2006/7/13

『佐賀のがばいばあちゃん』(その3)  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します
家の裏手にある小川に棒を渡して、上流から流れて来る木の枝や
上流の市場で「売り物にならない」と捨てられた野菜等を、
堰き止めては拾い上げるおばあちゃん。
それらがカマドの燃料となり、その日の食事となる。


『佐賀のがばいばあちゃん』を見て、
映画を映画館で見ることの良さは、
何も”スクリーンや音響の素晴らしさ”といった
ハード面の利点だけではないんだな、
と感じました。
 

観客全員が時間と空間と感動を共有するものなのだと。
おばあちゃんと主人公の少年・明広との
ユーモア溢れるやりとりに、劇場内から沸き起こる笑い。
クスクス笑いあり、大爆笑ありで、
これがまた映画の楽しさを増幅させていたように思います。
見終わった後に劇場を去る人々の顔も幸せそうで、
こうした光景と共に、私の中で、
この『佐賀のがばいばあちゃん』という映画は、
記憶に留められるんだろうなあ…

クリックすると元のサイズで表示します
なつかしいな〜

『STAR WARS』シリーズも、
私の中では映画館で見るべきもの。
あの荘厳なテーマ曲が流れた途端、
劇場内から自然と沸き上がる拍手。
観客の連帯感というか一体感は一種独特で、
特に公開初日は、新作が公開されるたびに、
互いに話したことはないはずなのに、
まるで旧知の間柄のような、
同窓会の集まりのような雰囲気を、
観客は醸し出していました。
「絶対初日に見なくっちゃ」と思ったものでした。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ