2007/9/18

韓国周遊〜7つの世界遺産を巡る(9)  韓国周遊旅行(2007年夏)

クリックすると元のサイズで表示します

 3日目。旅も後半に入った。実はこの日から天気に恵まれず、終始雨に祟られた。屋内見学は皆無だったので、ずぶ濡れになりながらの観光だった。正直なところ観光どころではなかった(苦笑)。

 儒城のホテルでの朝食は一般的なビュッフェ・スタイル。久しぶりに朝食で牛乳やフルーツジュースを飲んだ感じだ。ずっと伝統的な韓国料理が続いていたが、ここで一休み。キムチもお休み。何となくお腹がホッとした(笑)。出発前にロビーで寛いでいたら、軍服姿の男女が数人集まって来た。多国籍だ。風貌と言葉から韓国人とフィリピン人と米国人か。合同軍事演習か会議でも行ったのだろう。長閑な温泉地にはおよそ似つかわしくない軍服だが、朝鮮半島が南北に分断されて以来、軍事的緊張はずっと続いているということなのだろう。

 さて今日は大田市から一気にソウルまで北上だ。午前中に水原華城、華城行宮、韓国民俗村、午後に江華山城観光というスケジュールになっているが、時間は移動に殆ど費やされて強行軍は目に見えている。それに追い打ちをかけるように降ったり止んだりの雨。亜熱帯地方のスコールを思わせるような雨は日本でも珍しくなくなったが、韓国も同様なのか。地球温暖化の影響を感じずにはいられない。

 高速道路を2時間余り走っただろうか?やっと最初の目的地水原華城(スウォンファソン)に到着。ここは18世紀末に李氏朝鮮22代正祖(チョンジョ)王が築いた、周囲5.7qに及ぶ城塞だ。正祖王は、政争に敗れ非業の死を遂げた父(荘献世子)の為に、その陵(墓)を楊州から水原郊外に移した。その後、父の眠る場所に近い、八達山の麓にあたる現在の地への遷都を目指したが、完工直後に王が病死した為遷都計画は中止され、華城は幻の都となってしまったらしい。

 華城の建設には、高名な学者2人の尽力と37万人もの労力と17年もの歳月が費やされたと言う。ヨーロッパの建築技術を取り入れた設計で、城郭の築造に石材とレンガを併用している点が特徴的だ。朝鮮戦争時に一部が破損・焼失したが、1975年から5年の歳月をかけて修復・復元され、築城時にあった48カ所の建築物のうち、現在も41カ所を見ることができるらしい。

 1周するにはゆうに2〜3時間はかかるとされる華城を、悲しいかなパッケージツアーの私達はさわりの部分を見るだけである。しかも雨で足下も悪く、その優美な風景を堪能するにはほど遠い状況だった。「それでも来た記念に」と写真を何枚か撮るので精一杯。以下はその貴重?なショットの一部。
城壁沿いに空心墩と呼ばれる建築物 クリックすると元のサイズで表示します 
空心墩とは、兵士が中に入って敵を見渡せるように作られた望楼の一種で、は華城の最も特異な建築物のひとつと言われる。内部通路は螺旋状になっており、その構造から「サザエ閣」とも呼ばれるらしい。 
■いつかはこの方のようにゆっくりと観光してみたい(*^_^*)⇒水原(スウォン)観光

クリックすると元のサイズで表示します 城壁から遠くに市街地を望む

韓国の国花ムクゲ。日本でも庭木や生垣で見かける身近な花? クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します 水原華城全体図(リーフレットより)

 実は雨と同じ位手強かったのが中国からの団体ツアー客だった。たまたま居合わせると彼らの口角泡を飛ばす勢いのおしゃべりで、ガイドさんの解説も何度となく中断を余儀なくされるほどだった。見学中の人の前を遠慮会釈なしに団体で横切るなど、とかくマナーの悪さには閉口した。昨年末に長崎のハウステンボスでも同様の憂き目に遭ったのを思い出した。中国は改革開放路線の結果、富裕層が100万人から200万人に倍増したと言われる。その彼ら新興富裕層が海外旅行を楽しむ時代が到来したというわけだ。そうした経緯もあって、彼らの旅先での振る舞いは、洗練にはまだ程遠いのだろう。かつての日本もそうであったかもしれないから、このことで彼らのことは笑えないが…にしてもなあ…(涙)。



2007/9/30  9:55

投稿者:管理人はなこ

わかこさん、おはようございます。
 ブログ記事にしては長め(=敬遠されがち)の私の記事を、丁寧に読んで下さっているのが窺えるわかこさんのコメントは、とても嬉しいものです。そして私の知らない世界へも導いてくれる数々のお話、楽しく拝読しております。今後共、どうぞ宜しくお願い申し上げますm(_ _)m。

 歴史に関する文献資料を繙くと、朝鮮半島は地続きであるが故に、絶えず蒙古の襲来に脅え、中国という大国の支配に自尊心を傷つけられて来たようですね。別の場所でも書きましたが、近隣の大国に翻弄される小国の悲哀は、古今東西を問わず人間の歴史で繰り返されて来ている。大国(=覇権国家)に隣接する小国は、常に侵略支配の脅威に晒されているということなのでしょう。そうした国々でことさら強調される宗教の優位性や民族(優越)意識(国粋主義?)は、その脅威から自らのアイデンティティを守る為の精神的支柱なのかなと思います。どんなに小さな国、地域にもプライドはあるが故に。(以上のことはもちろん我が国日本にも当てはまることです)

 大陸から見れば、島国というのは”格下”なのでしょう。それなのに近世以降、何度となくその島国に不遜な態度を取られた。さらにWWU以後も朝鮮戦争の勃発で、復興は島国日本に大きく遅れを取った。しかも皮肉なことに、WWU直後の朝鮮半島をさらに疲弊させた朝鮮戦争が、所謂”朝鮮戦争特需”を生み出し、日本経済の戦後復興に寄与したとも言われている。韓国から見れば許し難いことなのかもしれません。優れた商品とは国境を越えて人々に愛されるものですが、憎き?日本から正規の手続きでそれを取り入れるのは、商標権料の問題以前にプライドが許さないのでしょう。韓国における日本製品のコピー商品の氾濫は、日韓の複雑な愛憎関係を如実に顕わしている現象のように思います。

2007/9/28  13:49

投稿者:わかこ

はなこさん、こんにちは!

お返事など、どうぞお気遣いなく^^ 勝手に言いたい放題させていただき恐縮です;;

韓国は、漢方を自国の世界遺産に申請しようとしている程の国ですから、多種多様の伝統茶も、西洋のハーブティーのように親しまれているものだと思います。(世界遺産申請については中国が猛反発)

しかし、もう「生茶」のコピーが出回っていたのですか。早っ! 韓国のコンビ二は、日本製品のパクリ商品博覧会みたいでしたよ。日本を憎悪しているのはずなのに解せません。現代自動車の米国向け広告も相撲を起用していましたし、今年行われた米国の消費者調査で、現代自動車を多くの米国人が日本車だと信じていた結果も頷けます。

茶道のお点前には、和物扱いと、格上の唐物扱いがあります。高麗伝来のお茶碗も唐物扱いになるのが自然だと思いますが、解釈も人それぞれみたいです;;

利休が、>進取の気性に富んでいた のは、南蛮貿易の拠点として繁栄を極めていた堺の商家に生まれ育ったからでしょうね、、、。

茶室は全て「静物」によって整えられますが、唯一、花だけは生物なんですよね。季節の象徴みたいなものです。私は華道も長いことやりましたが(最後まで相性が×でしたが)、生け花は、花を「生ける」と言いますが、茶道では、花を「入れる」といい、装飾、技巧的なことを嫌います。千利休いわく、「花は野にあるように、、、」。茶花と生け花の相違は、まさに似て非なるもの、と思いました。

にじり口は、利休が秀吉の為に考案したという説もありますね。利休は信長の茶頭でしたし、新興武士達が武士の教養、たしなみと、競って茶の湯に走ったことを思うと、少し秀吉が不憫になります(私如きが〜ゴメンナサイ)。本来、茶道はお武家様のものでしたが、今は、女性がほとんどです。にじり口で何をはずすのか、面白いです^^

2007/9/26  9:42

投稿者:管理人はなこ

こんにちは♪返信が遅れまして申し訳ありません。

旅行中、なぜか韓国のお茶を楽しむ機会は殆どなかったように思うのですが、韓国の人々があまり作法や固定観念に囚われることなくさまざまなお茶を楽しむというのは興味深いですね。どういった文化的背景があるのでしょう?先般テレビで、韓国に氾濫する日本製品のコピー商品を目にする機会がありましたが、その中にキリンの「生茶」のそっくりなパッケージの韓国製ペットボトル入り緑茶がありました。それを今回の旅行中、韓国のコンビニなどで実際に買いましたが、ロッテ社製でしたね。韓国では元々緑茶を飲む習慣があまりなかったというのは意外です。

茶の湯で朝鮮の器が格上というのは、やはり秀吉の時代に日本に連れて来られた朝鮮人陶工によって、陶芸の高い技術が日本に伝えられた歴史に由来するのでしょうか?秀吉と懇意であった千利休はおそらく最も早くに朝鮮伝来の器に触れた茶人と想像されますね。利休は進取の気性に富む人だったのかなあ…彼が貴族の出ではなく商家の出であったのがポイントでしょうか?

やはり茶道と華道は一体となって楽しまれるものなのでしょうか?かつて見た千利休の伝記映画(記憶違いかもしれませんが)で、利休がさりげなく庭に咲く花を一輪挿しに挿したシーンが思い出されます。わかこさんは風雅な時間の過ごし方をさてれいるのですね。

京都の建仁寺の庭で利休の高弟が作ったと言われる茶室を見ましたが、門外漢の私には不思議な作りでした。特ににじり口なんて独特ですね。権力者の秀吉でさえ、にじり口で頭を下げなければならなかった、というのが痛快と言うか、そうまでして茶道に傾倒した秀吉の心中はどんなものだったのだろうと想像します。

2007/9/22  10:36

投稿者:わかこ

韓国のお茶に詳しい訳ではありませんが、日本人が緑茶ひとつ取っても、味、香り、色、産地、ビタミンC&D他の含有率などトコトン探求するのとは違い、韓国では、ゆず茶をはじめ菊茶、紫陽花茶など果実や花のお茶の種類が非常に多く、その日の体調に応じてお茶を楽しんでいるように思われました。日本の茶の湯のように、お点前を楽しむ(コチコチキリキリ苦しむ?!)のは中々理解され難いかもしれません。

韓国の国花むくげと、芙蓉は同じアオイ科の花ですが、千利休は芙蓉を非常に好んで茶花に使ったそうです。芙蓉を活け、九州・唐津のお茶碗で抹茶をいただくと韓国の侘びた町並みが目に浮かびます^^ 

韓国人(特に女性?)は飲食時にも片膝をたてて座りますが、千利休も片膝を立ててお茶を点てるお姿の掛け軸が残っています。堺の方ですから、朝鮮を訪ねたことがあるのでしょうね。

2007/9/21  23:34

投稿者:わかこ

韓国にも「韓国茶道」がありますが、日本茶道と酷似していて、植民地時代の名残と思われます。最近は、韓国の一般庶民も緑茶を飲むようになりましたが、ついこの間迄は、非常に高級な嗜好品、薬湯と考えられていました。茶道にしろ、書道にしろ、「道」と付く韓国独自の芸術には、まだ出会っていません。

日本の茶道では、朝鮮のお茶碗は日本の物より格上とされ、私の習っている流派ではお点前も格上の扱いになります。千利休は、初めて茶道に侘びたお道具を使った茶人ですが、当時の朝鮮を想わせる物が殆どなのですよね。凄く不思議です。

バブルの頃、韓国の陶磁器を日本の茶人達が買いあさり、茶碗一つがとんでもない価格につり上がりました。なので、今となっては良い物は目の保養ばかりの旅となりました。

2007/9/21  19:05

投稿者:管理人はなこ

わかこさん、こんにちは♪
いつも、コメントをありがとうございます。

日本にも「旅の恥かき捨て」という表現があるくらいですから、旅先で
「周りはどうせその場限りの付き合いの他人ばかりだから」
と、ハメを外し過ぎてヒンシュクを買う人が昔からいたのでしょうか?
或いは、空気を読めない人が自分のやり方を旅先でも押し通したり…
郷に入りては郷に従え(When in Rome,Do As The Romans Do)という言葉もありますから、古今東西、旅先での振る舞いをたしなめられる人が多いのでしょうね。かつて日本がそうだったように、中国でも団体ツアー中心の旅行から、経験を重ねて個人旅行が増え始めたら、自ずと旅行者のマナーも向上するのでしょうか?

すご〜く初歩的な質問なのですが(^_^;)、韓国に茶の湯を楽しむ文化はあるのですか?台湾の茶道?は最近ブーム?のようですが。

韓国の文化遺産、特に建築物は戦災で破壊されたものが多いせいか、今回の旅で見聞した限り、沖縄の首里城のように近年復元された物が多いような気がします。今回は「世界遺産を見る」という明確なテーマの旅だったので、逆にわかこさんのように自由に街を散策することはできませんでした。次回機会があれば、ソウルの街中を散策してみたいです。

旅行記は、観光情報に関してはできるだけ誤りのないよう、文献資料などで調べながら書いています。そのせいか、書くのに結構時間がかかります。その時々に感じたことの記憶が薄れないうちに、書き上げなければと正直焦っています。わかこさんのような読者の存在を励みに、頑張ると致しましょう(^_^)。

2007/9/20  14:51

投稿者:わかこ

はなこさん、こんにちは^^

客室乗務員の知り合いが、ステテコになってくつろぐ日本人のオッサンに出くわし閉口していました。日本もまだまだ、、、ということは、この先何十年中国人のマナーの悪さに付き合わなければならないのでしょうかね。

私は韓国では、シルクの貫頭衣や書道展、筆店、茶道具になりそうなモノなどを見て回りました。建物は、壮大かつ精巧な建築物よりも、土壁の崩れたような民家が連なる侘びた町並みなどを散策しました。なので、今更ながら、はなこさんの旅行記で、韓国に海外旅行に行った気分(?)に浸っています^^


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ