2007/1/22

(4)『不都合な真実』(AN INCONVENIENT TRUTH)  映画(2007-08年公開)

大学時代から地球温暖化について注目して来たという
ゴア元米副大統領。そのゴア氏が地球温暖化問題の啓蒙の為
世界各地で精力的に行っているスライドトークの模様に、
時折、氏の評伝(その生い立ちから現在まで)が挟み込まれた
ドキュメンタリー。エコ・サンデーの昨日、家族で見て来ました。

元々、本作中のスライドトークは米市民に向けてのものなので、
正直言って「これは地球温暖化問題とは直接関係ないだろう」
と思える発言もあった(民主主義礼賛や共産主義云々など)。
同様の意味で、ゴア氏の評伝も一部(大統領選敗北の映像等)
蛇足な気がした。少し感傷的過ぎるかな。

それに地球温暖化の問題は人類だけでなく、
地球上のすべての生物の存亡に関わる問題だ。
「あなたの子に、今ある地球環境を残そう」という訴えは、
(よく聞くスローガンではあるけど)人間中心主義の傲慢に思えた。
たぶん、そういう訴えかけが啓発に最も効果的
という戦略なのだろうけど…

私達人類は、地球に巣くうガン細胞なのかもしれないなあ。
そもそも地球を短期間にここまで痛めつけたのは人類なのだから。
特に現代人の私達。

とは言え1000回以上、回を重ねて来たと言うだけあって、
そのトークは実に見事だ。科学的データをよどみなく提示し、
図解も多用、時にはアニメや大仕掛けのパフォーマンスで笑わせ、
説得力十分、かつ分かり易い。さらにエンドロールでは、
よくもまあ、これだけのメッセージを思いつくものだ
と感心するほど、具体的で、実効性の高い提言が
次々と映し出されていた。どれも参考になるものばかりだ
(私自身すでに実行していることも幾つかあった)。

地球温暖化の問題をこれほどわかりやすく
コンパクトにまとめた学習教材はないと思う。
地球温暖化について興味のある方、ない方に関わらず、
地球の危機的状況をご理解いただくために、
是非ご覧いただければと思う。

(因みに私が足を運んだTOHOシネマズでは、毎回満席だった。
おそらくこんなことは、このシネコンが開業以来
初めてのことではないか。)

ともあれ、地球温暖化阻止の為に今日から自分でできることを!
と思わずにはいられない映画である。

【当ブログ内での関連投稿記事】

拡大路線は止めるべきなのだろう…
映画『不都合な真実』が500円で見られるぞ
『不都合な真実』余聞



2008/4/1  23:43

投稿者:管理人はなこ

さるおさん、元気いっぱいのコメントをありがとうございます(笑)。

今更言うのもおこがましいのですが、さまざまな情報が溢れる中で何を取捨選択するか、どう自分の生活の中で生かすかが問われていますね。権威やレッテルに惑わされずに、自分の頭でシッカリと考えた上で受け止めるよう私も心がけたい。

はとバスのクリスマス・ミステリー・ツアーは昨年初めて参加したのですが、想像以上に充実したプログラムで楽しかったですよ。さるおさんも機会があれば参加されてみてはいかがですか?ツアー価格は1万円前後です。これは妥当な線でしょう。やっぱり安いツアーはそれなりです。バスツアーには「安かろう悪かろう」が当てはまると思います。

2008/3/31  18:57

投稿者:さるお

さるおです。
来てくださってどうもありがとーう。よろしくお願いします。

> さるおさんなりの見方があって良いですね。

なんでもかんでも不勉強なさるおですが、嬉しいっす。

> 冷静な目で見ること、自分の頭でじっくり翻訳し直すこと

おっしゃるとおりだなぁ。自分の頭で自分の理論を組み立ててみる、最
低限そうでなければ"考えた"ことにはならないですね。この作品は衝撃的
だったとともに、あらためてその衝撃だけに流されないようにと思い直
させてくれました。頭使ってよく考えなくちゃ。

ところで、はなこさんが行かれたクリスマス・ミステリーツアーってゆ
ーやつ、さるおがものすごい行きたいやつだぁーっ!

http://kooks.seesaa.net/

2007/3/18  16:28

投稿者:Kirk

 コメントとトラックバックありがとうございました。
 地球温暖化の問題、もっと一般的にいうと環境問題の難しさは、その問題を引き起こしている主体が一番金儲けをしているし、政治的にも力があるし、生活水準も高いことではないでしょうか。
 いざ問題を緩和していこうと思うと、資金も政治力も必要なので彼らの協力が必要なのですが、結局協力してもらいながら彼らの金儲けを制限し、快適な生活を少しずつあきらめてもらうことになりそうです。
 そのためにも、日本にも古来からある人類の思想・哲学をしっかり教育していくことが大事だと考えます。特に、「もったいない」と「惻隠の情」がキーワードのような気がします。
 「『不都合な真実』余聞」の記事、拝読いたしました。参考になりました。ついでに調べましたら、ブログ上で「地球温暖化問題はまやかしか」、「地球温暖化問題より先に取り組むべき地球規模の問題がある」などについて、結構厳しい議論がなされていることが分かりました。もっとも、私はゴア派ですが…。
 最後に、映画館の夫婦割引がなくなるとしたら、寂しい限りです。
 では、今後もよろしくお願いします。

http://kirk-monologue.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_bf55.html

2007/2/2  17:59

投稿者:管理人はなこ

関さん、違う記事の欄にコメントされていたので、改めて関連記事の当欄に再掲させていただきました。悪しからずご了承ください。

物事には完璧なものはなくて、個々によって割合には違いはあるものの、長所と短所の両方を併せ持っているものなのかなあと思っています。

発電方法にしてもそうでしょう。かつての石油ショックの反省もあって、発電方法はひとつに依存せずに幾つかの方法に分散されていますよね。たとえ短所があっても、それを上回るメリットがあると国が判断しての、現在の発電方法だと思います。

ところで関さんが、さらに失望するようなニュースが伝わっています。1/27付サンケイ・エクスプレスによれば、米国西部の公立小で『不都合な真実』を理科教材として上映しようとしたところ、”「(温暖化対策に消極的な)米国を非難するような偏見に満ちた映画を子供に見せるな」と親から抗議のメールが地域の教育委員会に送付され、これを受けた教委が「地球温暖化のように科学的にも議論の分かれる問題を教材で扱う場合は事前の承認と、異なる見解の紹介が必要」として、上映を中止させた”そうです。
”教委の見解に対し「地球温暖化を教えるのに否定する見解を出してバランスを取る必要があるのか」などの疑問も寄せられた”そう。

この記事を読んでまず思ったのは「難しい国なんだなあ…米国は」。とは言え、これでは言葉足らずで、この記事に関しては改めて、当ブログ記事で取り上げたいと思います。

2007/2/2  15:58

投稿者:関 澄

不都合な真実 を見てきました。1日のサービスデイのせいか満員でした。花子さんのおっしゃる通りゴアさんの語りは話芸の域に達しているようでした。我が家は7年前からトヨタのプリウスですし、夫は温暖化にはならない電力を作っていました。それはそれでまた別の問題はありますが・・・。メリーランドで温暖化防止の運動をしている友人に拙い英語でメールするよりあの映画を見たよと言いたくて見ました。世界のリーダーを自認するアメリカがこんなにも恥知らずに問題を無視できるほうが驚きです。

2007/1/26  18:10

投稿者:管理人はなこ

ロイさん、こんにちは♪

ロイさんのブログを訪問の際に、やっぱり他の方のレビューが気になって、それぞれのサイトに飛んでみました。私も時々参考にさせていただきますね。

2007/1/26  14:54

投稿者:ロイ from 週末映画!

コメントありがとうございました!

早速、観に行こうと思います。
『ダーウィンの悪夢』は今まで知らなかったのですが、これも見てみたいです。情報ありがとうございます。

文章力がないので皆さんのようにブログで感想は書けませんが、知り合いに薦めたいです。

これからも参考にさせてもらうかもしれませんが、よろしくお願いします。

http://postpsych.cocolog-nifty.com/movies/2007/01/post_422d.html

2007/1/25  15:58

投稿者:わかこ

同感です! 私のも読み流して下さーい^^

先進国と言っても、ミニクイ電柱のニョキニョキ生えた狭い街中を、「そこのけ、そこのけ、お馬が通る」と云わんばかりに、大量の排気をさせながら行く大型乗用車は、格好悪いです。この持ち主は、きっと心貧しく育ったのだろうなぁと思ってしまいます。

茶道も一歩中に入れば本音と建前があり、モノと欲の渦巻く虚飾の世界の感有りです。しかし、季節感を大事にすることから、大宇宙の中の小宇宙である「私」を感じることができ、月と太陽に代表される陰と陽のバランスをお道具を通して教えられたりします。はなこさんの仰るとおり、やはり「バランス」が大切ですね!

2007/1/25  13:51

投稿者:管理人はなこ

わかこさん、こんにちは♪(書き続けているとキリがないですが、まあ読み流してください)

確かに最近の暗く陰惨なニュースには目も耳も塞ぎたくなります。大同小異な内容を朝昼晩と繰り返し流していたりする。ヒステリックな報道が続く時は、私もテレビニュースを見ません。NHKでさえ最近おかしい時がある。

こういう傾向が強まったのはやはり某新興宗教団体が起こしたあのとんでもない事件以来でしょうか?日本のテレビ・ジャーナリズムは、あの事件以来、悪い意味で変わってしまいました(それなのに、いまだに見続けている私が悪い、と夫は言います。しかしたまには良い取材もあるのです)。

映画もあまりにも辛く重い内容が続くと心が苦しくなるので、ホッとするようなもの、明るい希望を描いたもの、頭を空っぽにして笑えるもの、ミュージカルなど感性に激しく訴えるものが見たくなります。

要は”バランス”なのかなと思います。常に正負のバランスをとりながら生きる。わかこさんが茶の湯に傾倒されているのも、まさしくバランスを取る行為と言えるでしょう。人間に与えられた”生き抜くための知恵”と言えるでしょうか?

先の投稿の自動車の件ですが、ハリウッドのレオがハイブリッドカーを率先して乗るなど、環境への配慮の姿勢を鮮明に出しているように、日本でも環境負荷の低い車を選択することが格好良い、賢いという価値観が浸透すれば良いのにと思います。無駄に大きな車は、この狭い国土の殆どの一般家庭では無用の長物です。

2007/1/24  20:47

投稿者:わかこ

こんばんは^^

私も東京在住で、免許は持っていますが、車の必要性は感じません。いずれ一戸建てからマンションに引っ越すつもりなので、その時手放すと思います。主人は車が好きみたいなので、どう反応するか分かりませんが、今年還暦なので、運転技術も若い時のようにはいかないですよね。

お妹様、本当にお気の毒です。



『デイ・アフター・トゥモロー』は知っていますが、見ていないんです。その昔、映画少女だったのですが、重い映画からは段々足が遠のいてしまいました。今、自分に問うてみましたら、ストレスは実生活で充分!?なんて。疲れているのでしょうか。理不尽なニュースや映画などを見ると、怒りでどうしようもなくなります。茶道などで「禅」に触れていなかったら、自分を抑えられなかったと思います。大人げなくてすみません;;


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ