2006/7/28

スーパーマン・リターンズ(試写会にて)  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

何を隠そう私はアメコミの映画化作品が全般的に好きなので、
この作品も”それなりに”楽しめました


何の義理があってスーパーマンは、アメリカや地球のために
ここまでしなきゃいけないんだろう?と思いながら、
彼の献身的な働きに見入っていました。
どんな危機にあっても、どんな悪に対しても、
スーパー・パワーで立ち向かって行く。
スーパーマンは、アメリカという国が思い描く
自身の理想像なのではないか
、なんて思いました。

しかし、理想と現実は違う。
現実は〜
何を以て悪と定義づけるのか?が難しくて、
その判断は独善的になりがちなこと、
そして自分は決してスーパーマンではないことを
自覚するのは、かなり難しいことなんだろうなあと、
アメリカという国を見て思う。

映画は時代の空気を多分に反映するものだと思うので、
今なぜスーパーマンなのか、ということを考えると、
アメリカという国の”今”が見えてくるような気がします。

【出演者について】

ケイト・ボスワース 

あっ、この名前聞き覚えがあるなあと思ったら、
オーランド・ブルームの彼女じゃないですか!!
2003年に衣料ブランドGAPのCM撮影で知り合い、
交際をスタートさせた二人。
途中、『エリザベス・タウン』で共演したキルスティン・
ダンストとオーランドとの熱愛報道も出るなど、
何度か危機が囁かれた二人ですが、
今も交際は継続中のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

彼女は人間には珍しい”ODD EYE”の持ち主らしく、
左右の瞳の色が違います。
広く丸みのある美しい額もチャーミングですね。
長身でスレンダーな彼女はモデルとしても活躍中。
ワタクシゴトながら、彼女は私と同じ誕生日なんですね〜
(年齢差、容貌の違い(爆)はかなりのものですが)。

今回はスーパーマンの永遠の恋人ロイス・レイン役。
ロイスは新聞社の花形記者で、5才の男の子の母親です。
が、しかし、ケイトはまだ23才なんですね。
実年齢より4、5才上の女性を演じているのでしょうか?
髪の毛もブロンドからブラウンに染めて、
黒のパンツスーツに身を包み、キャリアガールにへんし〜ん!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左:ロイス・レイン役の彼女。 右:普段の彼女。プレミアで。
まるで別人ですね。同一人物とは思えない。


ブランドン・ラウス

今回の新スーパーマン役に抜擢された俳優です。
名前は”Routh”と書いて、ラウスと読ませるようです。
映画はこれが本格的なデビューのようで、
過去にはテレビドラマに単発で出ていたくらいの、無名の新人。
なんと、『コールドケース』シーズン1のエピソード7
”"Time to hate"に出演していたらしい。
と言っても思い出せないなあ…
とにかく典型的な好青年タイプです。
他に敵役として、あのケビン・スペイシーが出演。
楽しそうに悪役を演じているように見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

『スーパーマン・リターンズ』はアメリカの興行成績で
初登場1位を記録したのですが、
翌週『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・
チェスト』という”モンスター”に
あっさり1位の座を奪われてしまいました。
そういったこともあって、
日本公開は8月下旬(19日)なのでしょうか?

MovieWalker夏休み映画ガイド




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ