりますが、水泳の古橋選手が落ち目なのに過去の実績を重視してオリンピックに出して惨敗したことがありますが、日本の体育界の
体質は変わらず、世界レベルから益々取り残されてゆくような気がします。

 伊達公子選手の復活、私は彼女はテニス・プレイヤーとしてではなく、女性として大ファンでした。特にあの笑顔は魅力的でした。復活は嬉しいことですし、後輩を育てようという意気にも感心しますが、ファンだけに逆に老残をさらさなければ良いがなと心配しています。

http://ameblo.jp/sir-cry


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ