2006/8/29

キンキーブーツ("Kinky Boots"英国)  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

まず、「キンキーブーツ」とは何ぞや?と思った。
"Kinky"には@変態の、性的に倒錯したA奇妙な、変わり者の
という意味があるようだ。
直訳すれば”変態のブーツ””奇妙なブーツ”となるが、
一般にエナメルにスーパーヒール
(ヒールがとにかく高い!でも元々足が長いからバランスはOK!)
のセクシーブーツを指すそうで、別名”女王様ブーツ”!!
とにかくこの変態…もとい女王様ブーツが、
映画の重要なアイテムなのであ〜る。


一言で言うとこの映画、個人のアイデンティティの問題に
『プロジェクトX』の企業再生物語を絡めたような作品。

「結局人間の考えることは洋の東西を問わず同質なものが多いね」
〜宗教、神話、発酵食品の発明etc…〜という私の言葉に、
「所詮DNAレベルでは同じ”種”ですから、
考えることに大差はないんですよ」
と知人が返したのを思い出した。
確かに、興味・関心だって似通っている。

Drag Queen、性同一性障害、中小企業再生、都市と地方の対立…
何だか洋画・邦画を問わず、最近何度も耳にした言葉、主題だ。

クリックすると元のサイズで表示します

個人のアイデンティティの問題だって新しいようで、
実はけっして新しくはない。
自分は何者か?今の自分は本当の自分なのか?
古今東西で、自意識の強い人間なら
誰もが抱えていた問題なんじゃないか?

本作でも、主人公は恋人とのロンドンでの新生活を取るか、
故郷に戻って父親が遺した靴工場を建て直すべきか悩む。
―自分がいるべき場所はどこなのか?

もうひとりの主人公とも言うべきDrag Queenも、
幼い頃から自分自身の性に対し違和感を覚え、
伝統的価値観でその自分を否定し続けた父親との葛藤に
苦しんでいた。
―自分のあるがままを受け入れて欲しい。

と言っても、けっして深刻な悲壮な物語ではないのです。
英国流のウィットとユーモアが随所に散りばめられた、
ハートウォーミングなコメディ&サクセスストーリー。
実話に基づいた物語というのもミソ。
後味はいたって爽やか。美男美女が登場せず、
登場人物達の鈍臭さ加減も個人的には好みである。

何となく先の読めるストーリ展開とも言えるけど、
迫力あるパフォーマンスシーンを見せてくれた
キウェテル・イジョフォーの熱演は賞賛に値するし、
潰れかけた会社が、スキマ(ニッチ〜この言葉が劇中
やたら出て来ます)
市場に目を転じて
活路を見出して行く様は小気味よく、
何だか自分まで励まされているような気がしてくる。

「楽しい映画を見て元気になりたいな」と思う方、
オススメです。

ところで「トランス-」って今の時代を象徴するキーワード
なのかな?
境界線を越える。固定観念から逸脱する。
偏見を払う。いつまでも旧来の枠組みに囚われていると、
時代から取り残されてしまうような気がする。
コメディでありながら、あまり笑えなかったのは、
観客の一部がやたらとDrag Queen絡みの話で大笑いすること。
確かに夫の言うように「映画を見て笑うこと」は大切だけど、
その大笑いの底に”偏見”や”蔑み”が感じられたんだなあ。

『キンキーブーツ』公式サイト

【ひと口メモ】

■主人公の故郷であり、靴工場があるノーサンプトンは
ロンドンから鉄道で1時間の中部イングランドの地方都市。
靴作りで有名な歴史のある町なんだそうだ。日本でもお馴染みの
高級紳士靴メーカーがあるらしい。職人の町なんですね。
そこにも国際化の波が押し寄せて来る。
職人の手によって丁寧に作り込まれた一生モノの靴が、
東欧の安価な粗製濫造品に圧されて、市場シェアを失う。
どこかで聞いたような話です。

■3月にロンドンを旅した時に、
ロンドン在住者から聞いた話が印象的だった。
「ロンドンは英国にあって英国ではない」
最初何のことか意味が飲み込めなかったのだけど、
地下鉄に乗っても聞こえて来るのは英語ではなく、
様々な国の言葉。どん欲にさまざまな国の人々を、文化を
吸収して、絶えず変化・成長する街なんだな。
そこでもひときわ新陳代謝が活発なSOHO地区。
そこでDrag Queenのローラは生きている。正に輝く女王様。
ローラを演じたキウェテル・イジョフォーは、
アフリカ系移民として初めてロミオとジュリエットの
舞台に立ったことでも有名。革新をもたらすのは、
往々にして外来者、異端者なのかもしれない。



2006/10/29  10:47

投稿者:管理人はなこ

ケントさん、こんにちは♪
TBありがとうございます。

ホント、見終わった後に幸せな気分になれる、後味爽やかな
作品でしたね。

ローラ役のキウェテル・イジョフォーは、私が見ただけでも
『ラブ・アクチュアリー』
『インサイドマン』
『堕天使のパスポート』
『フォー・ブラザーズ〜狼達の誓い』
で好演していました。どれもオススメの作品です。
見ていないものではスピルバーグ作品の『アミスタッド』も。

2006/10/28  20:50

投稿者:ケント

こんにちは、TBさせてください。
おかしなタイトルだが、中身は模範的かつオーソドックスな楽しい映画でした。
ローラ役の人、女装するとホントに生き生きしてましたよね。

http://kurakent85.cocolog-nifty.com/blog/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ