2007/10/19

(40)クローズド・ノート  映画(2007-08年公開)

クリックすると元のサイズで表示します
せっかくの熱演を自ら台無しにすることないのになあ…
騒動の展開を見るにつけ、自虐的ともとれる沢尻エリカの言動に
何だか痛々しささえ感じる。



 主演の沢尻エリカの舞台挨拶での不遜な態度が物議を醸し、映画評論家からの評価も芳しくない本作ですが、私は見て良かったと思っています。

 物語の展開に多少甘さがあろうとも、また、この物語に2時間超は冗長感が否めなくとも(笑)、ロケーションの魅力(京都他の情緒溢れる風景と登場する建物のレトロな味わいなど)、映像の美しさ、各キャストのキッチリとした仕事ぶり、単なる恋愛ドラマに留まらない、ひとりの人間の成長物語としての清々しさなど、十分見応えがありました。

 絵画・彫刻作品がそうであるように、作品と鑑賞者の関係は個別のもので、そのふたつの間に他者の客観的評価が割り込む隙はなく、創作物としての欠点も気にならない程その作品に感銘を受けたのであれば、その作品は鑑賞者にとって「評価に値する作品」であり、「心に残る作品」でもあるのかな。本作はそんなことを感じさせた1本でした。

《キャストについて》
 竹内結子の希有な清潔感は、彼女以外に「伊吹先生」役は考えられないことを印象づける。伊勢谷友介は彼の全ての出演作でその存在感を見せつけ、次回作への期待を膨らませる。永作博美は地味な役柄ながら、要所要所で印象的な言葉を放つ。彼女の絶妙な「間」があっての、際だつセリフの生命感。味のある女優になったなあ…。沢尻エリカは厚化粧を落とした方がずっと美しいと思う。顔も心も余分なものをそぎ落として、そのド根性で「女優道」に邁進して欲しい。

真摯で清楚な輝きを放つ竹内結子 クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します 得難い個性の伊勢谷友介、要注目

ワンクリックいただけたら嬉しいです(*^_^*)⇒



2007/10/22  16:20

投稿者:管理人はなこ

わかこさん、こんにちは♪

秋は四季の中で最も好きな季節です。目にも舌にも体にも優しい季節ですから。うだるような暑さで思考停止状態にあった脳が機能を回復して、アンテナの感度もビンビンになるような(笑)。

わかこさんは”落葉樹の気分”ですか…(笑)。

主役を演じる女優さんて見た目はどんなに女らしくても、その実、男勝りの性格で、芯が強くて負けず嫌いな人が多いように感じます。そうでなきゃ生き馬の目を抜くような芸能界では生き残れないだろうし、多くの人が関わり、その生活を支える映画の主役なんて張れないでしょう。

でも、その”素”の部分を露出せずに、見た目のイメージを壊さないのも演技(仕事)の内だと思うんですよね。その点、沢尻エリカはまだまだ”子供”だなと思います。”子供”に対する所属事務所の躾けもなっていない。現状は主演女優としての自覚が足りなさ過ぎる。

女優として大輪の花を咲かせるか、プッツン女優として消えるかは、今後の彼女の頑張り次第ですね。個人的には消えないで欲しい。優等生キャラ(それも事務所が戦略的に作り上げたイメージなんでしょうけど)の女優だけでは映画もつまらないですから。

2007/10/19  15:47

投稿者:わかこ

こんにちは! はなこさん、まさに実りの秋ですねー
アタック25に、陶芸に、それから?それから^^?
私は収穫というより、生活を見直し
余計なモノ&お付き合いを揺り落としたい落葉樹の気分です(笑)

沢尻エリカは『パッチギ』が素だと思っていたので
そのギャップにぶったまげましたが、それでこそ名女優ですよねー 
その才能を伸ばしてほしいと思います。
私も中学2年の一年間は、あんなでしたよ^^;
竹内結子の離婚の仕方もスパッ!とお見事。
先の楽しみな現代日本女性ですね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ