2006/12/12

佐藤ゆかり議員  はなこのMEMO

野田聖子議員の自民党復党で、
佐藤ゆかり議員が激高している。

当初は造反議員の復党を認めた自民党の
節操のなさに呆れたのだけど、
”造反議員”にしてみれば、
それまで選挙区で地道に当選を重ねて来たのに、
郵政法案反対と言っただけで党から追いやられ、
選挙に刺客まで送り込まれたのは理不尽な仕打ちとも言える。
(それでもなお「自民党恋し」と出戻る造反議員は、
やっぱり「寄らば大樹の陰」なのか。これはこれで情けない。
一匹狼では無力という仕組みが出来上がっていることも問題)


佐藤ゆかり議員はかつては証券業界で活躍していたようだけど、
ご主人が同じ会社だったと言う知人から聞いた話では、
社員時代からその饒舌と勇猛ぶりは有名だったそうだ。
しかし今回の造反議員の復党問題?での、
彼女のドタバタ(ジタバタ?)ぶりは尋常ではない。

そもそも議員は企業に就職するのとはわけが違う。
知人のご主人が現職の市議会議員だけど、
来年の改選に向けて今から戦々恐々としている。
その方は某党の大物国会議員の秘書を長年務め、
前回の選挙で初当選を果たしたばかり。
党のバックアップもしっかりしているし、
ご本人も地道に活動しているようだが、
それでも当選確実とは言えない。
ことほどさように、議員の身分とは不安定なものなのだ。

ましてや佐藤議員は落下傘候補。
岐阜とは縁もゆかりもない人。
特に保守的な土地柄だと言われる岐阜で、
どれだけ”ヨソ者”が受け入れられるのか?
彼女が自分の権利を声高に主張すればするほど、
吠えれば吠えるほど、
「昨日の敵は今日の友」と余裕の発言をする(やっぱりしたたか!)
野田議員の株は相対的に上がるような気がする。

佐藤議員も実は孤高の人なのかなあ…と思う。
こうした場合の振る舞い方を適切にアドバイスしてくれる
参謀が不在なのか、或いは人の話を聞かない人なのか?
何れにしても、 (マスコミの報道の仕方にもよるけど)
現在の彼女は分が悪い。

よくよく考えてみれば、自民党の内輪もめに過ぎない話で、
この一件をことさら騒ぎ立てるのもおかしな話なのかもしれない。
マスコミの取り上げ方も「ザ・女の主導権争い〜政治家版」
とでも言いたげな、見せ物(キワモノ?)的扱いで、
彼女らを小馬鹿にしているとしか思えない。

特に佐藤議員はご自分の今の顔を、鏡でご覧になった方がいい。
人相は図らずもその人の”今”を映し出しているはずだから。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ