2008/3/9

深大寺と神代植物公園へ行って来ました  散歩の記録

京王線調布駅やつつじケ丘駅、JR中央線三鷹駅や吉祥寺駅からバス便利用で訪れる人が多いと言われる深大寺神代植物公園ですが、我が家は京王線柴崎駅を起点に野川沿いの遊歩道を歩く所要予定時間1時間余りのコースで向かいました。実際は途中迷ったり、食事したりで、3時間あまりの散歩になりました。

クリックすると元のサイズで表示します のどかな風景が広がる野川の遊歩道。
桜並木が続くので、の季節はさぞかし見事なのでしょうね。野川も清流でした。

ガイドブックの地図を参考にしながらの散歩ですが、宅地造成等で地形が変わっているのか、またもや迷ってしまいました(これは散歩の常。もちろん迷うのもまた楽し♪)。途中、同じ道を行きつ戻りつしてやっと辿り着いた水生植物園。
ふぅー…入り口近くのベンチに腰掛け小休憩です クリックすると元のサイズで表示します 

次は深大寺。深大寺は東京都内では浅草寺に次ぐ古刹とか。思ったよりはこじんまりとした参道と境内。浅草寺のような押すな押すなの混雑はありませんが、吉野梅郷とセットのバスツアーの観光客等もいて、そこそこの賑わいを見せていました(…て、肝心の深大寺の写真がない(^_^;))。

クリックすると元のサイズで表示します 深大寺と言えば…

クリックすると元のサイズで表示します やはり門前そばですね!嶋田家の天ざる

昨年の吉野梅郷の「梅の内」の天ざるは絶品でしたが、こちらもなかなかイケます。
普段いかにマズイそばを食べているのかがわかる!!
天ぷらが3品とは、はなこ的には少し物足りないのですけれど…
食いしん坊、万歳

深大寺から神代植物公園へはすぐそこ。園内は四季を問わず楽しめる多様な植生で、今はが見頃です。名残の椿の花も。
梅園は花盛り♪その枝振りは浮世絵の世界そのまま クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 梅花は清楚な感じが好き!もしかしたら桜よりも好きかも

広大な園内は見所がいっぱい クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

もちろん1年を通して花を楽しめる温室もあります。こちらはベゴニア睡蓮に多くのスペースを割いているように見えました。ベゴニアの花のなんと華やかなこと! 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

うららかな天気で、散歩日和でした。これからますます散歩が楽しい季節の到来ですね♪
散歩は季節を肌で感じることができます。そして旬を楽しむことは、自分が自然の一部であることを実感させてくれる。普段自然から離れた生活を送っている人間(自分)には、自然と触れ合う貴重な時間と言えるでしょうか。

神代植物公園公式HP
深大寺について(ウィキペディア)



2008/3/22  23:55

投稿者:管理人はなこ

gontaさん、コメントをありがとうございます。私のブログが思いがけない人々に読まれているのですね。楽しんでいただけているなら幸いです。

息子は野川沿いを散歩しながら、
「すごくノンビリした所で、住んでいる人は幸せそうだなあ」
と言っていました。我が家のある街は交通至便なところですが、自然が少ないからでしょうか?

今日は気象庁から桜の開花宣言が出されましたが(靖国神社の基準樹に6輪が開花したのを確認して、とのことですが、どういう基準なんでしょうね)、美しい桜を楽しむ季節がいよいよ到来ですね。今日は上野に行ってきましたが、つぼみが目一杯ふくらんでいる状態でした。ちなみに我が家の近所では木蓮の街路樹が花盛りです。

今後ともよろしくお願い致します。

2008/3/21  14:51

投稿者:gonta

はじめまして・・・。
いつも大変楽しく拝見させていただいてます。

深大寺、お楽しみいただけたようですね。地元住人にとってとても嬉しい情報です。正直言って住むには少々不便なエリアなのですが、この周辺の緑が気に入って引越ししてしまいました。

柴崎駅から徒歩というのは賢い選択、というか“通”の選択です。
ここの遊歩道はこれから多分1ヶ月間くらい大変な賑わいになります。
ぜひ、桜の時期にもお出掛けしてみてください。今年はどうなるかまだ情報ありませんが、川沿いのある1箇所を照明関係のプロの方がボランティアでライティングしてたりしますよ。

またお邪魔させていただきます。

http://88gonta88.jugem.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ