2005/12/8

テーマ読書:日本の階層社会化現象について  読書記録(本の感想)

クリックすると元のサイズで表示します

ここ数年、新聞・テレビ報道等で取り沙汰されている、
日本の階層社会化について興味があります。
普段の生活では別段意識することがなくても、
日本社会には遙か昔から階層は存在していたのであり、
それが最近になって顕在化した、クローズアップされた
だけなのかもしれません。


私は映画を見ることが好きで、映画を通して関心の幅を
広げることも少なくありません。
映画はただ楽しむだけでなく、かつてシェイクスピアが
「芝居は時代を映す鏡」と言ったのと同じく、
映画も時代を映す鏡で(つまりは時代を経て、表現媒体が
変わっただけのこと)、作り手が発信するメッセージ、
映画が映し出す映像、映画の中で描かれる物語の背景等に
社会の在り方がしっかりと反映されているのを感じます。

例えば今年公開映画のヒット作のひとつに挙げられる
『チャーリーとチョコレート工場』。
一見子供向けのファンタジーの体裁をとりながら、
描かれているのは、産業革命時代以降の大量生産、
大量消費、効率重視、拝金主義の社会なのだと
見てとることができる。

原作者ロアルド・ダールはイギリス人で、グラマー
スクール(英国の公立高校にあたる)を卒業後、
18歳でシェル石油の社員としてアフリカに渡り、
第2次世界大戦では戦闘機のパイロットとして活躍。
戦後はアメリカに渡り作家としてデビューし、
O・ヘンリーやサマーセット・モームと並び称される
短編の名手として名を馳せた人らしい。

公立のグラマースクールを卒業後すぐに就職ということは、
彼が比較的下の階層の出身者であることを意味します。
その彼がイギリス時代に経験したこと、見聞きしたものは、
まさしく『チャーリーとチョコレート工場』の主人公
チャーリーが見たものだったのではないか?

中東駐在時代、たまたま友人夫妻がイギリスに駐在しており、
飛行機で5時間程で行ける距離であったことから、
我が家はイギリスへ数度渡航し、ロンドンと
エジンバラを拠点に、イギリス各地を旅しました。
あくまでも旅行者としての滞在でしたから、見たものは
イギリス社会のごく表層的なもの。一旅行者の目には、
大英帝国の遺産で豊かな文化を有した国と映りました。

その英国が階級社会の最たる国であることは有名な話。
そこで、日本社会の急激な階層化が今後社会の在りように
どのような変化をもたらすかを見るケース・スタディとして
イギリスの階級社会について知ることが一番の早道だと考え、
書店で見つけたのが以下の本。

何か新しいことを学ぼうと思ったら、とっかかりとしては、
今百花繚乱の時代を迎えた新書が入門書としては最適。
それぞれの分野の一線で活躍する書き手が、
万人向けに平易な文章で著してくれています。
値段が比較的安価でコンパクトなことも嬉しい。

●『しのびよるネオ階級社会〜”イギリス化”する日本の格差
(林信吾、平凡社新書、2005)
在英10年以上に及んだジャーナリストの著者が見聞し、
体験したイギリス階級社会の実相。
在英日本人の実態にも容赦ない観察は興味深い。
以下芋づる式に、関連図書を読み漁って行きました。
●『下流社会〜新たな階層集団の出現
(三浦展、光文社新書、2005)
●『「家族」と「幸福」の戦後史〜郊外の夢と現実
(三浦展、講談社現代新書、1999)
●『若者が社会的弱者に転落する』
(宮本みち子、洋泉社新書、2002)
●『行儀よくしろ』(清水義範、ちくま新書、2003)

この10年間、特に子供をターゲットにした、
社会的弱者(社会全体で守らなければならない存在)を
狙った犯罪が後を絶たない。
これは現代日本社会が抱えた病理とも言えます。
かつてアメリカ映画「羊たちの沈黙」の中で描かれた
猟奇的殺人事件に衝撃を受けましたが、それが今、
現実のものとして私達の社会に突きつけられている。

こうした事件の数々も、社会の在り方の反映なのです。
人間が社会的動物であるということは、凶悪事件を
引き起こした犯人達を育んだのもまたこの社会なのだと、
言わざるを得ないのではないか?
その犯罪の原因をただ単に、犯人の生い立ちや特殊性に
帰納するのではなく、私達が帰属する社会の在り方から
見直さないことには、個人の自助努力による自己防衛には
限界があり、根本的解決には至らないような気がします。

特に注目するのは、1962年以降出生の世代の閉塞感。
埼玉の連続幼女殺害事件の宮崎被告、新潟少女拉致監禁の
佐藤被告は共に1962年生まれ。某教団?の上祐も然り。
彼らが生まれ育った時代以降の一体何が問題なのか?


しばしば日本の従来の価値観が根底から覆された
契機として、第二次世界大戦の敗戦が挙げられます。
現代の日本が抱える病理の原点はどこにあるのか
探る手だてとして、この時代をまず見直してみたい。
そこで、以下の本を買ってみました。
●『あの戦争は何だったのか〜大人のための歴史教科書
(保阪正康著、新潮新書、2005
●『国家の品格』)(藤原正彦著、新潮新書、2005)





2006/1/14  15:36

投稿者:管理人はなこ

コメントは書き直しがきかないのが玉にキズ。↓で「人材として有用性」は、正しくは「人材として”の”有用性」ですね。悪しからずm(_ _)m。

2006/1/14  15:34

投稿者:管理人はなこです

新聞のちょこっと先を行く、という感じです(自画自賛)。私が日本には人材という財産がある、と書いてしばらくして、日経の朝刊1面で、「ニッポンの力」という連載記事で、シニアや団塊世代の人材として有用性が書かれています。今日(14日土曜日)はなんと(^_^)主婦ですね。種明かしとしては、マスメディアで取り上げられていることを自分なりにまとめて、感じたことを書いているからでしょうね。

2006/1/8  10:32

投稿者:にゃま


びっくりしたのは、はなこさんビンゴって気分でです。すごーい。ってな感じかな。書評紹介を書く人は、私にとっては、「プロ」ではなこさんは、「アマチュア・普通の人」って認識でした。自分が、知らないだけで当たり前のことって、ありますよね^^。世間が狭いと自分でも思ってます。
以前、近所の書店に上記の本を探しに行ったとき、平積みになってなくて、「バカの壁」を手にしたわけで。
今は、「下流社会」読んでます。

2005/12/25  23:55

投稿者:はなこさん

どうして、びっくりされたのですか?たぶん、今や書店によっては、この2冊は並置されていると思います。私はたまたまテーマ読書ということで、『しのびよる〜』を手始めに、次々と関連図書を著者索引や巻末の「参考図書」や新書棚ウォッチングで見つけて、読んで行きました。新書は書き下ろしで、書かれている内容も著者も旬だから、情報も新鮮ですね。雑誌より内容にはまだ深みもある。世の中の関心事を知るには格好の媒体です。オススメします、新書コーナーの定点観測。
我が家も以前は朝日と日経の2紙を購読しておりましたが、今は日経1紙のみです。経済的な理由もありますが、新聞を精読するタイプなので、疲れるからということもあります。
私は私で、今朝「サンデー・プロジェクト」という番組で、生涯現役をテーマとして、各地でシニアや団塊世代の人材活用をレポートしているのを興味深く見ました。地方行政単位では、きちんと今ある資源を有効活用する試みが、既に一定の成果を上げているのですね。

2005/12/25  22:16

投稿者:にゃまさん

あれ、投稿したのに消えちゃった??

今日の朝日に、「下流社会」と「しのびよるネオ階級社会」が紹介されてました。って書いてたの。

2005/12/25  22:12

投稿者:にゃまさん

今日の朝日新聞朝刊に「下流社会」と「しのびよるネオ階級社会」が、野口武彦氏によって紹介されたました。ちょっと、びっくりしました。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ